ホームニュースビットコインの月曜日は赤字、1億1400万ドルが清算されるもオンチェーンデータは健在

ビットコインの月曜日は赤字、1億1400万ドルが清算されるもオンチェーンデータは健在

月曜日はどんなときでも大変です。しかし、ビットコインの投資家にとっては、特に厳しい日になります。暗号通貨は猛烈に下降し、24時間前に43,000ドルで取引された後、現在は40,000ドルのサポートを試しています。

個人的には、GMT -6タイムゾーンに住んでいるため、上記のチャートが示すように、狂気のほとんどを寝過ごしました。画面上の赤いロウソクを見て目を覚ますことは、良くも悪くもビットコインのジェットコースターの一部なのです。

清算

明るい面では、この引き戻しはオーバーレバレッジのロングを経由して行われ、連鎖的な清算によって露出過多の人々が一掃されているように見えます。実際、今朝5時から5時半(米国東部標準時)の30分間で、ビットコインのロングの清算が約3000万ドルありました。(どういうわけか、50万ショートの清算もありました。これはほとんど印象的なことです。)下のグラフの緑のバーで示されるように清算が殺到し、価格(下のグラフの黄色の線)は42,200ドルから41,300ドルまで短時間に暴落しました。

24時間で、ビットコインだけですべての取引所で1億1400万ドルの清算がありました。すべての暗号通貨に拡大すると、その数字は3億8400万ドルになります。 ETHの清算はビットコインからそれほど遠くなく、過去24時間で9,900万ドルでした。 3位はLunaで1300万ドル、Solanaは1000万ドル、Dogecoinは760万ドルです。

これはどういう意味か?

私は、これは過度に心配することではないと思います。オンチェーンを見ると、データはまだ非常に強気で、長期保有者が蓄積しています。1年以上動いていないビットコインの量は1200万ビットコインで過去2番目の高さです。実は、ここまで高くなったのは、ビットコインがパラボリックになる直前の2020年9月で、半年で1万ドルから6万1000ドルへと急騰した時だけです。

短期のホドラーから割引価格でコインを蓄積する長期のホドラーは、特に取引所へのネットフローに大きな動きがない場合、慌てる必要はありません。

ビットコインの優位性

「それは常に悪化する可能性がある」ということわざは通常当てはまります。ただし、暗号市場に血が流れているときにアルトコイン投資家である場合は別です。なぜなら、ビットコインが不機嫌なときにありがちなことですが、TradingViewからのビットコインの優位性の下の5日間のグラフが示すように、アルトコインは著しく悪いからです。

 altはここ数時間でいくらかリバウンドしましたが、多くはまだビットコインよりはるかに離れています。

結論

最後に、オンチェーンメトリクスは依然として強気であり、これは時々見られるレバレッジのフラッシュアウトに過ぎないことを示唆しています。ホドラーはトレーダーから割安でコインを集め、大量に清算しています。今現在、重要なサポートが破られたとか、市場構造が根本的に変わったと考える根拠はないと言えます。

ホドリングを続け、ズームアウトし、リラックスしてください。本当に悪い日の一つにはならないと思います。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。