ホームニュースロシア制裁を受けた最近の高騰を受け、Bitcoinのヘッジ能力を再確認

ロシア制裁を受けた最近の高騰を受け、Bitcoinのヘッジ能力を再確認

先週の木曜日、ロシアがウクライナを侵略したというニュースを受けて、私は危機の中でBitcoinのヘッジ能力を評価するこの記事を書きました。ゴールドが7ヶ月ぶりの高値を更新し、取引条件をよく守ったため、Bitcoinはチームを失望させ、7%下落しました。

Bitcoinがソブリンヘッジになるという長年支持されてきた主張を希望的観測に終わらせ、Bitcoinは絶好の機会を逸したようで、ゴールド投資家は暗号愛好家を嘲笑しました。Bitcoinは約37,400ドル、ゴールドは約1,920ドルで取引されていました。

Bitcoinが復活

しかし、暗号通貨に退屈な瞬間は決してなく、それ以来状況は劇的に変化しました。Bitcoinはこれらの安値から17%上昇しており、約44,000ドルで取引されています。一方、ゴールドは以前と同様のレベルで取引されています($ 1,920)。

最近のゴールドとBitcoinの動き、およびロシアに対して平準化された経済制裁の猛攻撃に照らし合わせて、木曜日からの分析を再検討することは興味深いです。先週、ロシアの侵略の発表に続いて、Bitcoinの7%の低下は、暗号通貨がまだ価値のある資産のストアのステータスを達成していないことを証明したと結論付けました。代わりに、赤いろうそくは、市場の変動の中で、投資家が現金や金などの安全資産にBitcoinを投じたことを証明したと主張しました。危機の際には、相関関係が1になり、品質への逃避が起こります。ちょうど2020年3月、COVIDパンデミックが私たちのドアをノックしてきたときに起こったように、世界が狂乱する中、人々は暗号のエクスポージャーを捨てました。

では、その結論は見直す必要があるのでしょうか?

イエスでもありノーでもあります。侵攻直後、Bitcoinが急落する一方で、それに代わる「ヘッジ」資産であるgゴールドが堅調に推移し、17カ月ぶりの高値をつけたという事実は、やはり動かしようがありません。しかし、暗号の反発の規模が大きかったので、もっと深く掘り下げて再検討する必要があります。

経済制裁と現代のフィアットシステム

先週の分析以降、重要な進展は、ロシアに対する制裁措置の猛威でした。ロシアの航空機は飛行場を閉鎖され、ロシアの銀行はSWIFTネットワークから凍結され、モスクワの6300億ドルの外貨準備の使用は制限されました。外貨準備高に関するこの後者の点は、Bitcoinの値動きを評価する際に特に説得力がああります。米国、英国、EU、カナダは、「ロシアの中央銀行が、我々の制裁の影響を弱めるような方法で国際準備を展開することを阻止する」ことに合意しました。

現代の金融システムにおいて、不換紙幣は、実際に持っている有形なものではなく、借りたものであることを忘れてはなりません。つまり、銀行口座にある現金は「持っている」ものと考えられていますが、実際には銀行から借りているものであり、ATMから引き出したり、他の口座に振り込んだりして回収しているのです。(この時、振り込んだ相手は銀行の負債を「借りている」ことになります。)

今市場で見られるのは、ロシアがあまり「持っていない」ことを考えると、これらの資産は切り捨てられる可能性があるということです。プーチンは6300億ドルの外貨準備が思ったほど流動的でないことを痛感しています。

代替案

もちろん、不換紙幣の代わりとなるものはあります。ロシアの6300億ドルの外貨準備高が金塊で保有されていれば、このような制限はないでしょう。ロシアの金庫に保管されているゴールドは、他の誰の責任でもなく、ロシアがあらゆる意味で「持っている」だけなのです。カナダ国民は、最近デモ参加者の銀行口座が凍結されたことに気付いたかもしれませんが、不換紙幣は常にそのアクセスを保証するものではありません。

もちろん、過去10年間で、この品質を提供する別の資産であるBitcoinの出現が見られました。秘密鍵を保持することは、ベッドの下に金塊を隠しておくのと同じくらい優れています。(そして非常に簡単です)しかし、BloombergのJoe Weisenthal氏が今朝のニュースレターで指摘したように、市場の規模を考えると、ロシアがBitcoinにかなりの準備金を保有することは計り知れません。ゴールドの時価総額は約12兆ドルですが、Bitcoinの時価総額はわずか8260億ドルです。(時にははるかに低くなる傾向があります)したがって、政府が現在の時価総額で大量のBitcoinを保有することは現実的ではありません。(ロシアの6300億ドルの外貨準備はBitcoin供給の4分の3に相当します)。

その他の影響

つまり、Bitcoinが成熟し、より高い水準に拡大するまでは、今のゴールドのようにはなれないのです。実際、多くのアナリストは、Bitcoinの成長の可能性を推定する際にゴールドの時価総額を頻繁に指摘し、それは確かに説得力のあるベンチマークを提示しています。しかし、現時点ではすべての投資家はロシア国家ほど大きくはなく、Bitcoinはまだ価値を持つことができます。ここ数日のロシア・ルーブルの動きは、このことをはっきりと示しています。米ドルに対して20%の価値を失ったロシア国民は、実質的な純資産が激減していいます。

XE.com

もちろん、彼らがBitcoinを持っていれば、彼らはこの法定紙幣の堕落から逃れることができたでしょう。では、BTC-ルーブルの取引所の出来高を調べてみるのはどうでしょうか?昨日は9ヶ月ぶりの高値を記録しています。これは、さらなる制裁とルーブル安を恐れたロシア人が取引所に逃げ込んだためです。

Kaiko

ベネズエラやジンバブエのような(超)インフレは初めてではないし、ギリシャやキプロスのような貯蓄の心配をする国民も初めてではないし、Bitcoinが成長を続け、安定すれば、資産クラスとしていかに強力なものになるかを浮き彫りにしています。この1週間の魅惑的な値動きをどう見るかというと、この通りです。Bitcoinは現在、評判の良い価値貯蔵手段ではありませんが、そこに到達するための正しい兆候をすべて見ており、それが保持しうる力を垣間見せてくれています。

流域の瞬間

現在起こっていることは、歴史の中で分水嶺の瞬間であり、以前は自律的な中央銀行は、金融業務を行うために通常利用する資産をもはや管理していません。そして現時点では、Bitcoinはまだその開発と必要なインフラストラクチャ(および上記の時価総額)に関して歩くことを学んでいる初期段階であるため、ロシアなどの国が暗号通貨を介して制裁を回避することは困難です。この課題は、ブロックチェーンの透明性によってさらに悪化します。これは、暗号が将来的に主権者の悪意の道具となり得るという考えと戦うために、暗号愛好家が使用する重要な論拠です。

しかし、そう遠くない将来に実現するかもしれません。実際、世界の半分の規制と戦うロシアに必要な規模ではないにせよ、制裁を回避するために魔法のインターネットマネーに飛びついた国家の顕著な例が既にあります。それはイランです。

イランの暗号戦術

中東のこの国は、米国から厳しい制裁を受けています。しかし、イランの解決策は、不要なエネルギー(イランには豊富な化石燃料がある)を、Bitcoinマイナー(採掘に化石燃料を使用)からBitcoinを購入することで現金に換えることです。このBitcoinで、輸入品など好きなものを購入することができ、アメリカはそれに対して何もできません。ロシアは、世界第3位の暗号通貨採掘国です。(7月21日現在、月平均ハッシュレート・シェア11%、ケンブリッジ大学調べ)ロシア中央銀行が暗号通貨産業の禁止を提案したとき、プーチンは暗号通貨に対する姿勢を和らげたように見えました。「もちろん、我々はまた、特定の競争力のある利点を持っており、特にいわゆるマイニングで、私は電気の余剰とよく訓練された人材が利用可能な国を意味します。」

ケンブリッジBitcoin電力指数、ロシアは世界で3番目に大きい暗号マイナー

まとめとして、Bitcoinの価値貯蔵に向けた道筋を見るのは簡単です。たとえ今週、そこに到達しつつあるとはいえ、まだ安全資産としての地位を獲得していないことを示したとしてもです。しかし、Satoshiは2009年にブロックチェーンを発明したときに、すでにその状況は起こっていました。このますます断片化し、混沌とした世界における地政学的緊張(あるコロナウイルスと、その大流行から生まれたすべてのワクチン義務やその他の結果は言うまでもありません)は、Bitcoinのあらゆる種類の影響と潜在的使用例を示しました。

暗号は良いことができます!ブロックチェーン分析会社Ellipticによると、ウクライナの暗号通貨ウォレットは、執筆時点で3,170万ドルの寄付を受け取っています。彼らは現在、 Polkadotでの寄付も受け付けており、まもなく追加される予定です。

その結果が良いものか悪いものかを議論することはできますが、(Bitcoinの規模が大きいものほど、その両方が選択されます)ひとつだけ明らかになりつつあるのは、フィアットに代わるものが提供する基本的価値と無数のユースケースです。

確かにメリットとデメリットはありますが、価格の面では、十分に拡大すれば、Bitcoinは歴史的に1つの方向、つまり上昇トレンドしか持っていないのです。世界情勢を鑑みれば、将来も同じようなことが起こるとは思えません。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。