ホームニュース従業員の9%/18%を解雇する前に最大の政治的ロビー活動を行った企業ーRobinhood、Coinbaseh

従業員の9%/18%を解雇する前に最大の政治的ロビー活動を行った企業ーRobinhood、Coinbaseh

Dan Ashmore

重要なポイント

  •    Robinhoodは、今年の第1四半期にロビー活動支出に暗号企業の中で最も多くを費やし、フルタイム従業員の9%をレイオフする前に61万ドルを寄付しています。
  •     Coinbaseは、スーパーボール広告が従業員の18%をレイオフする前に支出を増加させ、第1四半期に前四半期よりも62%少ない寄付をしました。
  •     2022年第1四半期の暗号通貨の政治支出は前四半期からの市場低迷にもかかわらず、全体としてわずかに増加しました。
  •     上位5社で180万ドルの寄付がありました。

民主党と共和党が上院の議席をめぐって直接対決する、重要な米国中間選挙が近づいています。

今年の政治資金を調べてみると暗号通貨企業はますます政治の世界に入り込んでおり、市場価格の下落、大量解雇、業界全体の取引量の減少にもかかわらず、多くの企業が今年、政治的ロビー活動に多額の資金を費やしていることが分かりました。

Robinhood主導の政治献金

Robinhoodは、市場の低迷が暗号と株式ブローカーに大きな打撃を与えたとして、4月に正社員の9%をレイオフすることを発表しました。しかしこれは、彼らが2021年の第4四半期に費やした43万ドルから42%増の61万ドルで、他の暗号会社よりもロビー活動に向けてより多くのお金を寄付した四半期の後に来たものです。

Blockchain Association、Coinbase、Ripple Labs、Dapper Labsは、下のグラフが示すように、支出の上位5位を占めました。

 

全体の数字を見ると、2021年第4四半期は2022年第1四半期と比較して、寄付金の総額は比較的均等でした。2021年11月にビットコインが68,000ドルで取引され、市場は史上最高値を記録しましたが、2022年第1四半期にはセンチメントが悪化したため、支出が好調に推移していることが注目されています。

2022年第2四半期には弱気相場が本格化するため、第2四半期の数字が明らかになれば業界全体が落ち込むと予想されます。

 

しかしより細かい単位で見ると、上記のように前四半期と比較して目立つ動きもありました。Robinhoodの増加についてはこれまで述べてきましたが、これは同じく最近人員削減を行ったCoinbaseとは真逆の動きでした。

著名な上場取引所は2021年第4四半期に74万ドルという最高額を寄付しましたが、この数字は2022年第1四半期に62%減少しています。これは2月に1分間のスーパーボール広告に1400万ドルを支出したことが大きく報じられた中でのことでした。その4カ月後、コインベースは従業員の18%(1,100人分)をレイオフしました。

 

中間選挙を間近に控え、ロビー活動がますます脚光を浴びています。従来は選挙時期が近づくと支出が増えるものですが、裏を返せば前述のレイオフに見られるように、今年は暗号通貨市場が暴落していることになるでしょう。

このレベルのロビー活動費を維持できるかどうかは不明です。一時解雇が悪化しないことを期待しましょう。

ソース

OpenSecrets.org

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。