ホームニュースロシアのスベルバンク、DLTプラットフォームによるデジタル資産発行のライセンスを取得

ロシアのスベルバンク、DLTプラットフォームによるデジタル資産発行のライセンスを取得

ロシア中央銀行は、木曜日に発表した声明を通じて、同国トップの金融機関にデジタル資産の発行開始のライセンスを与えました。これは、現在進行中のロシアのウクライナ侵攻をめぐる米国の制裁により、同銀行が打撃を受けた直後のことです。

スベルバンクは、この制裁により、過去1ヶ月の間に銀行の価値が激減し、窮地に立たされています。スベルバンクは国営銀行であるため、米国と欧州連合の両方から制裁を受ける理由となっています。

デジタル資産はSberbankのデジタルプラットフォームで発行され、トランザクションは、データのセキュリティとデータの不変性を保証する銀行のデジタル元帳テクノロジーシステムを通じて処理されるものとします。

企業がスベルバンクを通じてデジタル資産を発行

ライセンスを受け取った後、企業は、現金要件を満たすことができることを証明できれば、銀行のデジタルプラットフォームを介してデジタル資産を発行できるようになります。企業は、銀行のDLTシステムを通じて発行されたデジタル資産を使用することも許可されます。

声明の中で、ズベルバンクのトランザクションビジネス部門のディレクターであるSergey Popov氏は次のように述べています。

「企業は、1か月後にブロックチェーンプラットフォームで最初の取引を行うことができるようになります。私たちはデジタル資産での作業を始めたばかりであり、さらなる開発には現在の規制の枠組みの適応が必要であることを認識しています。そのために、規制当局や執行機関と緊密に連携する準備ができています。」

この開発は、制裁措置の発動により月初にロンドン証券取引所で約95%の価値を失った同銀行にとって追い風となるものです。同銀行は、Lukoil、Novatek、Rosneftといったロシアに愛着を持つ他のロンドン上場企業の中で、制裁発表後に被害を受けました。

ズベルバンクは、貯蓄預金の面でロシアで最大の市場シェアであり、ロシアの主要な信用発行者です。また、ヨーロッパのいくつかの国で事業を展開しており、東ヨーロッパで最大の銀行となっています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。