Sam Bankman-Fried氏へのシュールなインタビューで明らかになったことは?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Sam Bankman-Fried氏へのシュールなインタビューで明らかになったことは?

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • Bankman-Freid氏は昨夜、New York Times Dealbookサミットでライブのロングインタビューに応じました。
  • 法的な助言に反して、この騒動に関する様々な質問に答えました。
  • FTRXのCEOであり、Alamedaの80%を所有していた人物に期待されるような知識はなかったという彼の言葉は、とても信じがたい結果となりました。

テレビの生中継で、私の心を揺さぶった出来事はそれほど多くはありません。

すぐに思い浮かぶのは16年前のワールドカップ決勝という大舞台で、世界最高のサッカー選手の一人であるジネディーヌ・ジダン氏が相手ディフェンダーに文字通り頭突きをするのをテレビのスクリーンで見たときです。

最近では、私の国(アイルランド)のLeo Varadkar首相が国営放送でCOVIDパンデミックについて生放送で語り、最初の(そして当時は最後の)ロックダウンを発表したのを覚えています。

この歴史的な瞬間を忘れるにはおそらくしばらく時間がかかるでしょう。また、最後に見たものもしばらくは覚えていることなるでしょう。

Bankman-Fried氏がインタビューに応じた理由は?

もううんざりするほど話していますが、破綻した取引所FTXのCEOであるSam Bankman-Fried氏が昨晩、New York Times Dealbook summitで1時間ほどのインタビューに答えました。

なぜこのようなインタビューが行われたのか、私には知る由もありません。Bankman-Fried氏は、どうやら人(法律関係の仕事をしていると思われる人たち)の助言に反してバハマから電話をかけてきたようです。

私には何が起こったのかを話し、説明する義務があると思うのです。外の世界が存在しないかのように部屋に閉じこもっていても、何の得にもならないと思うのです。

刑事責任の可能性を懸念しているかという質問には、「それは私が重視していることではありません。」と答えました。

Twitterで流出したDMの会話もそうですが、なぜこのインタビューが行われたのか私には分かりません。現時点ではBankman-Fried氏の口から出る言葉は信じがたいです。また、Twitterでの会話についてBankman-Fried氏は、レポーターが「長年の友人」であり、レポーターであることを「愚かにも忘れていた」と釈明しています。どういうことでしょうか?

昨夜のインタビュアー、Andrew Sorkin氏は、あのDMのやりとりの中の乱暴な告白について彼に質問しましたが、私にはそれがBankman-Fried氏の本当の性格を裏付けているように思えました。彼はやや姿勢を軟化させましたが、自分のイメージに関して、「我々全員がそうであったように」「ゲーム」をしていたことには同意しました。

私の理解する限りでは」「私の知る限りでは」「詳細は不明ですが」という表現が多かったのです。FTX社のCEOであり、Alamedaの80%の株式を所有しているにもかかわらず、彼はある問題について完全には監督していないと繰り返し述べているのです。

皮肉屋と言われるかもしれませんが、80%の株主が知らないうちに(債務超過に陥ったGenesisへの融資のような)10億ドルもの融資ができる会社などあり得ないでしょう。

また、彼はFTX USは速やかに出金を開始することができ、彼の「知識」では完全に支払可能であると述べています。本当にこれほどまでにループから外れていたと信じるべきなのでしょうか?

Bankman-Fried氏の今後は?

大きな問題は、Bankman-Fried氏が彼の行動に対して実刑判決を受けるかどうかです。現時点では、ほとんどの人がそうならないと考えています。バーチャルとはいえ、New York Timesのサミットで彼が話していたことを考えるとどう考えたらいいのか分かりません。

インタビューの間中、彼は鋭く緊張していました。緊張した面持ちで微笑み、体をくねらせ、視線は床を向いていたのです。オフィスでの処方箋薬の服用についての質問には少しあわてた様子で、「今月は調子が悪かったんだ。」というコメントには、会場から笑いが起こりましたが。

もちろん最大の問題は、これほど多くの資産をAlamedaに移管させた経緯が不明なことです。彼は資金移動にまつわるいくつかの重大な問題から常に逃れようとしており、何が起こったのか、つまり彼が実際に処罰を受けるかどうかを決定する重要なポイントはもう誰も明らかにしていないのです。

雑誌の表紙で微笑み、議会で演説しながら顧客の資産をAlamedaに送りつけるなど、多くの人にとっては詐欺のように思えるでしょう。これらの送金がいかに大規模であったかという点や、Alamedaの損失がいかに深刻であった点にBankman-Fried氏が気づかなかったとはとても思えないのです。

私は取引所のポジションとポジション・リスク、特にAlamedaのポジションに十分な注意を払わなかった。」と彼は言い淀んでいます。  さらに「市場の暴落の規模とスピードがどのようなものかを、私はかなり見くびっていた。」とも付け加えました。

この際ですから、Bankman-Fried氏はもう終わりでいいでしょう。業界全体にとって、なんという恥ずべきことでしょう。この業界はまだ終わっていないボディーブローを食らったのです。いつかこれを乗り越えられることを期待したいです。