ホームニュースSamsung、香港で初の暗号ETFを上場へ

Samsung、香港で初の暗号ETFを上場へ

韓国最大の資産運用会社であるSamsungは、2022年1月から牽引力を発揮している暗号ETF(Exchange-Traded Fund)を初めて上場する予定です。そのほか、他の主要産業も暗号EFTに参加することを視野に入れています。

Samsungは暗号産業を支配しています

現地メディアの報道によると、資本市場会社が世界的に成長するブロックチェーン市場で容易に利用できるようにしようとしているため、この上場は実際の暗号を含む最初のアジアETFとなります。

しかし、これは間接的にデジタル資産を含むことになり、今週オーストラリアが3つの暗号関連ETFを立ち上げたのと同様に、国内上場に遅れが出るかもしれません。

経営陣は最近、米国に拠点を置く運用会社AmplFiの3000万ドル相当の20%株式を購入し、アジアでのAmpliFi EFTの販売を獲得していました。

その上、待望のETFのローンチは、AmplFiと同じ構造を採用するのではないかとの憶測もありました。ブロックチェーン企業の株式証券に純資産額の80%以上を投資することが義務付けられています。

暗号関連企業への投資問題は、日に日に有名になってきています。その中には、ビットコイン(BTC)採掘用のGPUを製造するNVIDIAや銀行サービスを提供するSilvergateなどがあり、さらにCoinbase、Galaxy Digital Holdingsなどの融資機関もあります。

しかし、現在のトレンドであるCrypto ETFは、Samsung資産運用が原油EFT、FANG+などを香港証券取引所に上場し、デジタル資産に投資する方法の一つとして実施されています。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。