ホームニュース暗号空間の規制にはSECとCFTCの協力が不可欠、FTXのCEOが語る

暗号空間の規制にはSECとCFTCの協力が不可欠、FTXのCEOが語る

米国の規制当局はすべて、暗号通貨市場の規制に向けて取り組んでいます。

FTX暗号取引所のCEOであるSam Bankman-Fried氏は、米国の規制当局が暗号通貨市場を一括して規制するために協力する必要があると述べました。

Blockworksとの最近のインタビューで、Bankman-Fried氏は、証券取引委員会(SEC)が商品先物取引委員会(CFTC)と協力することで、暗号通貨市場の規制がより容易になると述べました。

FTXのCEOによると、暗号通貨空間を規制することは、長期的にはデジタル通貨の普及を後押しすることになるとのことです。

また、暗号通貨取引所の許認可を誰が行うかについて両機関が合意できれば、大きな進展が期待できるとしています。

「それだけで、問題の60%が解決します。」

現在、暗号通貨分野では規制がないにもかかわらず、Sam Bankman-Fried氏は過去数ヶ月で進展が記録されていると考えています。

1年前よりも連邦政府の監視が厳しくなっているわけではありません。しかし、すぐにでも実現可能な具体的な提案があり、真剣に検討されているところです。」と述べています。

世界各地の規制当局は、まだ暗号通貨市場を理解し規制しようとしているところです。

暗号通貨市場はここ数年、大きな成長を記録しています。2021年11月には、時価総額は初めて3兆ドルに達しました。

しかしこの半年間は弱気な傾向が続いており、現在の時価総額は1兆7000億ドル程度となっています。

最近の弱気なセンチメントにもかかわらず、市場の専門家は依然として暗号通貨の価格が回復すると考えています。ビットコインは、ここ数日40,000ドルの大台を下回って取引されているにもかかわらず、今後数年の間に再び史上最高値を更新する可能性があるのです。

Sam Bankman-Fried氏は、米国の規制当局が今後数年の間に暗号通貨市場を適切に規制する方法を見つけると確信しています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。