ホームニュースShiba Inuのメタバースが始動、早くも「土地落札イベント」が開催される

Shiba Inuのメタバースが始動、早くも「土地落札イベント」が開催される

Shiba Inuのメタバース「SHIB:The Metaverse」が水曜日に公開され、現在「土地入札イベント」が開催されています。現在、土地入札イベントへの優先アクセスは、リーシュ所有者にのみ与えられています。

リーシュ保有者はリーシュトークンをロックして土地に入札することができ、SHIB:The Metaverseの土地を検査、入札、および取得することができます。

現在行われている土地入札イベントは3日間開催される予定であり、約35,000の土地物件が手に入る予定です。

SHIB:The Metaverseの土地購入のチャンスを狙っている投資家の不安が高まっていることを受け、販売終了までに土地が完売するとの予想があります。Shiba Inuメタバースは、「未来のインターネット 」と呼ばれているようです。

土地オークションイベントの後、「SHIB:The Metaverse」の土地の区画は、誰でも閲覧、入札、購入できるようになります。その場合、さらに66,000区画の土地が利用可能になると予想されます。

SHIB:メタバースとは何ですか?

SHIB:The Metaverseは、所有者に受動的な収入を提供する「Shiba Inu Lands」として知られる仮想不動産を特徴とする、Shiba Inuのメタバースエコシステムです。

メタバース開発者の一人であるEric M氏は、このプロジェクトを「我々のコミュニティ、トークン、ゲーム、ShibaSwap、そしてそれ以上のものが一同に会する場所」と表現しています。

SHIB:The Metaverseは当初「Shiba Inu Games」プロジェクトとリンクしていましたが、これは独立したプロジェクトであるため、そのようなことはありません。

最終的に、SHIB:The Metaverse Webサイトには、購入可能な約100,595区画の土地が掲載される予定です。土地の区画は、通りと芝に関連する名前が並んだメタバースマップに配置されます。

Shiba InuのチームはSHIB:メタバースで土地を購入するプロセスを計画しました。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。