ホームニュースShiba Inuがメタバースを公開、Dogecoinの創業者は非難

Shiba Inuがメタバースを公開、Dogecoinの創業者は非難

Shiba Inuは、DecentralandやThe Sandboxなどの確立されたメタバースプラットフォームと競合することが期待される、まったく新しいメタバースプログラム「SHIB:TheMetaverse」を発表しました。

興味深いことに、SHIBトークンの代わりに、Shiba Inuの背後にいるチームが「SHIB:TheMetaverse」プロジェクトのトークンとしてETHを選択しました。土地の価格設定にはイーサリアム(ETH)を使用するものとします。

「SHIB:メタバース」

「SHIB:The Metaverse」には、私有地と公有地の両方の100,595区画があります。公有地は購入可能であり、私有地は封鎖されなければなりません。私有地は、メタバース内の重要な場所を表す土地です。

Shiba Inuメタバースのプロットは段階的にリリースされ、最初のフェーズでは、ゴールドテール、シルバーファー、プラチナポー、ダイヤモンドティースの4つのカテゴリに分類される公有地の最初の36,431プロットのロックが解除されます。最初のフェーズのプロットは、0.2ETHから1ETHの間の価値があります。

すべてのフェーズの展開中に収集された資金は、プロジェクト全体の開発の支払いに使用されるため、チームはSHIBの代わりにETHというニュートラルトークンを使用することにしました。 ETHは、すべてのソースに支払うためにステーブルコインに変換できます。

Shiba Inuエコシステムのブログページに掲載された投稿は次のとおりです。

「SHIB:メタバースは100,595区画の土地で構成されます。それぞれのプロットは、没入型の芝に触発された環境の一部になるための刺激的な機会です。一部の土地は、メタバース内の移動の重要な場所を表し、共通の敷地として使用するためにプライベートのままであるため、ロックされたままになります。これらは道路(廊下)を表します。:アベニュー、大通り、ハブ、公共のものは購入可能です。」

Dogecoinの共同創設者はShiba Inuのメタバースプロジェクトを非難

Dogecoinの共同創設者であるBilly Markus氏は、長年のライバルであるShiba Inuのメタバースプロジェクトを非難し、イーサリアムシルを使用して「ランダムメタバース」を作成し、「偽の土地を販売」しても、SHIBトークンの有用性は向上しないと述べました。

Markus氏の発言:

「ランダムなメタバースを作り、イーサリアムで偽の土地を売ることが、彼らのプロジェクトにどのような効用をもたらすのでしょうか。つまり、開発者にもっとお金をあげたい人はどうぞどうぞ、ということだが、もし私がSHIBホルダーだったらイラッとする。」

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。