ホームニュースSolana、Botsによる7時間の停電を経て再稼働

Solana、Botsによる7時間の停電を経て再稼働

Solanaメインネットβは、土曜日に1秒間に400万件、100gbps以上と言われる大量のトランザクションがネットワークを襲い、コンセンサスを失っていました。

本日5月1日に投稿されたアップデートによると、Solanaバリデーターは7時間のダウンタイムの後、プルーフオブステークのブロックチェーンネットワークの再起動に成功しました。

バリデータのオペレーターは、ネットワークがコンセンサスに達することができなかった後、約7時間の停止を経て、午前3時00分(UTC)にメインネットベータのクラスタ再起動に成功しました。ネットワークオペレーターとDappsは、今後数時間にわたってクライアントサービスの復旧を進めていきます。

NFTではイーサリアムに次ぐPoSブロックチェーンであるSolanaにとって、これは2度目の大規模な障害となります。昨年9月にもインバウンドのトランザクションが殺到する中、ネットワークは17時間にわたって暗転しました。

Botsが1秒間に400万件のトランザクションを送信

Twitterで共有された詳細によると、Botsが1秒間に400万件のトランザクションと100gbpsのトランザクションデータをSolanaに殺到させた後、土曜日の20:00 UTCにオフラインになりました。

このトランザクションは、ほとんどの新しいSolanaプロジェクトがNFTを鋳造するために使用するNFTプログラムであるMetaplex Candy Machineに大きく関連していました。

ネットワークにこれほど大きな需要があると、バリデータは結局コンセンサスに達することができませんでした。その結果、ブロックの生成は停止しました。

Solanaのバリデーターが、ネットワークのバリデーターの1人からの指示で再開にこぎつけたのは、それから7時間後のことでした。SolanaのdiscordチャンネルとGoogle docの指示によって行われたこの再開では、バリデータがスロット131973970でついに制御を開始しました。

ネットワークはオンラインに戻りましたが、Solanaのコア開発者は、障害とバリデータが回復できなかった理由を調査中です。Metaplexは、ネットワークを「安定化」させるための対策を発表しています。

SOL価格

市場では、SolanaネットワークのネイティブトークンであるSOLは、事件後、急激に低迷しました。SOL/USDは、再開後にわずかに回復する前に、83.19ドルの安値まで取引されました。

このペアは現在88.56ドル付近で取引されており、より広い暗号市場が売り圧力と戦う中、過去24時間で5.6%近く下落しています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。