ホームニュースインドの税務当局者が発言ー税金があるからといって、暗号取引が自動的に合法になるわけではない

インドの税務当局者が発言ー税金があるからといって、暗号取引が自動的に合法になるわけではない

  • インドの財務大臣は、NFTを含むすべての暗号収入に30%の税金を課すと発表しました。

  • 税務署長のJBモハパトラ氏は、この措置は国内での暗号取引の合法化とは一致しないと述べています。

インドのニルマラ・シサラマン財務相による火曜日の予算演説には、暗号収入に対する30%の税金の規定が含まれており、国が暗号資産の承認を示したという暗号コミュニティ全体からの反応を促しました。

しかし予算演説の後に行われた声明の中で、直接税中央委員会(CBDT)の議長であるJBモハパトラは、この見方が間違っている可能性があることを明らかにしようとしました。

CBDTのボスによると、財務省が暗号通貨に課税するという動きは、これらのデジタル資産の取引が公式に合法であることを意味するものと解釈されるべきではありません。

彼は新しい法律の下で暗号取引に課税することは、それらの合法性とは何の関係もないと言及しています。

暗号通貨は、「税金を支払ったからといって事実上合法または正規になることはありません」とモハパトラ氏はインタビューで述べています。

さらに、この税制導入の動きは課税対象者を拡大し、税務署に不正行為やその他の違法行為を取り締まるための余分な網を与えることになる、と付け加えました。

この明らかな利点にもかかわらず、彼は暗号通貨に関する適切な規制の枠組みだけが、資産クラスの取引の合法性またはその他の方法を綴ることができると説明しました。

インドは民間の暗号通貨を政府の規制下に置くことを目指していますが、今後1、2年で中央銀行のデジタル通貨を発売する予定です。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。