ホームニュースTelegram、TON Foundationのネイティブトークン「Toncoin」を使った暗号決済を導入

Telegram、TON Foundationのネイティブトークン「Toncoin」を使った暗号決済を導入

Charles Thuo

Telegramは、ユーザーがToncoin(TON Foundationのネイティブトークン)を相互に送信できるようにする新しい暗号化機能を追加しました。この機能は、Twitterのチップジャー機能を通じて2021年9月に導入されたTwitterのビットコイン支払い機能に匹敵します。唯一の違いは、Twitterが暗号通貨の支払いにStripeのライトニングネットワークを使用することを選択したことです。

新しい暗号機能を使用するには、Telegramユーザーは最初にTelegramの公式ウォレットボットをダウンロードしてインストールする必要があります。これにより、クレジットカードを使用して暗号通貨を購入したり、取引したり、他の暗号ウォレットに送信したりすることができます。

ウォレットボットをインストールした後、ユーザーは、Telegramメッセージングアプリのダイレクトメッセージの[ウォレット]ボタンをクリックして、ビットコイン(BTC)またはToncoinを相互に送信できます。

Toncoinとは?

Toncoinは、Telegramによって開発された分散型レイヤー1ブロックチェーンであるTON Foundationのネイティブ暗号通貨です。一言で言えば、TON FoundationはTelegramのブロックチェーンプロジェクトです。

TelegramでToncoin暗号支払い機能を展開した後、TON Foundationはツイートを通じて、暗号通貨を送受信するときに長い暗号ウォレットアドレスを入力して確認を待つ必要がなくなると述べました。

この成果の主な目的は、暗号通貨の送受信を、通常のテキストメッセージを送るのと同じような感覚で行えるようにすることです。

暗号決済機能を展開した時点で、Telegramのウォレットボットはすでに800K以上のTelegramユーザーによってダウンロードされていました。

TON Foundationは、Telegramが米国証券取引委員会(SEC)の訴訟を受けて2020年8月に放棄した暗号プロジェクトを進めることを決定した後に実施した10億ドルの資金調達ラウンドを経て、成功を収めました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。