ホームニュースTesla、Blockstream、Blockがテキサス州で太陽光発電によるBTCマイニングプラントを共同開発

Tesla、Blockstream、Blockがテキサス州で太陽光発電によるBTCマイニングプラントを共同開発

Tesla、Blockstream、およびJack Dorsey氏のBlockは、テキサス州西部に太陽光発電のビットコインマイニング施設を建設するために提携しました。この施設は、12メガワット時のメガパックとテスラの3.8メガワットの太陽光発電アレイから電力を供給されます。

マイアミで開催されたBitcoin 2022カンファレンスの傍らで、「cypherpunk」クルーの一員で英国の暗号学者であるBlockstream共同創業者兼CEOのAdam Back氏は、新しいマイニング施設は、ビットコインのマイニングが100%再生可能エネルギーを使用して行うことができるという概念を証明するために設計されるとCNBCに語りました。

Back氏のコメント:

「人々はビットコインの採掘を行うためのさまざまな要因について議論するのが好きです。私たちは、それを証明しようと考えたのです。オープンなダッシュボードを用意することで、人々は一緒に遊ぶことができ、もしかしたら他のプレイヤーに参加するよう伝えることができるかもしれません。」

興味深いことに、ビットコインの採掘施設を担当するチームは、一般の人々が参加できるようにダッシュボードを作成し、採掘されたビットコインの数や出力に関するプロジェクトのパフォーマンスに関するリアルタイムの指標を得ることができるようにしなければなりません。ダッシュボードには、太陽光発電や蓄電池の性能データポイントも表示される予定です。

Back氏のコメント:

「これは、ビットコインマイニングがゼロエミッション電力インフラストラクチャに資金を提供し、将来の経済成長を構築できるという私たちの論文を証明するためのステップです。」

クリプトにおける再生可能エネルギーの採用

現在、米国で自然エネルギーの拠点となっているテキサス州西部で自然エネルギーの経済性を高めるには、太陽と風からのエネルギーを利用することが重要で、夜間は後者が大きな役割を果たすと言われています。

しかし、多くの太陽光発電と風力発電は州の遠隔地に集中しており、その地域のエネルギーを利用するためのより多くのインフラストラクチャを構築するためのより多くの財政的インセンティブが必要です。

エネルギー買取業者は、再生可能エネルギーによる発電を州内で実現させることで、経済成長に大きな役割を果たすということが重要なのです。

ただし、ビットコインマイナーは、テキサス州西部の施設が電力34ギガワット、送電12ギガワット、需要5ギガワットに制限されているため、エネルギー資産が完全なグリッドの採用を待って稼働していることを確認する一時的な購入者にすぎません。

Back氏は、オフグリッド鉱山が今年後半に完成し、鉱山労働者が地域のインフラなしでどこからでも採掘できるようになることを指摘しました。このプロジェクトで利益が出れば、風力発電を追加して規模を拡大する予定です。

Back氏のコメント:

「太陽電池とバッテリーの最適な経済的組み合わせの計算をするのです。3.8メガワットの太陽電池と1メガワットの採掘がありますから、過剰供給しなければならないことがわかります。太陽のピーク入力は日中変化し、もちろん夜間はありませんから。」

これにより、コストが削減されるだけでなく、ソーラーのダウンタイムに対抗できます。

Blockstream社は、暗号エネルギー源を拡大することで、ビットコインネットワークを強化することが主な目的だと述べています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。