ホームニュースTetherの認証報告書でUSDTが完全に裏付けされていることを「再確認」

Tetherの認証報告書でUSDTが完全に裏付けされていることを「再確認」

Benson Toti

Tetherは、USDTステーブルコインの準備金が「完全に裏付けられている」ことを示す認証レポートをリリースしました。

独立系会計事務所のMHA Caymanが作成したこの証明書では、Tether社の連結資産が負債を上回っており、発行されたUSDTの連結引当金がこれらの償還に必要な額を上回っていることも示されています。

コマーシャルペーパーは少なく、米国財務省証券が多い

同社の保証レポートによると、3月31日現在の連結総資産は824億ドルを超えています。Tetherの循環供給は74,213,168,169であり、こちらはCoinGeckoのデータが示しています。

同時に、Tetherはコマーシャルペーパーの保有を減らしました。これは、過去数年にわたってステーブルコイン発行者に対する批判の高まりを知らせてきた主要なコンテストの1つです。

レポートによると、コマーシャルペーパーの保有は前四半期に比べて17%減少し、242億ドルから201億ドルになりました。コマーシャルペーパーの保有量も4月1日から20%減少しており、統計は第2四半期のレポートに反映されます。

Tetherがより流動性の低いコマーシャルペーパーの保有を減らすにつれて、マネーマーケットファンドと米国財務省の請求書の資産を増やすように動きました。これにより、T-billへの投資は345億ドルから392億ドルへと13%増加しました。

Tether CTO、USDTが完全に裏付けされていることを改めて表明

このレポートで、TetherはUSDTが裏付けされており、TerraUSD(UST)のようにステーブルコインが崩壊することはないと市場に伝えています。USDTの埋蔵量は説明されており、ステーブルコインはドルペッグを維持し続けるということです。

しかし、これはUSDTに対する暗号コミュニティの信頼を高めるのに十分なのでしょうか?

Three Arrows Capitalの共同創業者兼CEOのSu Zhu氏は、過去1週間のUSDTの90億ドルのワイプアウトは、確かに「USDTが米ドルと交換可能」であることを証明するものだと述べています。業界内ではまだTetherの言葉を信用していない人もいます。

https://twitter.com/zhusu/status/1526861488039809024

TetherのCTOであるPaolo Ardoino氏はこの点についてコメントし、次のように指摘しました。

この1週間は、Tetherの強さと回復力を明確に示す例です。Tetherは、複数のブラックスワン現象や非常に不安定な市場環境を通して安定性を維持しており、その最も暗い日でも、Tetherは一度も検証済みの顧客からの償還要求を受け入れなかったことはありません。

Ardoino氏によると、独立した意見は、USDTが 「完全に裏付けされ、その準備金の構成は強力で保守的であり、流動的である 」ことを示しています。

TetherのUSDTは、今日の市場で最大かつ最も利用されている米ドルペッグのステーブルコインです。CoinGeckoによると、本稿執筆時点でUSDTの24時間取引量は516億ドル以上となっており、日々の取引量においてステーブルコイン市場を支配しています。

次に大きいステーブルコインは、米国の金融サービス会社であるサークルが発行するUSDコイン(USDC)です。  USDCの24時間取引量は、木曜日(日本時間12時10分)には70億ドル強でした。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。