ホームニュース投資として検討すべきベストな借入・貸付用暗号プロトコル

投資として検討すべきベストな借入・貸付用暗号プロトコル


DeFiは間違いなく次の大きなものであり、ブロックチェーン業界はそれに必要なインフラストラクチャを提供しています。貸し借りは、DeFiエコシステムの2つの大きな部分です。良いニュースは、この分野で非常に良い見通しを提供する特定のプロジェクトがあるということです。貸し借りプロトコルが重要である理由は次のとおりです。

  • 今DeFiの中心は「貸し借り」です。

  • 人々が従来のCeFiから移行するにつれて、これらのプロトコルに対する大きな需要があります。

  • これらのプロジェクトのほとんどは、大幅に過小評価されています。

したがって、どの貸付および借入プロトコルに投資できるかわからない場合は、次のリストを検討してください。

Aave(AAVE)

Aave(AAVE)は、現在市場をリードするDeFiプロトコルの1つです。プラットフォームは暗号通貨全体の交換のための流動性プロバイダーとして機能するように設計されています。ユーザーは暗号資産を流動性プールに預けるだけで、必要な市場で流動性を提供するために使用されます。


データソース:Tradingview

その後、ユーザーはこれらの取引所によって請求される取引手数料の一定の割合を獲得します。 Aave(AAVE)は、何年にもわたって非常に成長してきました。この投稿を書いている時点で、このコインは約19億ドルの時価総額で140ドルで取引されていました。

PhoenixDAO(PHNX)

貸し借りスペースで未開発の資産を探している場合は、 PhoenixDAO(PHNX)が大きな賭けです。実際コインは比較的小さく、現在の時価総額はわずか180万ドルです。これは現実的に10倍の成長が容易なプロジェクトです。近い将来、Phoenixエコシステムに機能を追加する計画もあります。

Venus(XVS)

Venus(XVS)は、市場に流動性を提供するために設計された自動マーケットメーカープロトコルです。 Aaveと同じように機能します。コインの時価総額は1億700万ドルで、現在9ドルで取引されています。これは一見の価値があります。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。