ホームニュース2022年末までに購入すべき最高の暗号通貨

2022年末までに購入すべき最高の暗号通貨


2021年は、暗号資産にとって最高の年の一つと見られていました。昨年は多くのコインが大化けし、この流れは2022年にも引き継がれるとの期待がありました。しかし、市場は少し停滞し、2021年末に見られた勢いを失いました。ですが2022年はまだ暗号投資にとって大きな年になる可能性があります。その理由は以下の通りです。

  • 株式を含む他の資産の全体的なリスクは現在非常に高くなっています。

  • 暗号は、2022年に従来の資産を大幅に上回る可能性があります。

  • 暗号市場はわずかに落ち込んでおり、バリュー投資に最適なはずです。

そこで、今後数ヶ月の間に暗号資産をポートフォリオに加えようと考えている方に、検討していただきたいコインを3つご紹介します。

イーサリアム(ETH)

過去数か月間、 イーサリアム(ETH)チェーンには多くのポジティブな出来事が起きています。このチェーンは、スケーラビリティと効率性を高めるのに役立つプルーフ・オブ・ステーク・コンセンサスに向かって進んでいるのです。

データソース:Tradingview
また、イーサリアムは、そのエコシステムに多くのDAPPが集まっているため、今年は過去最高の手数料を記録すると予想されています。ETHが2021年の高値からかなり下落していることを考慮すると、非常にまともな買い場となる可能性があります。

STEPN(GMT)

メタバースの台頭についての期待は、過去数か月にわたってかなり実質的でした。 2022年は、おそらくメタバーストークンの画期的な年と見なされているため、 STEPN(GMT)のようなコインが急増しても驚くことではありません。注目すべきメタバーストークンは他にもたくさんありますが、これは非常に有望なものです。

Shiba Inu(SHIB)

Shiba Inu(SHIB)は昨年、記録的な成長を遂げて大きな話題となりました。その後、2021年に上げた利益の多くを失いましたが、これはSHIBがダウンしていることを意味するものではありません。実際、2022年には投資家に非の打ちどころのない利益をもたらす可能性がありますが、昨年見たほどではないでしょう。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。