ホームニュース米国のインフレ率上昇で買うべき暗号通貨は?

米国のインフレ率上昇で買うべき暗号通貨は?

ビットコインはしばしばインフレに対するヘッジとして説明されますが、それには理由があります。それなりに不安定な性質を持っていても、良い蓄財になり得ることです。しかし、これに加えて、インフレの嵐をよりよく乗り切ることができる他の暗号資産もまだあります。その理由は以下の通りです。

  • 暗号資産は現在、主流の金融業界の一部です。

  • 暗号市場には多くの流動性があるため、資産をお金に変換する方が簡単です。

  • 暗号の価値はまだ将来の成長のために非常に多くの可能性を秘めています。

そこで、アメリカのインフレ率の上昇を心配している方に、これを回避するのに役立つかもしれない2つの暗号資産をご紹介します。それらがこちらです。

Pax Gold(PAXG)

Pax Gold(PAXG)は、その価値が金の価格に直接関連しているステーブルコインです。本質的に、コインは実際の市場で金価格がどのように動くかと連動して動きます。ご存知のように、金ほどインフレに対するヘッジはありません。

実際、米国では新しいインフレデータが発表されているため、最近では金価格が急騰しています。 Pax Goldを使用すると、分散型の暗号資産を購入するだけで、貴金属に触れることができます。

ビットコイン(BTC)

金について確信が持てない場合は、いつでも暗号通貨のインフレに対する究極のヘッジに戻ることができます。 ビットコイン(BTC)は、暴走するインフレに対する耐性があるという理由だけで、常に世界中の投資ポートフォリオの大きな部分を占めてきました。

その上、BTCの価値はその過程で劇的に上昇する可能性があります。また、ビットコインは最近、ハイテク株と相関を持ち始めています。技術株はしばしば成長資産と見なされており、そのため、このコインは貴重なドルを守りつつ、技術産業の成長をより多く享受することができるのです。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。