暗号の価格にとって重要なことが1つだけあると証明された内容とは

暗号の価格にとって重要なことが1つだけあると証明された内容とは

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

先週のこの日、イーサリアムは暗号通貨史上最大のソフトウェアアップグレードを完了し、ついにMergeが行われました。それはすべて、まさに書かれていたとおりに、滞りなく行われました。

それからの1週間で、イーサリアムはその価値の12%を失いました。

Jerome Powell氏が市場を動かす

マージのような巨大なイベントでも、市場を本当に支配しているもの、つまりマクロの状況を克服するには十分でないことを示しています。マクロの状況とは、Powell氏と連邦準備制度理事会がどのように反応しているかを意味するのです。

FRBはまたもや75bpsの利上げを発表しましたが、これは先週のインフレ率が期待はずれであったことが大きな要因となっています。インフレが抑制されるまで利上げを継続するのです。

暗号通貨はこの利上げに追随していくでしょう。

金利が仮想通貨の価格を支配しているのはなぜか?

暗号通貨は依然としてハイリスクです。リスクスペクトルの外側に行くほど、上方にも下方にも変動が大きくなります。

FRBが金利を引き上げると借入や投資のコストが高くなるため、経済から流動性が引き出されることになります。これはインフレを減速させる一方で、景気後退の恐れもあり、FRBは綱渡りのような状況を強いられているのです。

このため株価は下落し、特に高成長株やハイテク株は伝統的に将来へのキャッシュフローをより多く割り引かれるため、株価は下落しました。この割引率が上昇すれば現在の企業の価値は下がり、その結果、株価は下落するでしょう。

暗号については、インフレヘッジに関する多くのシナリオがあるにもかかわらず、まだそこまでは至っていません。株式市場と暗号の相関は天と地ほどの差があり、両者は連動して動いています。

今後は?

最近、よく書いていることです。私はビットコインを長期的に信じていますが、短期的にはマクロ主導の値動きであることを避けて通ることはできません。

個人的には、経済の方向性には非常に否定的で、冬は本当に醜くなる可能性があると考えています。その予感が的中すれば、ビットコインは他の市場の下落に追随することになるでしょう。

危機の際には、全体的に品質への逃避が起こるため、相関は1になります。投資家はリスク資産を売り、安全資産に群がります。これがドル高の一因であり、ドルは安全資産中の安全資産と見なされています。

これまでの不況期で何度も見てきたパターンです。暗号にとっては、その短い歴史の中で初めて経験するマクロな不況です。そして今、Mergeのようなポジティブなイベントがあっても、暗号の値動きにとって重要なのは、経済のより広い動きだけなのです。