ホームニュース暗号通貨暴落の中、購入すべき暗号通貨TOP3

暗号通貨暴落の中、購入すべき暗号通貨TOP3

ほとんどのデジタルコインが下落し続けているため、暗号通貨業界は赤の海です。CoinGeckoによると、すべてのデジタルコインの時価総額は12億ドル以上まで下落しました。この暴落は痛みを伴うものですが、そのおかげで多くの暗号通貨が大幅に安くなっています。そこで、ディップを買うべき暗号通貨をいくつか紹介します。

イーサリアム

Terra USTのクラッシュは、暗号通貨が下落した最も重要な理由の1つです。私の見解では、LUNAの崩壊により多くの人々と開発者がイーサリアムに戻る可能性があります。一つには、イーサリアムはTerraよりもかなり大きく、何年も前から存在しています。

また、イーサリアムのプラットフォームの成功は、Terraのような単一のステーブルコインに基づいていません。これは、ネットワークでいくつかの深刻なハッキングが行われた後でも、イーサリアムが何年にもわたってうまくいった理由を説明しています。

さらに、開発者がイーサリアムを大幅に高速化し、環境にやさしいものにすることを目指しているため、イーサリアムは移行期にあります。したがって、イーサリアムの価格は、第3四半期に行われるマージに先立って跳ね返ると予想しています。

イーサリアムの購入方法は次のとおりです。

Near Protocol

Near Protocolもディップを買うべき暗号通貨です。開発者にとってより良いプラットフォームとなることを目指すブロックチェーンプロジェクトであり、イーサリアムや他のプルーフ・オブ・ワーク・プラットフォームよりも優れた、信頼性の高いプラットフォームを目指しています。これは、シャーディングとして知られるその技術を使用して行います。

Near Protocolは、そのエコシステムが継続的に成長しているため良い投資先でしょう。開発者は、ネットワークのガバナンスに使用されるステーブルコインの発売も目指しています。現在、Terra USTの崩壊により、開発者が立ち上げる際には、これらの教訓を生かす可能性があります。

また、Near Protocolは、開発者が最近調達した多額の資金があるため、投資対象として適しています。これらの資金の大半は、エコシステムの構築に充てられる予定です。

Chainlink

ブロックチェーン業界の事実は、DeFiやメタバースのような業界がここにとどまっているということです。これが、Chainlinkをディップインを購入するのに最適なコインの1つにしている理由です。これは、プラットフォームがオフチェーンデータをオンチェーンに接続するために開発者によって広く使用されているためです。

これは世界最大のオラクルであり、競争はほとんどありません。したがって、Chainlinkの価格が過去最高から86%低下すると、価格が跳ね返る可能性があります。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。