TrueFiインタビュー:ポストTerraの世界における非共有化融資

TrueFiインタビュー:ポストTerraの世界における非共有化融資

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

誤解を恐れずに言えばこの6ヶ月は暗号の大不況でした。

マクロ環境は協力的でなくなり、市場は暴落し、投資家は極端なリスクオフに走りました。暗号はそれ自体で失敗したわけではありませんが、重要な違いがあります。

Three Arrows CapitalやCelsiusなど、過剰なレバレッジをかけた企業は、業界全体に波及した伝染病の一部となりましたが、まさにCeFiつまり中央集権型金融企業です。

Celsiusは銀行を標榜していましたが、実態はリスクの高いヘッジファンドに近いものでした。最終的に、彼らの投資は不適切であり倒産に追い込まれっました。残念なことに、多くの顧客は自分たちのお金がどのように使われ、どこから利回りが出ているのかに気づいていなかったのです。もっと簡単に言えば、透明性が欠如していたのです。

DeFi

一方、DeFiは、実際に計画通りに進行しました。ブロックチェーンと呼ばれる騒々しい技術のおかげで、すべてがコード化されたとおりに進行したのです。マージンコールや清算もオンチェーンで行われ、世界中の人がリアルタイムで何が起きているのか見ることができました。

一方、Celsiusはある日曜日の夕方、突然引き出しを停止したというメールを送り、あとは歴史に残ることになりました。(もっと言えば、今後数年にわたって行われる非常に長く引き延ばされた裁判の一部であるとも言えます。詳しくは、Mt.Goxの投資家に聞いてみてください。)

私は、DeFi融資プロトコルTrueFiを支えるTrust Tokenの共同創設者兼CEOと対談し、これ以上のことを話し合いました。TrueFiは担保不要の融資をオンチェーンで実現し、借り手の資本効率と貸し手の収益率を最大化するよう努力しています。

そうです。「担保不要」というフレーズにお気づきでしょう。現在、暗号では過剰な担保設定が一般的かもしれませんが、現実にはこのモデルは資本の使用に関して非効率的です。

もちろん、信用リスクに関してはトレードオフの関係にありますが、現在のDeFiモデルのように、すべての借り手を同じように扱うべきなのでしょうか。これはポッドキャストでラファエルと私が議論した微妙な議論ですが、注目すべきは、TrueFiが最初の1年間だけでデフォルトなしで10億ドルの融資を達成したことです。現在でもデフォルトは発生していません。

また、TrustTokenは、時価総額で現在5番目に大きいTrueUSDを含む一連のステーブルコインを持っており、Tetherの準備状況やその他多くのことについて話しました。

Spotifyリンク:こちら

Youtube:こちら

TrueFi: https://TrueFi.io
Litepaperを読む: https://bit.ly/truefiblog
Twitter で最新情報を入手: https://Twitter.com/TrueFiDAO
Discord のコミュニティに参加: http://bit.ly/truefichat