ホームニュース英国ベースのNFTプラットフォームKnownOriginが485万ドルのシリーズAを獲得

英国ベースのNFTプラットフォームKnownOriginが485万ドルのシリーズAを獲得

  • 暗号VCのSanctor CapitalとGBVが資金調達ラウンドを共同リードしています。

  • マンチェスターのスタートアップ企業は、アーティストやコレクターによるアクセスと利用の民主化を可能にするNFTプラットフォームの革新と構築に資金を使用する予定です。

英国を拠点とする非代替性トークン(NFT)プラットフォームのKnownOriginは、シリーズA資金調達ラウンドで485万ドルを調達したと、CoinJournalと共有するプレスリリースで発表しました。

ベンチャーキャピタル企業であるGBVとSanctorCapitalは、D1 Ventures、Cultur3 Capital、LD Capital、MetaCartel Ventures DAO、およびPluto Digitalの参加を得て、資金調達ラウンドを共同で主導しました。このラウンドは、Future Arts、Yin Cao、Colbornからのサポートも集めました。

KnowOrigin'KO 'は、2018年にDavid Moore氏、Andy Grey氏、James Morgan氏によって共同設立されたパイオニアNFTプラットフォームです。このプラットフォームは、アーティストが簡素化されたトランザクションプロセスを介してデジタルアートワークを展示および販売する、民主化されたアートの世界を長年にわたって可能にしてきました。

マンチェスターを拠点とするスタートアップは、クリエイティブがWeb 3やMetaverseなどの分野で新しいテクノロジーの恩恵を受け続けることを目的として、新しい資金を使用してNFTデジタルアートマーケットプレイスに再投資することを計画しています。

NetflixとAdidasがパートナーシップに

共同創設者のJames Morgan氏によると、この485万ドルは、スタートアップが成長し、革新を進め、より広いNFT空間に利益をもたらすエコシステムを構築するために役立てられるとのことです。

これらの目標を達成するために、KnowOriginチームは、NFT分野の著名な暗号投資家やブロックチェーンイノベーターからの投資と専門知識を探してきました。またストリーミング大手のNetflix、ヨーロッパ最大のスポーツウェア会社Adidas、米国を拠点とするコンピューターソフトウェア会社Adobeなどのトップブランドとも提携しています。

共同創設者のMorgan氏は投資についてコメントし、「クリエイターとコレクターが文化の卓越性と経験に従事できる、許可のない、透明で、公正に繁栄するエコシステムを提供することを目的としています。」と述べました。

NFTをコミュニティへ

KnowOriginのプラットフォームには5000人以上のクリエイターがおり、過去1年間だけで3000万ドル以上の売り上げがあり、世界中のNFTコレクターの成長市場からの利益を得ています。

KOは、NFTクリエイターとアーティストに有利なエコシステムを提供するだけでなく、アーティストが販売のたびに即座にロイヤルティを受け取ることができる新しいロイヤルティシステムを構築しました。

しかし、彼らの活動は、プラットフォーム参加者だけで終わるものではありません。スタートアップは、ローカルとグローバルの両方のNFTの才能をフィーチャーしたイベントを含め、マンチェスターコミュニティにNFTの世界をもたらすことを目指しています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。