ホームニュース英国、暗号を受け入れ、安定したコインの規制を検討

英国、暗号を受け入れ、安定したコインの規制を検討

暗号通貨パーティに、また新たな国が参入しました。英国の経済財務省は本日午後、同国の規制枠組みを改正し、支払い手段として安定コインの導入を認めると発表しました。

もちろん、ボリス・ジョンソン首相がエルサルバドルのように、ビットコインを法定通貨として導入したわけではありませんが、それでも重要なステップであり、特にイギリス発であることを考えると、ドミノ効果を引き起こす可能性があります。

エルサルバドルのビットコイン構想で最も批判されているのは、もちろん、ビットコインが被る悪名高いボラティリティ(変動性)です。安定型コインの場合、その価値はフィアット通貨に固定されるため、問題はありません。

今回の発表が注目すべきニュースである理由の1つは、業界全体の規制を単純に緩和するのではなく、決済手段として暗号を導入するという、非常に的を絞った取り組みであるということです。

Her Majesty's Treasury(別称Exchequer、今年末にロンドンに引っ越す予定なので、英国の略語はまだ勉強中です)は、月曜日の声明でステーブルコインの評価で非常に強気でした。特定のステーブルコインには、小売顧客によるものを含む広範な支払い手段になる可能性があり、消費者の選択と効率を促進する能力があるということです。

声明は、これらのステーブルコインを促進するための規制の改正は、ブロックチェーン技術を英国に組み込み、「グローバルハブ」を作成することを目的とした「対策パッケージ」の1つの側面にすぎないと続けました。したがって、支払いはリストの最初の項目ですが、先ほど述べたように、英国はまた、最終的にこのニッチを超えて、より広い暗号業界も受け入れるという彼らの意図を示しています。

「通常の」暗号通貨のボラティリティにより、現在の商取引では実用的ではないため、規制当局が参加した場合、ステーブルコインはステップアップする準備ができています。したがって、英国によるこの動きは、非常に達成可能であるため、意図の大きなシグナルです。経済長官のジョン・グレン氏は、 Innovate Finance Global Summitで、「暗号技術が将来の大きな部分を占めるようになるなら、英国もその一歩手前に入りたい。」と述べました。 また、「実は、今、私たちがコミットすれば…今、行動すれば…道を切り開くことができる。」と彼は続けました。

Swarm MarketsのDeFiエキスパートであるKatie Evans氏に、業界関係者の立場から、このことが意味することを伺いました。「ロンドンは巨大なグローバル金融ハブであり、常に変化する金融技術に対応する必要がある。」と彼女は言及しています。「英国政府は、次の50年の暗号の中心地を建設するための競争が始まっているという事実に注意を払っているようだ。」Evans氏はまた、特に安定コインが注目されていることに熱狂し、安定コインは「潜在的な暗号資産ユーザーにとって有用なオンランプ」として機能し、「暗号用語で評価と承認が最も簡単なものの1つで、既存の金融市場規制と一致させる」と指摘しました。

もう一つ興味深いのは、今回の発表で、中央銀行デジタル通貨(CTC)が登場しなかったことです。これは、多くの人がCBDCの発表の可能性が高いと予想していたのに、TetherやCircleなどの安定したコインを交換媒体として使用することに非常に注目しているのです。

英国は今、暗号業界に安定コインの実装方法について明確なガイダンスを提供する最初の国の1つになることが決まっており、これは大きな目印となることでしょう。この物語は成長し、終わるには程遠いですが、今日は重要な第一歩です。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。