ホームニュース英国、Terraの破綻を受けステーブルコインの合法化へ向けて始動

英国、Terraの破綻を受けステーブルコインの合法化へ向けて始動

Sanne Moonemans

英国財務省は、ステーブルコインを法定通貨として規制し続けることを決定したと報じられています。この決定は、暗号コミュニティによって複雑なセンチメントで歓迎されました。これは主に、最も人気のあるアルゴリズムステーブルコインの1つであるTerraUSD(UST)の最近の下落に起因しています。

The Telegraphによる現地レポートは、英国全体でステーブルコインを規制する財務省の意図を強調しました。これはスピーチの中で明らかにされています。チャールズ皇太子はスピーチの中で、地域の生活水準を向上させるための経済成長促進策など、いくつかの分野で新しい法律を導入することを発表しました。彼はこう付け加えました。

「違法な資金調達に取り組み、経済犯罪を減らし、ビジネスの成長を支援するための権限をさらに強化する法案(経済犯罪およびビジネスの透明性に関する法案)が導入されます。」

財務省は1:1対応のステーブルコインの規制を望んでいる

最近、Terraのエコシステム全体がダウンし、LUNAとUSTは修復不可能なほどクラッシュしたようです。これによって、規制当局に赤信号が灯ることが予想されます。それでも、財務省は、英国の金融サービス業界が常にテクノロジーとイノベーションの最前線にいることを保証するための軌道を維持しています。後者は以前、大蔵大臣のRishi Sunak氏によって言及されました。

しかし、財務省の計画はアルゴリズムによるステーブルコインを合法化するものではありません。Tether(USDT)やUSDコイン(USDC)のような1対1で完全にサポートされる安定コインを優先しているのです。財務省の広報担当者は次のように述べました。

「支払い手段として使用されるステーブルコインを規制するための法案は、スピーチで発表された金融サービスおよび市場法案の一部となります。」

財務省は、新しい金融技術を導入する際に金融の安定性を確保しながら、成長の機会を創出することを目指しています。したがって、1:1のステーブルコインをこれに貢献するための完璧なオプションと見なしています。ただし、TerraUSDの価値は別の暗号通貨に固定されており、広報担当者は次のように述べています。

「政府は、特定のステーブルコインは裏付けのない暗号資産と特性を共有しているため、支払い目的には適していないことを明確にしています。」

SECは英国財務省の後ろ盾

米国証券取引委員会(SEC)の委員であるHester Peirce氏は最近、ステーブルコインの規制の枠組みをサポートしながら失敗する余地がある必要があることを強調しました。Peirce氏はTwitterで次のように述べています。

「イノベーションに不可欠な試行錯誤を妨げることなく、SECの規制目的を達成する方法について、喜んでお話しします。」

Peirce氏はまた、オンラインパネルでのスピーチで、規制当局の間での安定コインへの関心に言及しました。彼女はSECに対し、特定の技術に例外を設けることで、必要な実験を行えるようにするよう求めています。

なぜなら、もちろんそれは新しいことを試すことの一部であり、私たちのフレームワークはそのような試行錯誤を本当に可能にしてくれるからです。そのために使ってほしいと思います。」と語っています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。