ホームニュース英国政府、ステーブルコインを合法的な決済手段にしたい考え

英国政府、ステーブルコインを合法的な決済手段にしたい考え


英国は、暗号資産技術革新の世界的なハブとしての地位を確立するために、このような措置を講じていると、財務省経済長官は、UK Fintech Week 2022で述べました。

英国は、電子決済に関する規制の枠組みの中にステーブルコインを持ち込み、資産を全国でさらに採用できるようにする予定です。

この計画は月曜日に、ロンドンで開催されたイベント「InnFin Global Finance Summit」で政府関係者によって強調され、明らかになりました。

John Glen財務省経済長官によると、政府は、英国を暗号技術革新の最前線に置くべき適切で実行可能な措置を求めているとのことです。

政府は、同国が暗号技術と投資の「グローバルハブ」になることを望んでいる、とGlen氏は述べました。

そして、そのステップの1つは、安定したコインが消費者にとって合法的な支払いオプションとなるように、同国の規制ガイドラインを徐々に微調整していくことです。また、これらのステップは、安定コインの発行者やサービスプロバイダをサポートするために調整されます。

夏までにロイヤルミントのNFTを

財務省の勧告には、デジタル資産スペース内での成長が消費者の選択に大きな後押しをもたらす可能性があるという認識も含まれています。そのため、英国政府は、ステーブルコインセクターだけでなく、より広範なデジタル資産市場内の他のセクターをサポートできる新しい規制アプローチに注目しています。

暗号技術が将来の大きな部分を占めるようになるのであれば、我々英国も参加したい。」と、Glen氏はUK Fintech Week 2022で述べています。

安定したコインを英国の規制環境内に持ち込む計画は、昨年から出ていましたが、このアイデア全体には新しいペースがあります。

月曜日、HM Treasury(英国経済財務省)は、Rishi Sunak財務大臣が英国造幣局にNFTを作成し、夏までに発行するよう依頼したと発表しました。

英国政府からの暗号に関する他の主要な計画には、分散型自律組織(DAO)と分散型金融(DeFi)に関する幅広い協議が含まれます。後者の場合、重要な考慮事項はDeFiローンとステーキングに関するものです。

財務省によると、新しい法律は、2023年までに金融市場インフラストラクチャSandboxを導入するというより広い目標の一部を形成しています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。