ホームニュースVitalik Buterin氏が500万ドル相当のETHをウクライナに寄付

Vitalik Buterin氏が500万ドル相当のETHをウクライナに寄付


ウクライナとロシアの紛争は、1ヶ月以上経過した今もなお、本格的な紛争が続いています。戦闘開始当初から、暗号通貨は国民や軍を支援する手段であることが証明されていますが、イーサリアムの生みの親であるVitalik Buterin氏は傍観をやめ、ウクライナに500万ドル(380万ポンド)を寄付することにしました。

より正確には、Buterin氏は750イーサリアム(ETH)を、ブロックチェーン活動家が設立した慈善団体「Unchain Fund」に寄付したのです。Unchain Fundは、ウクライナを人道面で支援するために設立されました。Buterin氏はUnchain Fundへの750ETHに加え、Aid For Ukraineにも750ETHを送金しています。この基金は、ウクライナのデジタル変革省が設立したものです。Aid For Ukraineは、寛大なButerin氏からの250万ドル(189万ポンド)の寄付を非常に喜んでいるとTwitterで発表しています。

謙虚な姿勢を崩さないButerin氏

Vitalik Buterin氏自身が寄付について何も公表していないのは、彼の功績です。私たちが寄付について知っている唯一の理由は、ファンドの謝辞と、寄付を含むそのイーサリアムネームサービス(ENS)ドメイン「vitalik.eth」です。

イーサリアムの創始者からの贈り物のおかげで、暗号の寄付は現在1億ドル(7500万ポンド)を超えています。特に、ウクライナ政府、NGO基金Come Back Alive、UkraineDAO、Unchain Fund、Aid for Ukraine、Cyberpolice Ukraineは、暗号コミュニティから多くの資金を受け取りました。

寄付金の使用用途は?

ウクライナ政府や慈善団体によって、さまざまな用途に使われます。特に軍や人道的イニシアティブは、暗号コミュニティの寛大さの恩恵を受けています。暗号通貨の寄付は、緊急時に救援に駆けつけるためのシンプルで迅速な方法であることが証明されています。

暗号通貨による国際的な支払いは、金融機関の介入を必要とせず、目的地に直接届きます。ただし、そこから物を買うには、そのお金を不換紙幣に変換する必要があります。結局のところ、どこでもビットコインやエーテルで支払えるという段階には至っていないのです。

興味深いことに、最初のビットコインの寄付が始まったのは2月8日のことだった。当時、すでにロシアからの脅威は高まっており、ウクライナのボランティアやハッカー組織は、ウクライナに何らかの支援を送ることにした。

侵攻後1カ月でビットコイン価格は35%上昇

ロシア軍がウクライナに侵攻した後の1カ月間で、ビットコイン価格は35%上昇しました。これは、地政学的な大きな混乱や厄介なマクロ経済状況の時に、ビットコインがうまく防衛できるようになったことを示しています。

とはいえ、現在、ビットコイン価格は下降局面を迎えています。48,000米ドル(36,400ポンド)まで上昇した後、現在は45,000米ドル(34,000ポンド)を下回りました。ですが、ビットコイン2022には価格を押し上げる可能性のあるエキサイティングなことがいくつか予定されています。特に、今日の午後4時45分からのSamson Mowのプレゼンテーションは、スピーカーによると、爆発的なものになることが約束されています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。