ホームニュース米国財務省、6億2500万ドルのRoninハッキングにさらに3つのEthereumウォレットを関連付け

米国財務省、6億2500万ドルのRoninハッキングにさらに3つのEthereumウォレットを関連付け

Ronin Networkのエクスプロイトは3月に発生し、6億ドル相当のEthereum(ETH)と2500万ドルのUSDCが盗まれました。

米国財務省外国資産管理局(OFAC)は、最近のRonin Networkのハッキングに関連するさらに3つのEthereumウォレットを制裁しました。

新しいアドレスは、北朝鮮のハッキンググループLazarusに関連していると、OFACは金曜日に発表しました。

OFACは、4月22日に公開された特別指定国民(SDN)リストの更新を通じて、3つの仮想通貨アドレスの追加を明らかにしました。この3社はいずれも、北朝鮮の国家に支援されたハッカー集団「Lazarus Group」の活動と関係があります。

注目すべきは、3つのウォレットに関連する最近の資金の動きで、Roninブロックチェーン上のエクスプロイトの収益が含まれています。

米国財務省は「北朝鮮は米国と国連の制裁を逃れようとしながら、サイバー犯罪のような不正な活動に頼って収益を得ている。」とツイートしました。

また同機関は、指定されたウォレットのアドレスで取引することは、「米国の制裁にさらされるリスクがある」と警告しています。

OFACがリストアップしたウォレットのアドレスは「ブロック」されている

3つのウォレットが追加されたのは、同局がLazarus Groupを6億2500万ドル強奪事件に関連づけた数日後のことです。

金曜日に、攻撃で使われたオリジナルのアドレスは、トルネード・キャッシュ(取引を追跡するのを困難にするのに役立つ混合サービス)を使って様々なアドレスに資金を移動させました。イーサリアムの取引を非公開にするのに役立つ分散型プロトコルは、4月15日に、OFACのリストに追加された暗号ウォレットをブロックすると発表しました。

トルネード・キャッシュは、金融のプライバシーは依然として「金融の自由を維持するために不可欠」であると繰り返し述べていますが、プライバシーは「非遵守の代償」として追求されるべきではない、と付け加えました。

関連する動きとして、バイナンスはハッキングの際に盗まれた580万ドル相当の資金を回収したと報じられています。BinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏によると、ハッカーは86の口座に資金を送金していたとのことです。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。