ホームニュースVanEck社の専門家:ビットコインが世界の基軸資産になれば130万ドルを達成する可能性

VanEck社の専門家:ビットコインが世界の基軸資産になれば130万ドルを達成する可能性

Benson Toti

同社によれば、ロシアに対する制裁措置により、中央銀行は「準備金構成の変更を検討する可能性がある」と述べています。

ビットコインの価値は、暗号通貨が事実上の世界的な準備資産として終わった場合、少なくとも130万ドルまで上昇する可能性があると、米国の投資会社VanEckの専門家が述べています。

VanEckのEric Fine氏(アクティブEM債務の責任者)とNatalia Gurushina氏(チーフエコノミスト、新興市場債券戦略)は、この予測について「金やビットコインを裏付けとする新たな通貨体制が出現した場合に何が起こるかを定量化する試みに基づいている。」と述べています。

ロシアに対する制裁は中央銀行が行動することを意味する

3月30日に発表された報告書の中で、VanEck社の幹部は、ウクライナへの侵攻に続いてロシアに課された制裁により、世界の予備制度が劇的に変化した可能性があると仮定しています。

ロシアは先週、石油とガスにビットコインを受け入れると述べました。

中央銀行は、準備金の構成を、ドル(およびユーロと円)を犠牲にして、ある程度他の何かを強化するように変更する可能性があります。ロシア中央銀行に対する米国、ユーロ圏、および日本の制裁措置は、ロシアのドル、ユーロ、および円の準備金を本質的に「消滅」させました。その結果、一部の中央銀行、および民間の関係者は、準備金を多様化するでしょう。」

世界的な準備資産としてのビットコインは480万ドルに達する可能性がある

ビットコインの「世界的な」価格を基に、BTCの総供給量で割った計算により、世界的な準備金となった場合の価値を理論的に説明することができたといいます。

VanEck社の幹部は、供給量が有限である点でビットコインと共通する金にも同じ概念を適用し、1オンスあたりの潜在的な価格を算出したと専門家は指摘しています。

金とビットコインの上昇幅は劇的です。具体的には、フレームワークでは、金の価格は1オンスあたり約31,000ドル、ビットコインの潜在価格は1コインあたり約1,300,000ドルと推定しています。

洞察のレポートによると、ベースのM0からより広範で一般的なM2へと計算を調整することで、「金融・通貨システムにより大きな負担がかかり、さらに高い価格を生み出す」と説明されています。

VanEckは、グローバルM2評価に基づくビットコインの暗黙の価格は1コインあたり480万ドルの価値を示唆していると言います。金の場合、1オンスあたり約10万5000ドルに跳ね上がります。

同社はこれらの予測に大きな「IF」を与える一方で、より可能性の高いシナリオは、中国の人民元が基軸通貨の新たな候補になるあたりだとしています。

CoinGeckoのtpデータによると、ビットコインは45,000ドル前後で取引され、その価値は過去24時間で4.8%低下しました。一方、金は4月1日(日本時間午前8時40分)、1オンス=1934ドルで1%安となっています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。