ホームニュースベトナム、暗号にやさしい政策確立のための法的枠組みを準備中

ベトナム、暗号にやさしい政策確立のための法的枠組みを準備中


ベトナムでは、暗号にやさしい政策を確立するための予備調査に追われていると報じられています。現地ニュースのVietnamnetによると、同国の副首相は3つの省庁に対し、暗号通貨に関する研究を加速させ、仮想資産や通貨を管理するための法的枠組みを準備するよう助言したとのことです。

これは、財務省、司法省、情報通信省、および国家銀行に関するものです。

ベトナムでの法的枠組みの開発

ベトナム副首相Li Minh Khai氏は、3つの省庁に暗号通貨規制とガバナンスに関連する調査作業を委託しました。

また、副首相は財務省に対し、仮想資産管理の法的枠組みを完成させるため、事前の修正・追加・改定が必要な各種法文書を見直すよう指示しました。

この枠組みは、2017年8月に発表された決定に示された内容に従って設計される予定です。この決定では、仮想資産・通貨の管理に関する法的枠組みの構築について大枠を定めています。

この研究プロジェクトは、仮想資産、電子マネー、仮想通貨の性質をよりよく理解し、ベトナムの実務と外国の経験に従って正確に適用できるようにすることを目的としています。

さらに、プロジェクトは、関連するリスクを管理するための仮想資産、電子および仮想マネーに関する法律を開発および完成させるための特定のタスク、仕事、およびオリエンテーションを提案します。

ベトナム政府は以前、この地域での暗号通貨取引を後押しするためのいくつかの提案をしました。しかし、国の地位を向上させるための具体的な措置はまだ講じられていません。

特に、ベトナムでの暗号通貨取引は最近大きな牽引力を獲得しており、調査によると、現在590万人近くのベトナム市民が暗号通貨を所有しており、さまざまな暗号オプションの調査に関心を持っています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。