ホームニュースWanchain、Input Outputと提携し、Cardanoの相互運用性向上を目指す

Wanchain、Input Outputと提携し、Cardanoの相互運用性向上を目指す

Wanchainは、Cardanoの相互運用性を向上させ、ブロックチェーンと他のブロックチェーンとの間で資産を簡単に転送できるようにするために取り組んでいます。

Wanchainは本日、Cardanoエコシステムの背後にある開発チームであるInput Outputと提携したことを発表しました。パートナーシップは、Cardanoメインネット、Cardanoサイドチェーン、およびその他のブロックチェーンネットワーク間の相互運用性を実現することに重点を置いています。

Coinjournalと共有されたプレスリリースによると、2つのチームは、Cardanoを他のレイヤー1ブロックチェーンに接続する分散型の非管理型双方向クロスチェーンブリッジを展開して、Cardanoの相互運用性機能を強化します。

これに加えて、Wanchainブリッジノードがアップグレード、WanchainネットワークとCardanoネットワークがペグされ、Cardanoのクロスチェーンブリッジとトランザクションがさらに保護されます。これは、WanchainがCardanoのEthereum仮想マシン(EVM)互換のサイドチェーンになることを意味します。

Wanchainのビジネス開発・運営担当副社長であるLi Ni氏は、この最新の開発はWanchainにとって重要であると述べています。Ni氏は次のように述べています。

「我々は、このCardano互運用性ソリューションの構築におけるInput Outputの作業をサポートすることに興奮しています。私たちは、分散化の重要性を信じており、世界のブロックチェーンの風景が美しく、特異で、相互運用可能なネットワークとして振る舞う未来について明確なビジョンを持っています。これは、その方向へのもう一つの重要なステップです。」

WanchainがCardanoのEVM互換サイドチェーンになると、Cardano dApp開発者は、より多くのコーディング言語、フレームワーク、統合開発者環境にアクセスできるようになります。

このアプローチは、Cardanoのセキュリティを改善し、ブロックチェーンにスケーラビリティソリューションを提供することも期待されています。 InputOutputGlobalのチーフプロダクトオフィサーであるDynal Patel氏は次のように述べています。

「WanchainはCardanoコミュニティに追加のユーティリティを提供し、ユーザーが多くのネットワーク上のDeFiアプリケーションと対話し、拡大するエコシステムを利用できるようにします。」

Wanchainブリッジは、15以上のレイヤー1およびレイヤー2ネットワークを接続します。したがって、このパートナーシップは、Cardanoネットワークを他の分散型金融(DeFi)およびWeb3エコシステムに接続します。したがって、ADAホルダーのユースケースを増やし、BTC、ETH、DOT、WAN、XRP、その他のコインをCardanoのdAppエコシステムで使用できるようにします。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。