ホームニュースWave Financial、CardanoのDeFiエコシステムをサポートするADA Yield Fundを発表

Wave Financial、CardanoのDeFiエコシステムをサポートするADA Yield Fundを発表

ADA Yield Fundは1億ドルでスタートし、流動性などを介してCardanoが成長する分散型金融(DeFi)のエコシステムに恩恵を与えることになります。

Wave Financialは、Cardano(ADA)ブロックチェーンエコシステムの支援を目的とした1億ドルのファンド「Wave ADA Yield Fund」を立ち上げると発表しました。

Wave FinancialのCEOであるDavid Siemer氏によると、このファンドは純粋に流動性の提供を目的としており、分散型取引所(DEX)、レンディングプロトコル、ステーブルコイン発行者をターゲットとしています。また、このファンドはカルダノDeFiエコシステムのステークプールもサポートする予定です。

これらの分散型アプリケーションの各々は、完全に機能的で多様なエコシステムを実現するカルダノ・ブロックチェーンの強力な基盤を追加します。」Siemer氏は、水曜日にコインジャーナルと共有されたプレスリリースで述べています。

Waveは、米国証券取引委員会(SEC)の規制を受けたロサンゼルスのデジタル資産投資運用会社です。同社は、このファンドは、有望な起業家の支援を含む、暗号エコシステムにおける同社の目標を反映したものであるとしています。

機関投資家を惹きつけるカルダノのエコシステム拡大

Cardanoは2021年にスマートコントラクト機能を開始し、過去数か月にわたって開発者の活動が爆発的に増加しました。 Input Output(IOHK)の創設者であるCharles Hoskinson氏によると、コミュニティの資金提供イニシアチブを通じて数百人が立ち上げられました。

しかし、ADA基金はタイムリーな立ち上げを証明する可能性が高く、開発のさまざまな段階にあるものが増えています。 Hoskinson氏はこの感情に同意し、声明の中で、ブロックチェーン上に構築されたプロジェクトが成功すれば、Cardanoエコシステムは成功するだろうと述べています。

ADA利回り基金が継続的な成長と市場での受け入れを促進するためにかなりの財源を投入していることを嬉しく思います。」と彼は付け加えました。

Cardanoは引き続き機関投資家から大きな関心を集めており、需要がチェーン上の大量の取引量をさらに押し上げています。データによると、ADAでの10万ドル以上の取引は、これまでに50倍近く急増しています。

機関投資家に対応するために、ADAが支援する上場取引型商品の発売も需要に見られます。ちょうど今週、WisdomTreeはヨーロッパ市場向けにCardanoETPを発売しました。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。