メタバースはどうなった?ドットコムバブルの教訓

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

メタバースはどうなった?ドットコムバブルの教訓

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

FacebookのCEOでパントマイムの悪役であるマーク・ザッカーバーグ氏が、同社をMetaに改名すると発表してから、もうすぐ1年が経とうとしています。

これはメタバースの方向性に関する大きな声明であり、多くの人がソーシャルからトランザクション、仕事からエンターテイメントまで、すべてを網羅すると宣言し始めていた。

そして先週書いたように、この賭けは億万長者にとって不運なものとなってしまったのです。

市場全体では、同じパターンが見られるのでしょうか?また、メタバースへの関心は薄れているのでしょうか?

Googleに問い合わせたところ、昨年10月にザッカーバーグ氏が全力を挙げた後、「メタバース」という言葉に対する関心が大きく高まったことが分かりました。しかしその後しばらくして、この言葉は減少の一途をたどっています。

不利なチャートであることは間違いありません。しかし、どれだけがメタバースという概念自体に起因するもので、どれだけが単にマクロな弱気環境の結果なのでしょうか?

それは分かりませんが、多くのメタバースプロジェクトが著しく過大評価されていたことは間違いないでしょう。メタバースを信じると同時に、この空間の多くのトークンが過大評価されているか、実用性が低いか、あるいはその両方であるという意見を持つことは可能なのです。

私がいまだに理解できないことのひとつは、どうしてこれほど多くの投資家が、メタバースに関連するものなら何でも、その投資が最終的にメタバースで市場シェアを獲得するための検証可能な計画を持っているかどうかにかかわらず、現金を注ぎ込もうとするのか?ということです。

確かに市場があまりにも残酷な今、このブラインドパンチングは崖から落ちましたが、これらの企業の多くは、80%以上の下落の後でも巨大なバリュエーションを持っています。

ドットコムバブル

大物投資家の予想をはるかに超えて、インターネットは世界を計り知れないほど変えてしまったことを忘れてはいけません。それでもなお、ドットコムバブル崩壊の際にどれだけの企業が潰れたかを考えてみましょう。

その代表格がPriceline.comです。今はその名前を知らないかもしれませんが、かつてはインターネット企業の中でも最大手の一角を占めていたのです。毎日50万枚の航空券が売れ残り、その中から顧客がPricelineを使って支払いたいと思う価格を入力できる、というのがその魅力的なテーマでした。

そうして航空会社は余剰在庫を処分し、顧客は安い席を手に入れ、市場の均衡が見出されました。理にかなっていると思いませんか?そしてその間、プライスラインは取引ごとに分け前をもらっていたのです。

一見すると理にかなったビジネスプランであり、市場の隙間であり、パーティーで「おお、賢いね」と反応されるようなものでした。

実際、1998年にスタートし、7カ月で10万枚のチケットが売れました。発売からわずか13ヵ月後、1株16ドルで株式公開を果たしたのです。ホテルの部屋や電車のチケット、住宅ローンなどでも同じように使えるのではと、さらに拡大する計画もありました。

IPOの日の終値は69ドルで、プライスラインの評価額は100億ドル近くになり、インターネットの短い歴史の中で、最も価値のある会社だったのです。

その後、94%下落しました。

もちろん、この話は特別なことではありません。ナスダックは2000年4月のピークからわずか1ヶ月で価値の3分の1以上を失いました。

ドットコムバブルとメタバースの関係とは?

ということで、私の言いたいことが出てきました。インターネットを信じるには、「インターネット企業」を名乗るすべての企業を信じなくてはなりません。これらの企業は悪名高い赤字企業で、ドットコム時代には利益という概念はなかったのです。例えば、プライスラインは、最初の数四半期で1億4250万ドルの損失を出しました。

それでも、インターネットは明らかに世界を変えてきました。

今日もたくさんのPricelineが存在しています。ドットコム時代の「プロフィット」は、メタバース時代の「ユーティリティ」なのかもしれません。これらのトークンに投資する前に、彼らが実際に何をしているのか、自問してみてください。メタバースを活用して具体的な価値を生み出すための明確なロードマップがあるのでしょうか?最も重要なことは、ここに実用性があるかどうか?です。

基本的な質問のようで、そこがポイントなのです。けれども、多くのコインがそれに答えることができないのが事実です。暗号通貨を作るのがいかに簡単であるかということを忘れてはいけません。このことと、投資家やベンチャーキャピタルから多くの現金がこの領域に流入していたことを組み合わせれば、多くのトークンが完全に崩壊したのも不思議ではありません。

Amazon1つに対して、Pricelineは10個あります。

そしてもうひとつ、メタバースがインターネットのように社会にインパクトを与える存在になるという保証は、(当然ながら)ありません。インターネットが想像しうるすべてのターゲットを攻撃したとしても、そこにはプライスラインのいかさまが存在するのです。もしインターネットが失敗したら、どれほどの数になるか想像してみてください。

最終的な考察

メタバースを信じているからといって、「メタバース」の名がつくものに盲目的に手を出してはいけないでしょう。

もちろん当面は、メタバースであろうとなかろうと、あらゆる暗号は株式市場に追随し続けるでしょうし、現在のマクロ環境はそのようなものです。より広い市場が遅れ続けている限り、有用性があって他の面で優れている可能性があるものであったとしても投資家にリターンをもたらすことはないでしょう。

しかし、たとえ市場が回復しても、メタバーストークンは実際に何かを達成したことを証明しなければなりません。投資において常にそうであるように、問題のコインについてデューデリジェンスを行い、ノイズを遮断し、上で述べたような基本的な質問を自分に投げかけることが重要です。

メタバースが耳元でささやく甘い言葉に誘惑されてはいけないのです。ユートピア的な夢は、最後にはツケを払わなくなります。その証拠に、ドットコムバブルがあるのですから。