暗号の次は?埋蔵量の証明は混乱の解決に至らず

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

暗号の次は?埋蔵量の証明は混乱の解決に至らず

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • 取引所への信頼は当然なくなり、先月には顧客が数千枚のビットコインを引き揚げています。
  • プルーフ・オブ・リザーブは、現在の形式では、信頼を仲介するために何もしません。
  • 業界は自らを見失ったので、規制当局が介入する必要があります。

11月、暗号市場には良くないです。

12月にページをめくると、未来はどうなっているのでしょうか。

取引所の信用が過去最低に

まずはじめにーFTXの破綻はこうした中央集権的な企業がいかに不透明であるかを世界中に知らしめました。一般顧客は、その舞台裏で何が起きているのかを知ることは、ほとんど不可能というのが現実です。

Sam Bankman-Fried(SBF)は、フォーブス誌の表紙を飾り、米国議会で演説し、ジョー・バイデン大統領の2020年選挙キャンペーンでは2番目に大きな献金者でした。SBFが落ちる可能性があるなら、誰が安全なのでしょうか?

顧客は取引所からビットコインを引き揚げることで対応しました。FTXが崩壊して以来、取引所へのビットコインの純流入と取引所からのビットコインの純流入を チャート化したのが以下です。このパターンは非常に明白です。

         

私は以前、崩壊の翌週にこの反応を詳細に分析したことがあります。

埋蔵量の証明で救われる?

BinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏(頭文字をとってCZと呼ばれている)が中心となって行った対応は、オンチェーンでの埋蔵量証明を導入することでした。皮肉なことにブロックチェーンはこれらすべてを解決するのに完璧に配置されているはずだったからです。

私はこの騒動が始まっているときに、CZ氏にこのことをつぶやきました。私にとっては痛烈な皮肉であることに加え、悔しいし悲しいことでもあるのです。

しかし現在、取引所によって実装されている埋蔵量の証明は冗長です。資金が入ったウォレットアドレスを掲示する必要があるのですーなるほど。しかし負債を証明することなく、引当金を証明することに何の意味があるのでしょうか。

さらに疑問は尽きないですが、ネット上の任意のアドレスを叩いてみても答えは出ません。取引所がその資金にアクセスできることをどうやって確認するのでしょうか?KrakenのCEOであるJesse Powell氏が退任する際に言ったように、「準備金の証明の監査には、クライアントの残高とウォレットコントロールの暗号学的証明が必要」なのです。

暗号通貨は成長する必要があります。このねじれたバージョンの「監査」は、それをやっていないのです。

CZ氏は、より強固なMerkle tree reserveシステムを通じて、こうした懸念に対処するために、イーサリアム創設者のVitalik Buterin氏を含む複数の人々と協力していると話しているようです。一刻も早い到着を期待しましょう。

暗号には規制が必要

昔は冒涜的な意見であり、極論でした。今はそれに反論するのは難しいです。暗号通貨には規制が必要だからです。

人々がひどく傷つくのを見るのはもううんざりです。FTXの大失敗で200万ドルを失った投資家からの手紙が、ニューヨークタイムズのBankman-Fried氏のインタビュー中に読み上げられたのは、ひとつの出来事に過ぎません。このように、何千もの人々が潰された話があり、胸が張り裂けそうです。

規制当局は、このような事態を招いた唯一の理由からは程遠いのですが、好むと好まざるとにかかわらず、詐欺やリスクマネジメントの乱立するワイルドウェストに現実味を持たせる手助けをすることが求められているのです。暗号は、現状では機能しないことを明確に示しているのですから。

まずはセキュリティとは何かを定義し、暗号をその枠組みの中でフィルタリングすることから始めましょう。BlockFi(現在は倒産)、Celsius、Voyager Digitalなど、大苦戦を強いられているレンディング商品(最近その苦境についてこちらに書きました)は、この曖昧な法的枠組みの最も顕著な当事者でした。

そして、暗号とは何かということを定義した上で、暗号の取り締まりに乗り出すことができます。これはもうインターネットオタクのニッチなゲームではないのですから。取引所が80億ドルの顧客資金を持ち去って消滅しました。この後、他の取引所の倒産が相次ぎ、今年初めには数十億ドルの顧客資金を抱えながら倒産しました。

このシナリオはもう何度も見ています。準備金の証明は正しい方向への一歩ですが、これまでのやり方は全く無意味でしょう。規制当局の皆さん、今こそやるべきことをやりましょう。