ビットコインが8日連続で上昇する中、インフレレポートを控えた暗号に期待すること

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

ビットコインが8日連続で上昇する中、インフレレポートを控えた暗号に期待すること

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)
更新済み 14 1月 2023

重要なポイント

  • ビットコインは8日連続で上昇し、現在、年初来で9.2%増となっています。
  • 暗号市場のボラティリティが低い期間と、インフレデータの軟化が相まって、価格が上昇しました。
  • 最新のCPIレポートは木曜日に発表され、ボラティリティの引き金となり、ここ1ヶ月ほど楽観的な見方を強めてきた市場にとって極めて重要です。
  • アルトコインはこのレポートで激しく動く可能性があり、ビットコインはデータが予想を下回るか上回るかで、18,000ドルの大台を振り切る可能性があります。

ビットコインは8日連続の価格上昇を記録し、暗号通貨投資家にとって新年が力強く幕を開けました。

2022年は苦痛と価格の暴落しかもたらさなかったですが、2023年は今のところ正反対です。ビットコインは18,000ドルを超え、Ethereumは1,400ドル近くまで上昇し、それぞれ年初来で9.2%、16.4%の上昇を記録しています。多くのアルトコインはさらに上昇しています。

仮想通貨市場のボラティリティが低下

マクロ環境は価格を押し上げています。先週に軟調な情勢を分析した記事を書きましたが、インフレがピークに達した可能性があり、米連邦準備制度理事会(FRB)が金利上昇政策からピボットする可能性が、これまでの予想よりも早く訪れるかもしれないという楽観論が市場に蔓延しているのです。

これは素晴らしいラリーですが、激しいブレイクアウトとは言い難いことに留意する必要があります。暗号通貨は不安定なことで知られており、この数週間には市場を異様な静けさが覆っていたのです。

Ethereumの日次リターンのチャートを見ると、ボラティリティが明らかに低下していることが分かります。

木曜日に発表されるインフレデータ

この原稿を書いているのは木曜日の朝で、重要なアメリカのインフレ率は今日の午後に発表されます。現時点で私たちが知っていることがあるとすれば、それはインフレ率が世界を支配しているということです。現在の情勢でボラティリティを生むものがあるとすれば、それはCPIレポートです。

前述したように、今回の上昇の主な要因は、インフレ率が軟化し、FRBが予想よりも早く高金利政策を転換するのではないかという期待でした。またインフレ率の数値がプラスになれば、暗号の価格にさらなる弾みがつくでしょう。予想より低い数値になれば、ビットコインは2万ドル、Ethereumは1500ドルまで押し上げることは想像に難くありません。

もちろん、その裏側には投資家を失望させるような数字が出る可能性があります。2ヶ月連続のプラスインフレに続いて、今日の午後に一歩後退すれば暗号にとってボディブローとなり、先月の楽観論が一瞬にして解放され、急落しても不思議はないでしょう。

インフレ数値は6.5%と予想されています。これは、前月の7.1%から低下することになります。数字が6.7%またはそれ以上になった場合、これは大きな失望を表し、暗号はおそらく自由落下するでしょう。このシナリオでは、ビットコインが16,500ドルでダウンしても驚く必要はありません。

データは1:30 PM GMT(8:30 AM ET)に発表され、連邦準備制度の2月1日の金利決定前の最後のCPIレポートです。

生命の兆しを見せるアルトコイン

ビットコインやEthereumがどんなに悪くても、アルトコインはとんでもなく悪い風景が続いています。以下は、2022年1月1日時点の上位10コインの2022年におけるリターンの割合です。

標準的に、これらのコインは著しく不安定で、ビットコインのレバレッジ賭けのように取引されています。今年、ジャンプもナンバー1の暗号よりも強くなっていることを示します。

今年1月1日からのトップ10コインを見ると、かなり低い水準からとはいえ、いくつかのコインは地震的なリターンを記録しています。90%の下落の後に50%上昇しても、元のスタート地点から85%下落したのと同じであることを忘れてはなりません。多くの投資家が理解していない単純な数学の問題である。したがって、ここ数週間はプラスに作用していますが、これはまだ2022年という大虐殺によって完全に破壊された空間であり、そこから回復するには非常に長い時間がかかると思われます。

最終的な考え

今週は市場にとって極めて重要な週であり、インフレとの戦いがどの程度まで進んだかを測る真の指標となります。中央銀行はインフレを最優先とする姿勢を堅持しており、その結果、金利政策により昨年はリスク資産を押しつぶしました。

市場は厳しいですが、3カ月連続のインフレOKのデータで、トンネルの先に光が見えてくるかもしれません。しかし世界は不況の淵に立たされており、もしインフレが一歩後退すれば高金利と依然として続くインフレのダブルパンチとなります。いつものように、リスク資産は痛みを感じるでしょう。

暗号投資家は、肝心のCPIの数値が6.5%を超えて上昇しないことを祈るしかないですね。