なぜイーサリアムはマージ後に下落したのか?ETHが8%下落

なぜイーサリアムはマージ後に下落したのか?ETHが8%下落

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

噂は買い、ニュースは売り。

イーサリアムマージは無事に終了しましたが、直後の価格は投資家を失望させました。ここでは、オンチェーンにまつわるあらゆる事柄について、さっそくチェックをすることにします。

ファンディングレートがプラスに転じる

マージまでの間に、イーサリアムのファンディングレートは史上最低を記録しました。これはヘッドラインを引き起こしましたが、予想されたことでした。イーサリアムの保有者がETHのPoWトークンを受け取るため、投資家は価格エクスポージャーを排除しながらトークンを受け取るために、スポットETHのロングと先物のショートに移行したことを意味します。

これは明らかな裁定取引の機会であったため、単純な市場力学の法則では、ETH PoWトークンをロングスポットで受け取るためにETH先物をショートしてMergeに参加した投資家の数が多いことを反映して、資金調達レートが下がる必要があります。

マージ後、史上最低のファンディングレートは現在通常のレベルに戻り、さらにわずかにプラスに転じています。つまり、何もなく、通常のサービスが再開されたのです。

統合後にイーサリアムが下落したのはなぜか?

水曜日の朝、私が朝食(トーストと蜂蜜入りクロワッサン)を食べている間に、Ethereumがマージを完了していました。正確には「ブロック15,337,393で」です。

ETHの価格は1,598ドル前後で取引され、1,620ドルまでわずかに跳ね上がり、1.4%の上昇となりました。しかし、その後引き戻され、金曜日の朝(今回はオーツとブルーベリー)朝食を食べながらこれを書いているとき、ETHはマージ時のレベルより8%低い1,470ドルで取引されていました。

そして、マージは典型的なセルザニュースのイベントであることが判明しました。ビットコインがマージ完了時のレベルより2%低い水準で取引されていることを考えると、ETHのパフォーマンスが低下しているように見えます。

オプションも弱気なセンチメントのヒントを与えています。ETHの上昇局面では、弱気なダイバージェンスを伴うボラティリティ・スマイルが見られました。これは、行使価格をインプライド・ボラティリティにプロットすると、行使価格が低いほどインプライド・ボラティリティが高く(100%以上)、トレーダーが「ニュース売り」のシナリオに賭けていたことを示しています。

つまり、権利行使価格別のオプションの建玉を見ると、コールよりもプットの方が多く、トレーダーは価格の上昇よりも下落に賭けていたことになります。

連邦準備制度が最終的に価格を決定する

もちろん、9月20日と21日に開催される重要な連邦準備制度理事会(FRB)の会合で、今週の期待外れのインフレ指標を受けて、FRBは再び大幅な利上げを発表すると予想されるため、こうしたことは影をひそめることになるでしょう。

しかし、大きなイベントがあるからといって、価格が上昇するわけではないということはよく理解できます。これは、株式市場でよく見られる「噂を買って、ニュースを売る」イベントの典型的な例です。

とはいえ、イーサリアムの長期的な未来という意味ではマージはもう過去のことであり、スムーズに行われました。これは大きな成果であり、イーサリアム全体にとって非常に強気なものです。あとはジェローム・パウエル氏と経済が協力するでしょう。

eToro

今日eToroでETHを購入する

Bitstamp

Bitstampは法定通貨または人気のある暗号通貨での取引を提供している主要な暗号通貨取引所です。 Bitstampは完全に規制された会社でありユーザーに直感的なインターフェイス、デジタルアセットの高度なセキュリティ、優れたカスタマーサポート、複数の引き出し方法などを提供しています。

今日BitstampでETHを購入する