Grayscale Bitcoin Trustのディスカウントが史上最高値を更新した理由とは?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Grayscale Bitcoin Trustのディスカウントが史上最高値を更新した理由とは?

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要ポイント

  • Grayscaleは世界最大のビットコインファンドです。
  • 原資産(ビットコイン)に対するディスカウント率は50%を突破し、過去最高水準に達しています。
  • 埋蔵量や手数料の上昇などのハードルが高いため、すぐに割引が終了することはないでしょう。

Grayscale Bitcoin trustの純資産価値に対するディスカウントは過去最高水準にあります。割引率は一時50%を超えましたが、その後やや後退し現在は48.8%にとどまっています。

これは、SECがGrayscaleのtrustの上場ファンドへの転換申請を拒否した理由を再確認したことに起因します。

Grayscale Bitcoin Trustは世界最大のビットコインファンドですが、原資産であるビットコインと同じ水準で取引されることはほとんどありませんでした。上のチャートは発売以来ビットコインと比較してプレミアムで取引されていたことを示しています。

このファンドは、認定投資家が保有資産の保管や管理を心配することなくビットコインへのエクスポージャーを得ることを可能にします。以前は機関投資家がビットコインへのエクスポージャーを求め、株式への需要が急増したため、プレミアムで取引されていました。しかしこの利便性には手数料がかかり、その額は2%とかなり高額です。

2022年、Grayscaleの需要が減少

3月以来、Grayscaleの株式はBitcoinの割引価格で取引されています。このファンドの運用資産は107億ドルです。暗号市場の不況を反映して、昨年は65%もの大幅な落ち込みとなりました。

しかし、ビットコインへの割引は、株主が2倍の打撃を受けていることを意味します。

ETCグループの共同CEOであるBradley Duke氏は先週、「Grayscale Bitcoin Trustが現在50%近いディスカウントで取引されているという事実は、GBTCの保有者にとって最悪の状況です。投資ビークルによって構造の質に大きな差があることが本当に浮き彫りになりました。」とCoinDeskに述べました。

流入額の減少は、特に欧州で多くの競合ファンドが立ち上がり米国でもビットコインETFが複数申請されるなど、競争が激化したことに起因します。また投資家は信託内の保有資産をビットコインと交換する方法がなく、その間ずっと2%の手数料を取られているため、割引が発生しています。

これまでは価格の二項対立を利用した裁定取引によってこうした要因が薄れていました。しかし、今年に入ってからの出来事によってそれも減少しています。

Grayscaleの埋蔵量に関する懸念

先月からGrayscaleの親会社であるDigital Currency Group(DCG)が破産を申請するのではないかという懸念が市場で膨らんでいます。これは同じくDCGを親会社とする暗号ブローカーGenesisをめぐる問題が原因です。

Genesisは間もなく破産申請することを否定していますが、同社はFTXの崩壊に巻き込まれ、現在リストラ中です。Genesisは11月15日に引き出しを停止しました。

この懸念はGrayscaleの埋蔵量をめぐる疑問によって高まっています。つまり、彼らが約束に忠実ですべての基礎となるビットコインを安全に保持しているかどうかということです。多くの主要な暗号化企業が顧客の恐怖を和らげるために、FTX危機の余波で埋蔵量の証明を公表している中、Gray scaleは拒否しました。

セキュリティの懸念のために、我々はそのようなオンチェーンウォレット情報と確認データを暗号化されたProof-of-Reserve、または他の高度な暗号会計手続きによって一般公開しません。」とGrayscaleは声明で述べています。

当時も書きましたが、ここでセキュリティの懸念が出るのは本当に理解できません。ブロックチェーンはこのような情報が公開されるように構築されているのです。

結論

全体として、このディスカウントは投資家のGrayscaleに対する懸念と、原資産を所有する場合と比較して存在する余分な手数料やその他のハードルを要約したものです。アービトラージ取引は本来自滅的なものですから、ディスカウントがこれほど大きく、これほど長く続いているのは特筆すべきことです。

また、私が以前から書いているように透明性の欠如は、裏側で何が起こっているかを100%確実に知ることができないことを意味し、ここにもリスクが存在します。だからこそ50%のディスカウントが実現したのです。