なぜ誰も暗号取引中毒について話題にしないのか?

なぜ誰も暗号取引中毒について話題にしないのか?

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

主なポイント

  • 暗号通貨取引中毒のトピックについて、5 人の専門家パネルに話を伺いました。
  • 暗号通貨取引中毒とギャンブル中毒の間には、ほとんど違いがないというのが専門家の見解です。
  • ギャンブル依存症に最も影響を受けるのは若い男性で、これは暗号通貨取引を追求する可能性が最も高い層と全く同じです。
  • 暗号をフォロワーに宣伝するインフルエンサーは、全員一致で批判されました。
  • 暗号のボラティリティの高さは中毒者にとって大きな魅力であると、専門家は同意しています。
  •  規制当局は中毒を防ぐためにもっと努力しなければなりません。
  • 5人の専門家のうち、ギャンブルと暗号の両方がなければ世界はより良い場所になると答えたのはわずか1人でした。

はじめに

私は暗号通貨が大好きです。ビットコインはこの世界をより良い場所にすることができると思います。より広い仮想通貨業界で起こっているイノベーションは多くのセクター、経済、生活にプラスの影響を与えることができると信じています。

しかし、クリプトには暗い面もあります。

最近の市場の暴落で、大学資金や生活資金、友人や家族から借りたお金などを失った人たちがいます。自傷行為に走る人々の悲惨な話もあります。精神衛生上の問題もあり、多くの痛みを抱えています。

依存症は、本人だけでなく、その友人や家族にも影響を与える非常に深刻な病気です。私たちは主流のメディアではあまり取り上げられていない暗号取引への依存症を評価し、ギャンブルとの類似点を明らかにしたいと思いました。

専門家の紹介

そのためにデータを調べるだけでなく、専門家の方々にもインタビューを行いました。彼らの経歴と資格は以下の通りです。

  • Mark Griffiths教授ー公認心理学者、ノッティンガム・トレント大学行動中毒学特別教授
  • Jeremiah Weinstock教授ーセントルイス大学心理学部の教授、ギャンブル障害と介入としての運動に重点を置いた嗜癖行動を研究
  • Lia Nower教授ーギャンブル研究センターおよびアディクション・カウンセラー・トレーニング(ACT)プログラムの教授およびディレクター
  • John McAlaney教授ー公認心理学者、公認科学者、ボーンマス大学心理学教授
  • Tony Marini教授ーキャッスル・クレイグ・アディクション・リハビリ・クリニックのリード・クリプト・セラピスト

ギャンブル依存症との類似点

まず、このテーマに関する多くの研究によると、ギャンブル依存症になるリスクが最も高い層は、一般的に若い男性です。ピューリサーチが実施した調査を見ると、これは暗号投資家の最も人気のある層と相関しています。18~29歳の男性の43%が暗号を投資、取引、または使用したことがあり、全人口の16%と比較して、非常に高い割合でした。

第二に、暗号通貨投資とギャンブルが似ていることです。市場規模が小さく、ユースケースが不明確で、創設者が匿名であるアルトコインの領域にリスクスペクトルを移動すると、リターンが大きくなる(10倍以上)か、ゼロになる(これらのコインのほとんどは最終的に潰れ、一部は突然潰れる)可能性があります。したがって、これは従来の賭けと同じペイオフ・プロファイルです。

暗号通貨もギャンブルも、ある程度のリスクを共有している」とMcAlaney教授は述べています。「これは、人々がエキサイティングだと感じ、その行動に引き込まれる可能性があるものです。またギャンブルも暗号通貨も、ある程度のスキルが必要であり、その結果利益を得ることができるのです。

どちらの場合も、成功する人は少数派です。」と同氏は注意を促し、そこに問題があるとしています。

Nower教授は、暗号取引とギャンブル依存症は同じものであると断言し、その類似点を簡潔にまとめました。「この2つは異なる依存症ではありません。 暗号通貨の取引は、ギャンブル中毒の1つの形態になり得ます。

ギャンブルとは、利益を得ることを目的に、不確実な結果に価値あるもの(お金)を賭けることです。暗号を頻繁に取引する人(投資として暗号を保有する人)は、ギャンブルをしていることになります。

実際、専門家の間ではギャンブルと暗号依存症はあまり区別がつかないというのがコンセンサスでした。心理的側面、リスクプロファイル、不確実性、焦燥感などは、両者に共通するテーマです。

また「ノミ屋に勝つ」「市場に勝つ」という裏切り者の自己保証も、両業界の参加者の潜在意識をがっちりつかんでいるのです。

進む暗号中毒の成長

暗号は、数年前に登場したばかりのものであり、主流になってからまだ日が浅いことを忘れてはいけません。そのため、ギャンブル依存症のように危険性が大きく取り上げられることがないのも納得がいきます。しかし暗号が成長し続けるにつれて、問題も大きくなっていくのではないでしょうか?

専門家の間では、「イエス」というのがコンセンサスのようです。

Griffiths教授によると、状況的な要因も問題であるとのことです。「状況的特性とは、その行動をとることに影響を与える可能性のある環境における事柄を指します。ギャンブルの場合、地域内のギャンブル場の数、ギャンブルのマーケティングや広告、スマートフォンでギャンブルができるなど、ギャンブルへのアクセスが容易なことなどが含まれます。

彼は、この問題をきちんとした例えでまとめています。「ギャンブル依存症に関して言えば、隔週で行われる宝くじゲームに依存する人はほとんどいない(週に2回しか抽選がないため、非連続的なギャンブルである)のに対し、スロットマシンに依存する人ははるかに多い(時間とお金があれば、何度も何度も賭けることができるから。(連続的なギャンブルである)

以上のことから、暗号通貨が成長し続けるにつれ(現在に至るまで、初期のインターネットと同様の速度で成長している)依存症もそれに伴って増加する可能性が高いと思われます。取引所は毎日のように開設され、普及率は上昇し、多くの派生商品やサービスが生み出されています。

また、暗号通貨取引は24時間365日行われていることも特筆すべき点です。従来の金融市場とは異なり、暗号市場は決して閉鎖されることはありません。同様に、スポーツベッティングではイベントがあるときだけ賭けることができますが、暗号には「オフタイム」がありません。

暗号を推進するインフルエンサー

従来の常識が専門家の意見に裏打ちされている中で、私たちが不思議に思ったことがあります。なぜインフルエンサーは、フォロワーに無名の暗号通貨を売り込み、手数料を払ってこれらのコインを宣伝することが許されているのでしょうか?

キム・カーダシアンは昨年6月、2億2800万人のフォロワーに向けたインスタグラムの投稿で、「あなたたちは暗号に興味がありますか」と書きました。彼女はその後、明らかにコピー&ペーストの暗号通貨であるイーサリアムマックスの宣伝を進め、その後99%下落しました。

少なくとも1つの当事者は、著名人への再攻撃を望んでいます。ポンピング・アンド・ダンピング詐欺に参加したとして、彼女に対して集団訴訟が起こされており、トークンは99%下落しています。特に懸念されるのは、カーダシアンのフォロワーの多くが未成年で感受性の強い層であることです。

専門家の間では、インフルエンサーがフォロワーから搾取することに嫌悪感を抱いているというのが、ほぼ一致した意見でした。Marini教授は、インフルエンサーは「お金のことしか考えておらず、人々の健康には関心がない」と断じました。またNower教授は、インフルエンサーは「一般人のFOMOを利用して祈るようなもの」と述べました。

Weinstein教授は、前回の状況的要因のセクションとリンクして、「(インフルエンサーが)これらの通貨を宣伝することは、利用可能性を高める」という興味深い指摘をしました。 「利用可能性は、依存性障害を発症するために必要な要素である」と述べています。

Griffiths教授もこの意見に賛同し、インフルエンサーが中毒のプロセスにおいて重要であることを強調しました。「インフルエンサーとは、(上記の依存症に影響を与えるさまざまな特性のうち)個人がそもそもどのように取引を始めるかを説明する状況的な特性のことです。

日々依存症者と接している人たちのインフルエンサーに対する蔑視は明らかで、彼らが直面する反響が全くないことに驚かされます。カーダシアンに対する訴訟については前述しましたが、そこから何かインパクトのあるものが生まれるとは思えませんし、ブルランの間中、同様のセレブリティからの投稿が目白押しです。

仮想通貨のボラティリティとメンタルヘルスの関係

暗号の世界がいかに不安定であるかは、よく知られています。価格は一瞬で急騰することもあれば、激しく暴落することもあり、今年もそうでした。私たちはこのボラティリティが中毒の程度やメンタルヘルスに与える影響にどの程度影響するかを評価したいと思いました。

ボラティリティは、精神衛生上の負担をもたらす唯一の要因とは程遠いものの、重要な側面であるというのがコンセンサスでした。「個人によっては、ボラティリティが刺激的で、市場の「時間」を計ろうとするスリルを追い求めることになる」とWeinstock教授は述べています。さらに、「個人が暗号投資を自分のアイデンティティと結びつけることで、自尊心に影響を与え、うつ病や不安の一因となる」と注意を促しました。

Nower教授はボラティリティがもたらす「中毒サイクル」について、「先入観、撤退感情、耐性(同じレベルの興奮を感じるためにもっと買う必要がある)、追跡(損失を取り戻すためにもっと買う)」と注意を促しました。その結果、「精神的に追い詰められ、生活する人々や責任を放棄してしまうこともある」と述べています。

これは理にかなっています。価格が時速100万マイルで動いているとき、ドーパミンの追撃、アドレナリンラッシュ、関与の感覚はすべて高まります。暗号通貨では、静かな日はめったにありません。つまりラッシュが簡単に得られるのです。

法規制と暗号依存症

依存症の脅威は非常に強く、暗号も無縁ではありませんが、依存症に陥るのを防ぐためのいくつかの側面に注目することが重要です。

専門家の回答から浮かび上がった最初のテーマは、関係する企業がもっと努力する責任でした。「暗号業界は、NYSEや他の株式市場にならって、市場にあるお金は一攫千金のスキームではなく投資であるという考えを広めるべき」とWeinstock教授は訴えました。Nower教授は、「問題ギャンブラーを支援するリソースともっと連携すべきだと思いますが、もちろん、自分たちの商品がギャンブルと見られるのは嫌でしょう。」と述べています。

もうひとつ気になったのは、年齢制限についてです。ギャンブルと同じように、暗号取引にも最低年齢を設けるべきかという質問には、ほとんどの専門家が賛成しました。

Nower教授は、「年齢制限を設けることで、衝動的になりがちな若い人たちを守ることができる」と述べ、さらに「リスクの高い株式についても同じことをする」とまで述べました。

McAlaney教授も同意しましたが、「これを規制するのは非常に難しい」と警告し、「仮想通貨に興味を持つようになるタイプの人は、コンピューターシステムを回避する方法を理解し、知っているタイプの人であることが非常に多い」と付け加えました。

Weinstock教授は、「暗号通貨業界は、NYSEや他の株式市場にならって、市場でのお金は一攫千金ではなく、投資であるという考えを広めるべき」と提案し、専門家全員が中毒に限らず、市場全体に規制がないことを指摘しています。Marini教授は「そもそも規制されるべきものだ」と簡潔に述べています。

Griffiths教授は、「潜在的な問題や中毒性がある製品を扱うサービス提供者は、顧客に対して注意義務を負っている」と指摘しました。しかしこの点については、企業がその役割を果たしていないというのが、共通の見解のようです。 「もちろん、個人は自分の行動にある程度の責任を持たなければならないが、だからといってギャンブル会社や商社が自らの責任から免れるべきということにはならない」と彼は付け加えました。

興味深いことに、5人の専門家のうち1人だけが、ギャンブルも暗号もないほうが世界は良くなると主張しました。これは問題を完全に禁止するのではなく、取り締まり、規制、支援、研究すべきであると強調しています。

結論

暗号通貨取引依存症は、非常に危険で現実的な病気であることがここでの調査からわかると思います。ギャンブル依存症との違いはほとんどないように見えますが、主流メディア、インフルエンサー、一般市民の間では、ギャンブルの広告や推奨が通常注意されるのと同じように、これらの落とし穴を考慮しない態度がとられています。

暗号が爆発的に普及し、今年の価格下落にもかかわらず急成長を遂げているため、この業界は無くなることはありません。つまり残念ながら、取引依存症もなくならないということです。

今こそこの問題が何であるかを認識し、その解決に乗り出す時なのです。

上記は、このトピックに関する 5 人の専門家とのインタビューの要約です。完全な Q&A については、以下のリンクを参照してください。

あなた、またはあなたの知り合いがギャンブルや暗号の中毒に苦しんでいる場合、助けを求めてください。NCPGhealth-tourism.comproblemgamblingguide.comなど、場所によってはオンラインで利用できるリソースや電話番号が多数ありますし、知り合いに相談してみてください。この記事が、このような依存症がいかに危険であり、また一般的なものであるかを示すものとなることを願っています。

参考資料

ギャンブラーの人口統計 -> こちら

暗号人口統計 -> こちら