ビットコインは立ち直れるか?2022年の痛みがこれまでと違う理由

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

ビットコインは立ち直れるか?2022年の痛みがこれまでと違う理由

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • ビットコインは2018年以来の最悪の年である64%減で年を終えました。
  • 今回の弱気相場は、ビットコインの歴史上初めて、より広い経済も引き下げたという点で異なっています。
  • ビットコインの株式市場との相関性は非常に高く、リスクの高い資産のように取引されていることが証明されています。
  • ファンはこの連鎖が切れることを望むでしょうが、現在、ビットコインにとって困難なマクロ環境として提示されており、当然のことながらそれは昨年その価格を押しつぶしたものです。

暗号通貨投資家は、悲惨な2022年の帳尻合わせに満足していることでしょう。

世界が新たな金利パラダイムに移行し、低金利で安いお金の時代が正式に終わったことで、資産クラス全体の価格が暴落したのです。リスク資産は崩壊し、暗号ほどリスクスペクトルの外側にある投資はありません。

ビットコインを見ると、世界を代表する暗号通貨は年初の46,311ドルに対し、16,547ドルで年を越しました。これは64%の下落に相当します。しかし、爆発的な上昇と骨抜きになる損失の両方で悪名高いこの資産のパフォーマンスは歴史的に見てどれほど悪いものだったのでしょうか。

2022年はビットコインにとって2番目に悪い年

十分な流動性と価格データが得られた最初の年である2011年以降の年間リターンを見ると、今年のビットコインの64%下落は2018年の72%下落に次ぐ最悪の数字であることがわかります。後者は2017年後半に2万ドルに向けて駆け上がった後であり、ビットコインが真にメインストリームの意識に入った最初の時でした。

このような状況の中、数字を見ると2022年もただの1年かもしれません。ビットコインは以前何度も下落し、必ずリバウンドしています。今回は残念なことに、キャッチがあるのです。

史上初めて不況を経験するビットコイン

サトシ・ナカモトがビットコインのホワイトペーパーを発表したのは、世界金融危機の余波を受けた2008年のことでした。Genesis Blockには、イギリスの新聞The Timesへの言及があります:首相、「銀行に対する2度目の救済措置の瀬戸際に。」(英国タイムズ紙、2009年1月3日付)

2009年に取引が開始されたビットコインは、ゼロ金利(あるいはマイナス金利)、マネープリンター、リスク資産の爆発的リターンの環境であるこのポスト危機の環境に押し出されたわけです。ビットコイン発売後の株式市場のリターンを見てみると、今年までは順風満帆であったことがわかります。

その歴史上初めて、ビットコインは経済全般の引き下げを経験しているのです。マネープリンターが停止、金利が引き上げられ、フェデラルファンドレートは現在4.25%-4.5%となっています。

一部のビットコイン福音主義者が何を主張しようともビットコインは高リスクの資産として取引されているため、これは極めて重要なことです。S&P500との相関が空高く、この記事で書いたように2022年4月に金利が引き上げられ始めてから昨年上昇しただけで、価格データは疑う余地もなくこれを単純に証明しているのです。

以前の弱気相場は同じではない

これが、ビットコインの過去の弱気市場のバウンスバックを外挿することがナイーブである理由です。世界は今ビットコインの歴史上のどの時期とも異なる場所です。自由なお金のアップオンリー市場は永遠に続くことはできず、今こそビットコインがその実力を世界に示すべき時です。

ビットコインはしばしば金と比較されますが、輝く金属は投資家が財産を維持するためのヘッジと評判の良い価値貯蔵とみなすことができることを長いサンプル空間にわたって証明してきました。金のリターンを歴史的にプロットしてみると、不透明な時に上昇することがよくわかります。このようなチャートは、不況に突入したときに見たいものです。

残念ながら、ビットコインは今日まで株式市場と超高相関で取引されてきました。いずれ、この連動性が解消されることを支持者は望んでいます。議論の余地がありますが、今確実に言えることはビットコインは「ヘッジ」から限りなく遠いということです。

連邦準備制度理事会がハト派に転じて利上げを緩和すれば、資産価格は再び上昇し、ハイテク株やビットコインのようにリスクスペクトラムから離れたものが大きな勝者となることは間違いないでしょう。

長期的にはこの相関関係を断ち切り、ビットコインが憧れの価値貯蔵通貨になれるかどうかが1兆円単位の問題です。