キャピタルゲイン税導入後、暗号投資家はポルトガルから逃げ出すのか?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

キャピタルゲイン税導入後、暗号投資家はポルトガルから逃げ出すのか?

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

ここ数年、ポルトガルは暗号投資家にとって安全な避難所となっています。

暗号が高値に次ぐ高値へと急増したため、多くの人がパンデミックを通してそこに移動していたため、今、敷物が引き剥がされようとしているのです。

ポルトガル政府は、2023年の国家予算の一部として、新しい暗号通貨税制を提案しました。450ページに及ぶ財政に関する文書には、暗号通貨の利益に対する28%のキャピタルゲイン税が含まれています。

この28%のキャピタルゲイン税はポルトガル国内では標準的なものであり、暗号ブロスとブロデットにとってはもはやパラダイスではないことを意味します。さらに暗号の無償譲渡には4%の税金がかかり、特定の場合にはさらに印紙税が課されます。

しかし重要なのは、1年以上保有した暗号の売却による利益は、このような税金を免除されることです。つまり提案されているキャピタルゲイン税は、現実には取引税に近いものなのです。

ポルトガルは以前にこれをほのめかしていた

この動きは驚きではありません。Fernando Medina財務大臣は5月に、暗号通貨をキャピタルゲインの網にかける動きは遅かれ早かれやってくると発表していたのです。

今回の決定は、暗号通貨を貨幣ではなく投資として再分類する動きを受けてのもので、今後はキャピタルゲイン税に引っかかるということです。

リスボンとマデリア島

ポルトガルの首都リスボンは、欧州の暗号ハブの1つと見なされています。また、ポルトガルは多くの国よりも簡単に居住権を得ることができるため、暗号投資家をさらに惹きつけています。

このことが今後どのように影響するか、興味深いところです。ヨーロッパの暗号ホットスポットとしての地位を確立するために、管轄区域間の競争は熾烈を極めています。スーパースターサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドの出身地であるポルトガルのマデリア島は、マイアミで開催された最新のビットコイン会議において、ビットコインを法定通貨として発表し、意思表示を行いました。

スイスの小都市ルガーノは、ヨーロッパでビットコインが事実上の法定通貨となっている唯一のスポットです。ビットコインに加え、ステーブルコインであるTetherも事実上の法定通貨であり、ルガーノ専用のステーブルコインも開発中です。

最終的な考え

ベアマーケットがうなり声を上げ、投資家があちこちで痛い目にあっている中、キャピタルゲイン税が課せられるには、利益を確保する必要があることを改めて認識させられます。

従って、キャピタルゲイン税が課されるようになったとしても、短期的には支障はないでしょう。1年以上前に得た利益は免除されることを忘れないでください。そしてビットコインが11ヶ月前に69,000ドルで取引されていたことを考えると、この28%の税金が間近に迫っていることを心配するトレーダーは、おそらくあまりいないのではないでしょうか。これは希望の兆しと言えるかもしれません。

とはいえ、ルガーノやその他の地域がデジタルマネーの誘致に乗り出す中、暗号愛好家たちが他の場所に店を構え始めるかどうかを追跡するのは興味深いことです。