SandboxとMetacadeはメタバース市場のリーダーになるのか?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

SandboxとMetacadeはメタバース市場のリーダーになるのか?

By Alice Davies - 分読み (ショート)

Facebookがメタバースへの進出を発表し、2021年10月に社名をMetaに変更した直後、メタバーストークンが急騰しました。そのひとつがThe Sandboxで、その後スポットライトを浴びることになったトークンです。しかし、新たに参入するエキサイティングなプロジェクトもたくさんあり、最近SNSで話題になっているのが「Metacade」です。

今日は、The SandboxMetacadeが市場をリードするメタバーストークンとなり、次の最高の投資となる可能性がある要因について見ていきます。

The Sandboxとは?

The Sandboxは、イーサリアムブロックチェーン上で動作する分散型3D仮想世界です。ユーザーは、代替不可のLANDトークンで土地を購入し、SANDトークンを使って、共有し、収益化できる経験を構築します。このため、本格的なインディーズゲームThe Sandboxのメタバース内で開発されており、プレイヤーは珍しいウェアラブルを身につけたカスタマイズ可能なアバターを使って交流します。

そのブロックベースの建物のデザインは、Minecraftに非常に似ていますが、デジタル所有権が混在しているため、可能性は10倍になっています。

The Sandboxが市場をリードする理由とは?

オーナーベースの経済

伝統的に、 Robloxのようなユーザー生成コンテンツに重点を置くゲームは、プレイヤーが苦労して得た報酬から多くの分け前を得ます。The Sandbox gameは、このモデルを破壊するというビジョンを持って立ち上げられ、その代わりに、ユーザーは自分のアイテムや経験を本当に所有することができるようになりました。ASSET NFTとは、The Sandboxのマーケットプレイスで売買できる乗り物、動物、建造物などのオブジェクトのことです。ゲーム全体も非売品で、GAMEトークンで表現されます。

ピクセルベースの作成

The Sandbox gameには、VoxEditと呼ばれるアイテムビルダーが搭載されています。各ブロック/ピクセルはボクセルと呼ばれ、それらを組み合わせることでキャラクター、建物、動物など、思いつく限りのオブジェクトを作ることができます。このためプレイヤーは好きなものを自由に作ることができ、作ったものをASSET NFTに変換して、エクスペリエンスで使用することができます。

ゲームメーカー

The Sandboxの醍醐味のひとつは、ユーザーが所有するLANDをベースに、自分で作ったりマーケットプレイスで購入したASSETを使って作ることができるGame Makerです。これによって、コードを知らなくても、誰でも無料で、自分のアイデアを実現することができます。

Metacadeとは?

Metacadeは、ユーザーがブロックチェーンベースの新しいゲームを発見し、Play2Earnの愛好家仲間とつながり、メタバースゲーミングの将来の発展に意見を述べるための仮想アーケードです。The Sandboxと同様に、Metacadeは、利益を優先してコミュニティを後回しにするベンチャーキャピタルが出資するゲームスタジオと決別したいと考えています。その代わりに、Metacadeの開発チームは、プレイヤーの手に価値を取り戻したいと考えています。

彼らは、3つの側面に焦点を当てています。Play2Earn、Create2Earn、Work2Earnの3つの側面から、現在のGameFiの風景に革命を起こす可能性が高いです。探ってみましょう。

Metacadeをマーケットリーダーへと押し上げるものは?

Play2Earnで優位に立つ

Play2Earnの人気が高まるにつれ、市場におけるプレイヤーやゲームの数も膨大になり、a)最高のゲーム、b)最も報酬の高いゲームを見つけることが難しくなっています。Metacadeでは、Play2Earnを最大限に活用するために、レビューを読んだり、リーダーボードのランキングを見たり、ヒントをリアルタイムで共有したりすることができます。(報酬を得ることもできます)

コミュニティ主導の資金調達

Metacadeの最もエキサイティングな側面の1つは、ユーザーがお気に入りの新進気鋭のプロジェクトに資金を提供するために投票するMetagrantsの開始です。勝者は、プロジェクトの開発資金を得るだけでなく、Metacadeのコミュニティは、開発者と直接交流し、テストを行い、ゲームの成功のためにフィードバックを与えることができます。Metacadeアーケードを通じてこれらのゲームをリリースすることで、コミュニティ主導のプロジェクトがシステムにフィードバックされ、プラットフォーム全体が強化されます。

GameFiのギグエコノミー

Metacadeの将来のビジョンの一つは、ユーザーがログインし、同じ考えを持つ愛好家とチャットし、好きなゲームをプレイし、好きなことをするためにお金を払う機会を見つけることができるプラットフォームを作ることです。数時間のゲームのテストから、ブロックチェーン開発の大手企業でのインターンシップまで、さまざまな仕事を見つけることができるかもしれません。

トーナメントで好きなゲームをもっと楽しもう

Metacadeトークン「MCADE」を使って、お気に入りのゲームから豪華賞品を獲得できるトーナメントに参加することができます。友達とチームを組んだり、ソロで参加したり、自分のスキルを発揮して、お気に入りのPlay2Earnゲームからさらに多くの賞金を獲得しましょう

MetacadeとThe Sandboxのどちらを買うべき?

The Sandboxがプレイヤーがプレイするゲームだとすれば、Metacadeはこれらのゲームを見つけるための場所です。Metacadeはその成功をブロックチェーンゲーム業界の成長に依存し、The Sandboxはそのユーザーベースの成長のみに依存しているため、Metacadeが最もリスクが低いと言えるでしょう。

どちらのプロジェクトも、メタバースの将来にとって大きなメリットとなる可能性があります。しかし今後3年間のブロックチェーンゲームの成長率は10倍と予測されており、Metacadeがトップに立ってもおかしくはないだろう。

The Sandboxは、こちらのeToroで購入することができます。

Metacadeの先行販売にはこちらから参加できます