Binanceから引き出しが殺到、CZは「スムーズではない」道のりを警告

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Binanceから引き出しが殺到、CZは「スムーズではない」道のりを警告

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要ポイント

  • Binanceでは先週、30億ドルの資金がプラットフォームから流出しました。
  • USDCの引き出しは停止していましたが、現在は再開しています。
  • 資金流出の洪水は、この分野での信頼性がいかに低いかを浮き彫りにしています。

Binanceがまたもや大混乱に陥っています。

世界最大の暗号通貨取引所は、プラットフォームからの引き出しが前例のないほど急増しています。オンチェーンデータによると、この1週間で30億ドル以上の資金が同プラットフォームから流出しました。

これは、投資家を怯えさせたストーリーに続くものです。1つ目は、マネーロンダリングに関する数年にわたる捜査に関連して、CEOのChengpeng Zhao氏に対して刑事告発が行われる可能性があるという報道でした。

その後、USDCステーブルコインの引き出しが停止しましたが、これは銀行営業時間外に予想外の大量の流出が発生したためです。(スワップはニューヨークの銀行を経由する必要がありました。)その後USDCの引き出しは通常通り再開され、合計で約8時間のダウンタイムとなりました。

FTXの崩壊後、パニックに陥る顧客

しかし引き出しが殺到している本当の理由は、元CEOのSam Bankman-Fried氏が月曜日に逮捕されたFTXの壮絶な崩壊によって、暗号業界の信頼が失われたからです。

これは、正直な企業にとっては必ずしもフェアなことではないですが、理にかなっています。顧客はまず自分自身を守る必要があり、塵も積もれば山となるというように、今すぐにでも撤退するのが道理です。

Binanceの公式な準備金証明アドレスによると、ビットコインの流出も過去48時間で著しく上昇しています。

Binanceはまた、埋蔵量の証明という粗雑な試みで自らを助けておらず、業界の懸念を鎮めるには何の役にも立っていないのです。この開示は負債を示さないので、すべての資産が裏付けされているかどうかを公正に評価することになると、冗長になることを意味します。

米ドル引き出しの停止や埋蔵量証明の透明性の欠如などの懸念は、最終的に信頼という点で最後に追い討ちをかける要因となり、投資家は出口に殺到しました。

CZは「スムーズではない」道のりを警告

もちろん、資金が流出すること自体は問題ないのですが、それは、何も問題がないことが前提です。とはいえ、顧客が自分で確認できず、CEOの言葉を信じなければならないというのは決して安心できるものではありません。

先月、他のあるCEOが業界全体を燃やしたたばかりですから。

しかし、これはFTXと同じ状況ではありません。

「Binanceから通常よりも大きな引き出しが行われているのは確かです。間違いなく注視する価値はありますが、現時点で私が知る限り、これはFTXの状況とは非常に異なっています。」と、ブロックチェーン分析会社NansenのCEOであるAlex Svanevik氏はCNBCのインタビューに答えました。

BinanceのCEOであるZhao氏は、今後課題がある一方で、Binanceはうまくいくだろうと断言しました。「今後数カ月は波があることが予想されるが、我々はこの困難な時期を乗り越え、それを乗り越えたことでより強くなる。」とZhao氏はBloombergが見つけた社内メモに書いています。

業界における変革の時

要するに、あなたがBinanceについて何を信じていようとも、現実はここに透明性の欠如があり、投資家は今年業界を揺るがした数々の不祥事を考慮して猜疑心を抱いているということです。

暗号貸し手であるCelsiusなど多数の企業を陥れたLUNA騒動の後に残っていた信頼のかけらも、FTX騒動の驚異的な規模に続き、今や壊れています。

Binanceは、これだけ圧倒的なシェアを誇っているのですから、より高い水準で自らを律する義務があります。これまでのところ埋蔵量の証明に関する同社の取り組みは不十分で、暗号の世界はすべてがうまくいっていることを保証するために、またCEOのつぶやきに頼っている状態です。