ホームニュースYellen議長、ロシアによる制裁回避のための暗号の「重要な」使用はないと発言

Yellen議長、ロシアによる制裁回避のための暗号の「重要な」使用はないと発言

Janet Yellen米財務長官は、水曜日に米下院金融委員会に出席した際にこのように述べました。

ウクライナ侵攻以来、制裁がロシアに大きな打撃を与え、外貨準備が枯渇していることから、ロシアが制裁を回避するために暗号に目を向ける可能性があるという意見もあるようです。

CoinbaseやKrakenを含む主要な取引所は、ロシアがこのルートを取る可能性は低いと以前に述べています。

米国は取引所に対して、疑わしい取引を促進することでロシアを「助ける」ことに対して警告していますが、専門家の全体的な評価では、暗号はありえない選択肢であるとの見解です。

制裁回避のための「重要な」暗号はない

米国のYellen財務長官は、水曜日に行われた下院金融委員会で、この展望に声を加えました。

Yellen氏は「暗号が制裁回避の道具として使われる可能性は、明らかに認識しており、そうならないよう注意深く監視している。」と指摘しました。

彼女は議員に対して、ロシアに関連する大規模な取引があるかどうかを見分ける能力を米国は持っていると述べました。また、ロシアが制裁を逃れるために暗号を使用する「重要な」ポインタがないことを示唆する発言で、当局がこれを把握していることを付け加えました。

元米国連邦準備制度理事会議長は下院委員会での証言で、「今のところ暗号を使った重大な回避は見られないが、慎重に監視し、これが回避のための主要な手段でないことを確認するために我々の持っている権限を行使する。」と述べています。

3月上旬、Yellen氏は、暗号が制裁回避に利用されているという話があると述べましたが、彼女は連邦当局がこの分野を監視しており、利用される可能性が高いほとんどの暗号取引所はAML(マネーロンダリング防止)ガイドラインの対象になっていると繰り返しました。

また、プラットフォームも制裁ルールを遵守しなければならず、回避が「完全に」進められるセクターではない、と彼女は付け加えました。

Yellen氏の発言は、ブロックチェーン分析会社のChainalysisが3月に米上院銀行委員会で行った証言でも、ブロックチェーンに目立った証拠はないと指摘した結論を反映しています。

水曜日、米国の議員たちは、米国に拠点を置く取引所にロシアに拠点を置くユーザーの取引を禁止させようとする法案を提出しました。新法案はまた、ジョー・バイデン大統領に、ロシアを支援しているとみなされる外国ベースの暗号取引所を制裁する権限を与えようとするものです。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。