ザッカーバーグ氏のメタバースへの賭けは不調に終わる

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

ザッカーバーグ氏のメタバースへの賭けは不調に終わる

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

Metaの本家マーク・ザッカーバーグ氏はパントマイムの悪役といえるでしょう。

Facebookが昨年、業界全体がどこへ向かっているのかについての意思表示として、「Meta」として再ブランド化することを発表したとき、一部の人々を失望させました。

「メタバースを名乗るとは何事だ」と、多くの人が非難しましたが、メタバースという漠然としたコンセプトがWeb3と呼ばれるようになり、このような声も少しは収まったようです。

苦戦するMetaのビジョン

しかしMetaに、そしてソーシャルメディアの新時代を切り開こうとする彼らに、一体何が起こっているのでしょうか?

ザッカーバーグ氏の発表は、Facebookの株価が今日129ドルで取引されているように、売り込みの嵐を鎮めるには何の役にも立たず、ブランド再構築の発表以来59%の急落というひどい状態になっています。

         

Metaのブランド変更から約1年、ザッカーバーグ氏はレディ・プレイヤー・ワン的な仮想現実世界というユートピアのビジョンを掲げていますが、それがこれほど遠のいたことはありません。

何千人もの従業員がこの目標に取り組んでいますが、これまでのところ控えめに言っても圧倒的な成果が出ていません。今週、内部メモがリークされ、Vergeがそれを報じました。

その内容は、皆さんも同意されると思いますが、陰鬱なトーンのものでした。

なぜ、自分たちが作った製品を、ずっと使うほど愛せないのでしょうか?」 Metaのメタバース担当副社長であるVishal Shah氏はそう問いかけました。

シンプルな真実は、私たちがそれを愛していないなら、どうしてユーザーがそれを愛することを期待できるのでしょう?」と彼は付け加えました。

紙くず、安定性の問題、バグの総量が、我々のコミュニティがHorizonの魔法を体験することを難しくしています。」と、Metaの仮想現実ゲームに言及した別の引用文がありました。

市場全体に遅れをとるメタバーストークン

あれから1年、メタバーストークンの落ち込みは激しいです。もちろん暗号通貨トークンは市場全体が崖っぷちに落ちていますが、それにしてもメタバース関連トークンの下落の規模は憂慮すべきものです。

CoinMarketCapのトップ100の中で「メタバース」関連に分類される9つのトークンを見てみると、Metaのリブランド以降の平均下落率は大変なものです。下のグラフにプロットしてみました。

         

さらに懸念されるのは、これらのゲームのユーザーが減少していることです。Decentralandのアクティブユーザー数については誤報があったようで、1日のアクティブユーザー数が38人という驚くべきデータが誇張されていることが判明しましたが、実際のところ、これらのメタバースゲームへの関与はトークン価格に連動して崩壊しているのです。

これからどうなる?

ザック氏にとっては、つらい時期が続いています。今週はアメリカの富裕層トップ10からも外れてしまい、またしても苦汁をなめているのです。

実際のところ、漠然とした、しかし魅惑的なメタバースの苦闘は気になるところです。ゲームは、従来の非ブロックチェーンゲームの基準で作られ、苦戦しています。トークン価格は底をつき、その結果、プレイ・トゥ・アーンのモデルは、大きな収益を得る可能性がなければ、これらのゲームはただ…楽しくないといえるでしょう。

ここからザック氏とMetaがどのように構築されるかを見るのは興味深いでしょう。しかし、当分の間これまでの彼らのメタバースへの賭けは賢明ではなかったことは事実です。