ホームPolygon
Polygon logo
Polygon および eToro

Polygon とは、そしてどのように機能するのか?

Polygon logo
Polygon (MATIC)
...
24変化
...
7日間変化
...
時価総額
...

ほとんどの人が暗号通貨について考えるときはそれらを通過交換の手段と考えています。ただし同業界は過去数年間で進化しており、暗号コミュニティ内の特定の問題を解決するために設計されたコインがあります。そのようなコインの1つとして、以前はMaticとして知られていたPolygonです。

暗号通貨はEthereum と互換性のあるブロックチェーンを開発および接続するためのプロトコルおよびフレームワークであり、基本的にこのプロジェクトによってEthereumブロックチェーンが他のブロックチェーンと簡単に接続できるようになることでスケーラブルをはるかに高めます。 Polygonは、個別のブロックチェーンが簡単に相互作用することで価値と情報を交換できる世界を作成することを目的としています。

Polygonが発明されたのはなぜですか?

Ethereumブロックチェーンは、暗号通貨の分野で最も有用なものの1つです。ただし、スループットが低いことやガス料金が高いなどの特定の制限があります。PolygonはEthereumブロックチェーン上のこれらの問題のいくつかを軽減するために作成されました。暗号通貨プロジェクトはEthereumネットワーク用のブロックチェーンのインターネットを開発することで、Ethereumブロックチェーンと互換性のあるネットワークのエコシステムを作成することを目的としています。

これを達成するために、Polygon開発チームは人々がEthereum 互換のブロックチェーンを簡単に起動できるようにするシンプルなフレームワークを提供しています。数回クリックするだけで、Ethereumと互換性のある独自のネットワークを作成できます。

Polygonを使用すると、Ethereumネットワークは相互運用性を実現してEthereumブロックチェーン内および他のブロックチェーンとのメッセージ交換を容易にします。当初このプロジェクトは当時のEthereum のL2スケーリングソリューションでMaticと呼ばれていました。ただし、開発者がプロジェクトの範囲を拡大してブロックチェーンのインターネットのフレームワークにするためにブランドを変更する必要がありました。

Polygonに投資する準備は出来ましたか?

Polygonはどのように機能し、その背後にはどのようなテクノロジーがありますか?

Polygonをユニークなプロジェクトにしているのは、ブロックチェーン開発者がカスタムブロックチェーンを簡単に起動および構成できるようにするための様々なモジュールを提供していることです。Polygonが提供するガバナンスおよびコンセンサスモジュールによって、開発者はカスタムブロックチェーンでプロジェクトを立ち上げて実行するプロセスが簡単になります。

Polygonネットワークで開発されたブロックチェーンは、プルーフオブステーク(PoS)サイドチェーンが提供するメリットを享受できます。全てがEthereumブロックチェーンでファイナライズされるため、Matic PoSサイドチェーンはバリデーターのグローバルネットワークを活用することで高速トランザクションを保証して高コストのトランザクションを削減します。

現在のPolygonは、保護されたチェーンと独立したチェーンの2つの主なタイプのチェーンをサポートしています。それは、それらがEthereumネットワークと互換性のあるセルフソブリンブロックチェーンであることを意味します。一方でセキュリティで保護されたサイドチェーンは、利用可能なバリデーターのネットワークを利用することでセキュリティを強化します。

Polygonプラットフォームはブロックチェーンが相互に通信しやすくすることを目的としているため、多数のブロックチェーンスケーリング手法をサポートすることを目的としています。サポートされているスケーリングソリューションにはオプティミスティックロールアップ、バリダムチェーン、マティックプラズマ、zkロールアップなどがあります。ただし現時点でのPolygonはMatic Plasmaスケーリングソリューションのみを統合していますが、今後数回の更新でその他のソリューションを展開する予定です。これは、各ブロックチェーン開発者にニーズに合ったスケーリングソリューションを選択するオプションを提供するためです。

Polygonはリアルマネーですか?

Polygonは実際のお金と見なすことはできず、暗号通貨の分野でもMATICは支払いコインと見なされる暗号通貨の1つではありません。MATICの主な目的はガス料金の支払いやその他のネットワーク活動に使用されることであり、さらに分散型ファイナンス(DeFi)エコシステムの他の領域でも使用できます。

Polygonの料金と費用

Polygonネットワークの主な目的は、Ethereumブロックチェーンに影響を与える問題のいくつかを解決することです。そのような問題の1つはガス料金が高いことであり、一部の開発者がブロックチェーンでプロジェクトを立ち上げるのは事実上困難です。

Polygonネットワークには設定料金はありません。ただし、PolygonネットワークのトランザクションコストはEthereumブロックチェーンで見られるもののほんの一部です。 Polygonは2つのネットワークの取引手数料を比較した統計をウェブサイトに掲載しており、Polygonの統計は思ったよりもはるかに安価です。これは開発者がEthereumブロックチェーンの高額な取引手数料の一部を回避できることを意味しており、例えばEthereumネットワークでのETH転送の費用は14ドルを超えており、Polygonでは1ドルの何分の1かの費用がかかります。

暗号通貨交換および仲介プラットフォームの場合、MATICの取引手数料はプラットフォームによって異なります。各プラットフォームには取引手数料モデルが設定されており、ユーザーは取引する前に暗号通貨取引所で取引手数料を確認する必要があります。

Polygonの利点は何ですか?

Polygonブロックチェーンとそのネイティブ暗号通貨は、ユーザーに幅広いメリットを提供します。それらのいくつかは次のとおりです。

相互運用性

Polygonの主な利点の1つがその相互運用性です。ブロックチェーンはMATICトークンの助けを借りて、ブロックチェーンが互いに簡単に相互作用できるようにします。トークンはEthereumのインターネットのブロックチェーンとして機能するPolygonプラットフォームを強化します。

低ガス料金

MATICトークンのおかげで、開発者はEthereumブロックチェーンを使用するメリットを享受できるだけでなくネットワークに関連する高額なガス料金を回避することもできます。開発者はEthereumブロックチェーンと比較すれば、Polygonネットワークでのわずかなガス料金しか支払うことしかありません。

スケーリングソリューション

Ethereumブロックチェーンは常にスケーラビリティに苦労しており、それがネットワーク上の一部の分散型アプリケーションを妨げてきました。ただし開発者がPolygonネットワークを使用すると、Ethereumブロックチェーンのメリットを簡単に享受でき、スケーラビリティの問題を回避できます。 MATICトークンはブロックチェーンに電力を供給しており、トランザクションができるだけ早く承認されるようにします。

Polygonは匿名で使用できますか?

一部の暗号通貨はユーザーが匿名でそれらを受信および転送できると主張していますが、MATICはその内の1つではありません。 MATICはPolygonネットワークでガス料金を支払うために使用されるため、プライバシーに重点を置いたトークンではありません。

それでも、現時点では暗号通貨の分野ではトランザクションはほとんど匿名ではありません。暗号市場は2兆ドルの業界に成長し、これは世界中の規制当局の注目を集めています。規制当局は、暗号取引プラットフォームとエンティティがKYC(Know Your Customer)およびAML(Anti Money Laundering)ポリシーを実装することを保証しています。これはトランザクションを追跡することでマネーロンダリング、盗難、詐欺などの悪徳を暗号通貨セクターで大幅に削減できるようにするためです。MATICは主にPolygonネットワークのガス料金の支払いに使用されるため、その匿名性については心配する必要はありません。

Polygonはどれくらい安全ですか?

Polygonは非常に安全なトークンです。PoSサイドチェーンがあり、つまりその決定はプロのバリデーターのプールによって行われます。そのため51%の攻撃の影響を受けず、プルーフオブワークコインを脅かす可能性があります。

それにもかかわらず、ハッカーや詐欺師の脅威を考慮する必要があります。これがMATICトークンの安全性について単独で責任を負う必要がある理由です。暗号通貨取引所またはピアツーピア(P2P)プラットフォームから購入した後は、LedgerやTrezorなどのコールドストレージウォレットに保存する必要があります。コールドストレージウォレットは暗号通貨交換やホットウォレットと比較するとMATICコインのセキュリティを向上させます。また安全性を高めるためにも、2要素認証などのセキュリティレイヤーを追加することもできます。

Polygonの開発に取り組んでいるチーム

Polygonの開発者チームは、世界のさまざまな地域から来ています。チームによると、彼らは伝統的な企業、ヒエラルキー、経営陣を信じていません。 Polygonは、プロジェクトをさらに改善するためのコード、アイデア、またはその他のものを提供するために、いつでも誰にでも開かれています。

ただし、Polygonの背後にいるチームの核となる4人の共同創設者にはJaynti Kanani、Sandeep Nailwal、Anurag Arjun、Mihailo Bjelicがおり、PolygonにはEthereum FoundationのHudson Jameson、CoinbaseのPete Kim、ConsenSysのJohn Lilic、EthHUBのAnthony Sassano、BanklessのRyan SeanAdamsなどのその他の強力なアドバイザーがいます。

オープンソースの暗号通貨として、コードはGitHubに保存されて世界中の開発者がプロジェクトに貢献できます。

Polygonに投資している金融機関はどれですか?

金融機関は暗号通貨に関心を示し始めています。ただし、従来の金融機関のほとんどはクライアントに暗号通貨へのエクスポージャーを提供するか先物やその他の投資手段を介してコインに投資しています。それにもかかわらず、MATICはPolygonネットワークでガス料金を決済するために設計された暗号通貨であり、特に開発者の間では暗号通貨の分野で広く使用されています。現時点ではPolygonに投資している従来の金融機関はありませんが、Coinbase Venturesのような人気のある企業やMark Cubanのような有名な投資家がこのプロジェクトに投資しています。

Polygonマイニング

マイニングは暗号通貨空間の非常に重要な部分であり、これはトランザクションが実行されてブロックチェーンが安全に保たれることを保証するプロセスです。ただし、マイニングは、プルーフオブワークプロトコルを使用する暗号通貨用に予約されており、MATICはプルーフオブステークコンセンサスメカニズムを使用しているためマイニングできません。

Polygonウォレット

MATICは他の主要な暗号通貨と同様に、特にトークンを長期間保持する場合は適切に保存する必要があります。多くのプラットフォームが過去に多数の攻撃を受けて数十億ドルの投資家資金を失ったという事実を考慮すると、暗号通貨取引所にMATICトークンを残すことはお勧めできません。検討すべき主要なMATICウォレットには次のものがあります。

  • Ledger Nano X(コールドストレージウォレット)

  • Trezor(コールドストレージウォレット)

  • Trust Wallet(ホットウォレット)

  • My Ether Wallet

  • Atomic Wallet(モバイルとデスクトップ用のホットウォレット)

どちらのウォレットを選択する場合でも、MATICトークンのセキュリティを強化するために適切なセキュリティプロトコルを実装していることを確認してください。二要素認証およびその他の利用可能なセキュリティ対策を使用します。

Polygonは投資する価値がありますか?

この質問に対する答えは投資家によって異なります。各投資家はMATICトークンを分析してそれが価値のある投資であるかどうかを検討する必要があります。ただし、覚えておくことは暗号通貨市場は10年以上前のものであるということです。新しい市場としては規制が始まったばかりであり、ほとんどの暗号通貨の背後にある技術は進化し続けています。したがって、MATICを検討してそれが大きな投資であるかどうかを検討するには、プロジェクトがセクター内で提供しているソリューションについて詳細な調査を行う必要があります。

MATICまたは他の暗号通貨に自信があるにもかかわらず、一般的なアドバイスとしては慎重に暗号投資に取り組むことです。市場は非常に不安定であり、これは大規模な利益または損失をもたらす可能性があります。したがって、失う余裕のある金額だけを投資します。さらに、MATICトークンを購入することになった場合にはその安全性を適切に確保するためにも様々なセキュリティ対策を実施することをお勧めします。

よくあるご質問

  1. Polygonはプルーフオブステーク(PoS)プロトコルを使用します。このプロトコルにはマイナーはありませんが、代わりにネットワークバリデーターを使用してプルーフオブワーク(PoW)プロトコルと比較して消費エネルギーが少なくなります。

  2. Polygon(MATIC)は人気のある暗号通貨であるため、購入は簡単です。MATICは暗号通貨取引所、証券会社のプラットフォーム、またはP2Pプラットフォームで購入できますが、MATICまたはその他の暗号通貨を購入するには規制された取引所またはブローカーを使用することをお勧めします。

  3. MATICトークンは、ユーザーがPolygonネットワークでガス料金を支払うために設計されています。Polygonネットワークの目的は開発者が独自のブロックチェーンを簡単に起動することで、高いガス料金やスケーラビリティの問題などの欠点なしにEthereumブロックチェーンと簡単に対話できるようにすることです。

  4. Polygonの合法性は、あなたの国の暗号通貨に関する一般的なルールに依存しています。

  5. Polygonは暗号通貨取引所、仲介プラットフォーム、ピアツーピア取引所などで購入できます。どちらを選択する場合でも、投資の安全性を確保するために規制されたプラットフォームを使用してPolygonを購入することをお勧めします。

  6. レイヤー2ソリューションとしてのPolygonの仕事は、Ethereumブロックチェーンのスケーラビリティやその他の問題を解決することです。ただし、ETH 2.0を使用するとEthereumネットワークはスケーラビリティの問題解決やEthereumブロックチェーンでのトランザクションが高速になるだけでその機能に影響を与えるとは感じていません。

  7. 他の暗号通貨と同様に、MATICの保存は冷蔵ウォレットで最適に機能します。これは他のタイプのウォレットと比較してもセキュリティが優れているためです。

  8. Polygonを使用すると、開発者はEthereumブロックチェーンのすべてのメリットを享受でき、彼らはより低いガス料金を支払ってより速い取引を楽しむことができます。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。