ホームBrand ComparisonseToro vs Webull

eToro vs Webull: 2022ではどちらのプラットフォームが優れているでしょうか?

オンラインブローカーを選択する際に注意すべき点を知ることは、自身の選択に甘んじることがある分野では不可欠となります。WebullとeToroは2つの有名な名前で同ビジネス内では傑出したプレーヤーです。

2017年に設立されたWebullと2007年に設立されたeToroは、様々なトレーダーのニーズにますます対応しています。この2つは安全であるだけでなく、膨大な量の金融商品を取引しようとしている人にとっても信頼できるプラットフォームです。様々な機能の観点からそれらを比較してみましょう。

当社のピック
eToro logo
eToro
5
$10
-
CySEC, FCA
Cryptocurrencies
eToro Mobile Trading Platform, eToro Trading Platform
-
Webull logo
Webull
3
$1
ADA, ALGO, ATOM, AVAX, BAT, BCH, BTC, CRV, CRYPTO, DASH, DOGE, ETC, ETH, FTM, GRT, LINK, LRC, LTC, LUNA, MANA, MATIC, REN, SHIB, SOL, XLM, ZEC
-
-
-
-

Webull vs eToro:セキュリティ

ハッカーが人々のお金や個人情報を入手するためのチャンスを絶え間なく探している現代では、オンラインブローカーを選択する際に最も重要なのはセキュリティです。eToroとWebullはどちらもセキュリティを真剣に受け止めており、どちらもクライアントの資金を安全なティア1銀行に保管したり、SSL暗号化を使用して個人情報を保護します。

さらに、クライアントのアカウントに対するセキュリティの追加レイヤーとして2要素認証を採用しています。サインインは、電話に送信されたパスワードと一意のセキュリティコードを介してのみ完了することができるため、このメカニズムはアカウントを不正アクセスから保護します。

さらに、eToroとWebullはどちらも人々の資金に最高レベルのセキュリティを提供する信頼できるチャネルを介した引き出しを可能にします。引き出しはクレジット/デビットカード、銀行振込、PayPalによって高度に暗号化されています。

KYC / AML

証券取引委員会などによって規制されているWebullは、Know Your Customer(KYC)およびAnti Money Laundering(AML)の規制にも従っています。評判の良いオンラインブローカーは、評判の良いクライアントのみを扱うことで違法行為と戦うようにデューデリジェンスを行います。

eToroは、金融商品を活用して財産を築こうとしているクライアントの検証に関しても同じプロセスに従います。クライアントは身元と居住地域を確認するために書類を提出する必要があります。

その結果、eToroはパスポートや政府発行の身分証明書などの身分証明書をアップロードすることをクライアントに要求します。検証プロセスの一環として、最近発行された公共料金の請求書などの住所の証明も必要です。

検証プロセスは面倒で時間がかかる可能性がありますが、不正活動や不正な結果から両方の当事者を確実に保護することが最も重要なことです。

サポートされている国と場所:あなたにぴったりのブローカーはどっちですか?

投資サービスに関する金融規制は国によって異なります。規制は、オンラインブローカーがそのサービスを利用できるようにするかどうかに大きな影響を与えます。

eToroの本社は英国とキプロスにあります。また、米国とオーストラリアにオフィスを構えているため多くの国で投資サービスを提供できます。一方でWebullは中国の湖南省に拠点であるユニットの技術チームがあり、アメリカのニューヨークから顧客対応業務を維持しています。

eToro

eToroは執筆時点で次の国で利用できます:アルジェリア、アンドラ、アンゴラ、アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、アゼルバイジャン、バーレーン、バングラデシュ、ベルギー、ボリビア、ブラジル、ブルガリア、チリ、コロンビア、コスタリカ、クロアチア、キプロス、チェコ(チェコ共和国)、デンマーク、ドミニカ共和国、エクアドル、エジプト、エリトリア、エストニア、フィンランド、フランス、ジョージア、ドイツ、ジブラルタル、ギリシャ、ホーリーシー、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イスラエル、イタリア、ヨルダン、カザフスタン、ケニア、クウェート、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マレーシア、マルタ、メキシコ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、オマーン、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、カタール、ルーマニア、セネガル、セイシェル、シンガポール、スロバキア、スロベニア、南韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、タイ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、英国、米国*(一部の州)、ウルグアイ、ウズベキスタン、ベトナム。

Webull

一方でWebullは執筆時点では米国、インド、ブラジル、トルコ、フィリピン、マレーシア、日本、中国、韓国などの数か国でのみ利用可能です。

規制

eToroは、完全に規制および認可されたオンライン証券会社です。ヨーロッパではキプロス証券取引委員会(CySEC)によって規制されており、英国では金融行動監視機構(FCA)によって規制されています。また、オーストラリアでは米国のASICとFinCENによって規制されています。これは、証券会社が厳格な規制機関による精査の対象で最高の業界標準に準拠していることを保証します。

一方でWebullは、米国証券取引委員会によって米国で金融サービスを提供することを承認されています。また、Financial Industry Regulatory Authority(FINRA)からの認証も持っていることから、一流の金融当局によって規制されていると見なされて安全であると認識されます。

eToro vs Webull:どちらがより広い暗号ポートフォリオを持っていますか?

暗号通貨の人気の高まりは、最大かつ最速の市場の1つを生み出しました。したがって、初期の分野への露出を得ようとしている人は誰でも、いくつかの主流の規制されたブローカーを通してそれらを行う事ができます。

eToroでは、現在120を超える暗号資産をサポートしています。

eToro通貨

あなたが取引できる注目すべき暗号通貨のいくつかは次のとおりです:

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップルダッシュ(DASH)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • カルダノ(ADA)
  • イオタ(IOTA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • Zcash(ZEC)
  • EOS(EOS)

Webull通貨

一方でWebullは、以下を含む暗号通貨の小さなプールのみをサポートしています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ドージコイン(DOGE)
  • Zcash(ZEC)
  • ステラルーメン(XLM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • カルダノ(ADA)
  • ダッシュ(DASH)

購入方法の比較

eToroは暗号通貨を取引するための堅牢なルートを提供します。 GBP、USD、JPY、EUR、AUD、CAD、NZD、CNHと組み合わせて様々な暗号通貨を取引できます。

ただし、Webullでは暗号通貨を米ドルに対してのみ取引できます。

eToro vs Webullでの暗号購入

取引手数料

オンラインブローカーは、プラットフォーム上で行われるすべての取引に手数料を請求することでお金を稼ぎます。料金はトレーダーの利益に食い込みますが、最適な収益を得るためにはこれらの費用を追跡することが重要となります。

定額料金

eToroは、自分のアカウントにログインしていない人の活動料金として月額$10を請求します。また、オンライン証券会社は暗号通貨の保有物をウォレットに出し入れするたびにネットワーク料金や引き出しとして5ドルを課金します。

Webullは、手数料はもちろん非アクティブ料金も請求しません。

入出金手数料

どちらのブローカーも預金に手数料を請求しませんが、引き出しには手数料がかかります。例えば、eToroは引き出しに対して5ドルを請求しますが、Webullは国内電信送金を介してトランザクションデポジットごとに最大8ドルを請求します。

ブローカー取引手数料

Webullは取引に手数料を請求しません。代わりに、会社は無料のクレジット残高への関心からお金を稼ぎます。3.99%から6.99%の範囲の証拠金利息を請求することで収益を上げています。

一方でeToroは、プラットフォーム上で行われる全取引のスプレッドからかなりの金額を稼ぎます。ブローカーはレバレッジで取引している間に行われた全ての取引に対して定額料金を請求しますが、レバレッジなしで暗号通貨の株を取引している間のコストは発生しません。

お支払い方法

eToroとWebullは入出金の幅広いオプションを提供しています。 eToroはクレジットカードの預金と銀行振込のサポートを提供しており、PayPalからNetellerやSkrillへの電子支払いなどもサポートしています。

Webullは銀行振込および預金用のクレジット/デビットカードをサポートしています。ブローカーの入出金に対する手数料や月額サブスクリプション、非アクティブ料金なども請求しません。

両方のプラットフォームのユーザーインターフェイスの比較

その提供されている取引プラットフォームは、様々な金融商品を取引するときに大きな違いを生む可能性があります。幸いなことに、eToroとWebullはどちらも独自の取引プラットフォームを使用しており、様々なクラスのトレーダーのニーズに対応しようと努めてきました。

eToroにはナビゲートしやすいユーザーフレンドリーなプラットフォームがあり、コピートレーディングも統合されています。これはトレーダーが他のトレーダーが何をしているかを確認し、自分のトレードをコピーできるようにする革新的なツールです。

Webullには、初心者と経験豊富なトレーダーの両方に最適なユーザーフレンドリーなモバイルおよびPC取引ツールがあり、またそのプラットフォームには強力な分析ツールも付属しています。

eToroの使いやすさ

出典: eToro.com

eToroには、ナビゲートしやすいタブを備えたすっきりとしたユーザーインターフェイスが付属しています。プラットフォームにはポートフォリオビューとニュースが設定されており、ウォッチリストを設定するためにも厳選されています。さらに、マーケットタブのすぐ下にあるコピー取引機能にもアクセスできます。

Webullの使いやすさ

出典: Webull.com

Webullのアプリは最近大幅な改造が行われ、ナビゲートしやすい合理化された下部メニューとシームレスなアプリになりました。アプリで取引を設定するのは簡単で迅速で、株式をタップするだけで現在の価格、価格変動、テクニカルチャートを備えた資産ページ全体などが表示されます。

取引機能

Webullの取引プラットフォームは、テクニカルアナリストを念頭に置いて設計されました。トレーディングプラットフォームには、テクニカル分析ツールとインジケーターの強力なプールが付属しています。また、価格パターンの調査と分析に理想的な詳細なテクニカル分析チャートも提供します。

一方でeToroは、そのコピー取引とコピーポートフォリオで際立っています。この2つによって、人々は他の投資家の取引をコピーしてポートフォリオに実装することができます。

eToro vs Webull:流動性とボリューム

流動性は、取引に利用できる資産の量を詳細に示すための重要な側面です。一方でボリュームは、売買されている資産の実際の金額を詳細に示します。プラットフォームの流動性とボリュームの量が多いほど、希望する価格でポジションを開閉しやすくなります。さらに、通常はより狭いスプレッドが提供されているため取引コストが削減されます。

eToroには100か国以上に約1,700万人のユーザーがいて、これはプラットフォームで取引されるほとんどの金融商品の取引量が多いことを明確に示しています。過去には流動性の課題に直面していましたが、その問題を解決することによって確固たる人気を手にしつつ強力なトレーダーのネットワークを引き付けました。

一方でWebullは、差金決済取引ではなく実際の株取引をサポートしていることを考えた場合の原資産の流動性を必要とします。約1,100万人の登録ユーザーと75万人の活発な取引を行うWebullは、最も取引されている証券の十分な流動性と量を誇っています。

どちらが最高のカスタマーサポートを提供しますか?

eToroとWebullはどちらも、24時間体制でクライアントのニーズに対応するためにカスタマーサポートチームに投資してきました。 Webullは電話サポートと電子メールサポートを提供していますが、ライブチャット機能はありません。

一方でeToroは、オペレーターとリアルタイムで会話できるライブチャットサービスを提供しています。さらには、電子メールやファックスでの24時間年中無休サービスもあります。

eToro vs Webull:結論

eToroとWebullのどちらもが様々なクラスの投資家向けに調整された独自の機能を備えているため、どちらかが優れているとは言い切れません。

eToroは、幅広い金融商品の取引を検討している人にとっては評判が良く信頼できるブローカーです。これは主にCFDおよび外国為替ブローカーであり、CFDを使用して株式、ETF、商品、暗号通貨の取引を可能にします。また、コピー取引などの独自の機能も備えています。

証券会社の新参者であるWebullは、簡素化されたデスクトップ取引体験に裏打ちされた優れたモバイル体験を提供するため、新規およびカジュアルな投資家へのさらなるアピールを可能にします。ただしそれらは株式オプション、暗号通貨、ETFの取引にのみ適しており、口座の最低額がなく株式ETFの無料取引が行われていることを考えると、コストの面では高いランクにあると言えます。

1
最小デポジット
$10
プロモーション
ユーザー評価
10
取引を開始
説明:
支払い方法
Bank Transfer, Wire Transfer
全ての規制一覧:
CySEC, FCA

よくあるご質問

  1. eToroとWebullはどちらも暗号通貨取引機能を提供しますが、仮想通貨の幅広いプールに投資しようとしている人にはeToroの方が際立って見えるでしょう。

  2. Webullは米国証券取引委員会によって米国で投資サービスを提供するように規制されていますが、一方でeToroは米国での暗号取引のみが可能です。

  3. 提供されるスプレッドは様々な要因によって異なる傾向があり、その中で重要なのは時間帯と取引される金融商品です。eToroは最小のスプレッドを提供しますが、Webullが購入価格の1%のスプレッドを提供している間のビットコインは0.75%と低くなっています。

  4. Webullは米国で投資サービスと商品を提供するように規制されており、eToroは国際的に複数の投資商品を提供していますが米国では暗号通貨のみの提供が承認されています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。