即座にeToroを登録

年に投資すべきユーティリティ仮想通貨トップ18 | ユーティリティトークン

By Milko Trajcevski - 更新済み 17 2月 2024
fact-checked

新しい仮想通貨プロジェクトはほとんどの投資家が把握できるよりも速いスピードで開発および立ち上げられており、すでに26,000件以上が立ち上げられています。膨大な量のユーティリティトークンとプロジェクトは投資家に多くの素晴らしい機会を提供しますが、この業界の過去10年は最高のユーティリティトークンが従来の仮想通貨よりも魅力的な長期利益をもたらすことを私たちに教えてくれました。

ユーティリティトークンとは何?最高のユーティリティトークンは?どうすればそれらを購入できる?この投資ガイドではこれらの質問に答えながら最高のユーティリティ仮想通貨トークンおよび各コインの主なメリットを比較し、仮想通貨投資を最大限に活用したいと考えている投資家に素晴らしいヒントを提供します。

2024年に購入すべき最高のユーティリティ仮想通貨

  1. Bitcoin Dogs ($oDOG) – 最高のBRC-20トークン
  2. BitBot – 最高の仮想通貨取引ボット
  3. Chancer – 予測市場に最適なユーティリティ仮想通貨
  4. Shiba Memu – マーケティングに最適なユーティリティ仮想通貨
  5. AltSignals – 仮想通貨取引に最適なユーティリティ仮想通貨
  6. Metacade – 多くのユーティリティを備えた最高のゲームユーティリティ仮想通貨
  7. Ethereum – 総合的に最高のユーティリティ仮想通貨
  8. BNB – 時価総額の高い最高のユーティリティ仮想通貨
  9. Immutable – 最高のレイヤー2スケーラビリティ ユーティリティ仮想通貨
  10. Near Protocol – 最高の新しいユーティリティ仮想通貨
  11. Polygon – 初心者に最適なユーティリティ仮想通貨
  12. Stacks – 1ドル未満の最高のユーティリティ仮想通貨
  13. Injective – DeFiに最適なユーティリティ仮想通貨
  14. Decentraland – メタバースに最適なユーティリティ仮想通貨
  15. Conflux – 最高のマルチチェーン エコシステム ユーティリティ仮想通貨
  16. Fantom – DeFi開発者にとって最高のユーティリティ仮想通貨
  17. Render Token – レンダリングとフリーランスのための最高のユーティリティ仮想通貨
  18. Magic – 最高の相互運用可能なメタバーストークン

最高のユーティリティ仮想通貨の比較表

製品またはサービス

最低投資額 

購入場所

Bitcoin Dogs ($0DOG)

ゲーム

利用不可

$0DOGを購入する

BitBot (BITBOT)

取引

利用不可

BITBOTを購入する

Chancer (CHANCER)

ゲーム

$10

Chancerを購入する

Shiba Memu

AI

1$

Shiba Memuを購入する

AltSignals (ASI)

人工知能

$10

AltSignalsを購入する

Metacade (MCADE)

ゲーム

$10

Metacadeを購入する

Ethereum (ETH)

DeFi

$1

Ethereumを購入する

BNB (BNB)

トークン取引

$1

BNBを購入する

Immutable (IMX)

DeFi

$1

Immutableを購入する

Near Protocol (NEAR)

DeFi

$1

NEARで購入する

Polygon (MATIC)

スケーリングとDeFi

$1

Polygonを購入する

Stacks (STX)

Bitcoin DeFi

$1

Stacksを購入する

Injective (INJ)

DeFi

$10

Injectiveを購入する

Decentraland (MANA)

メタバースとゲーム

$10

MANAを購入する

Conflux (CFX)

dAppsとWeb 3

$1

Confluxを購入する

Fantom (FTM)

DeFi

$1

Fantomを購入する

Render Token (RNDR)

DeFi、フリーランス、GPUレンディング

$1

RNDRを購入する

Magic (MAGIC)

メタバース、Web 3、ゲーム

$1

Magicを購入する

今すぐ購入すべきユーティリティ仮想通貨トップ18のレビュー

私たちは購入できる最高のユーティリティトークンを順不同で以下に記載します。

Bitcoin Dogs ($oDog) – 最高のBRC-20トークン

Bitcoin Dogsのネイティブトークンである$0DOGはのBitcoinブロックチェーン上における初のICOとして、最先端のBitcoinオーディナルテクノロジーを使用することで現在Bitcoinネットワーク上に構築されているもの全ての境界を押し広げています。

このプロジェクトはミームコイン、NFT、オーディナルなどを組み合わせることで新たな革新を目指している全てのと共に、これまで誰も行ったことのない場所に皆様を連れて行くという目標を掲げています。同業界においてこのような動きは非常に喜ばれることから、このプロジェクトはBitcoinコミュニティ内外における多くの人々の関心を集めることでしょう。

どうしてBitcoin Dogsに投資するのか?

Bitcoin DogsはBRC-20やBitcoinの半減期などの強力な暗号通貨の物語において、投資家からの大きな注目を集めてさらなる革新や大きな上昇を可能にする可能性があります。なぜなら、これまでに立ち上げられたいくつかのBRC-20プロジェクトが投資家やBitcoin愛好家からの注目を集めていたからです。

Bitcoin Dogsはその他の多くのプロジェクトとは異なりトークン、計画されているNFTコレクション、未来のゲームを使用した初のBitcoinのネイティブゲームエコシステムを構築しています。

Dune AnalyticsのBitcoinオンチェーンのメトリクスデータによれば、Ordinalsが開始された2023年1月末近くからブロックチェーン上のトランザクション数が大幅に増加し始めたことを示しています。

2024年4月に訪れるBitcoinの半減期と組み合わせた取引量の増加は、Bitcoin Dogsのような有望なプロジェクトの大幅な成長を促進する可能性があります。

Bitcoin Dogsへの投資のおけるリスク

Bitcoin Dogsはこれまでに行われたことのない偉業を試みる新しいプロジェクトであるため、将来的に見れば必ず何かしらの障害が見られることでしょう。これまでの多くのトークンの立ち上げの歴史を見れば、計画の時点ではそのような問題が見られることはほぼありません。

Bitcoin Dogのエコシステムのネイティブトークンの$0DOGの最大供給量は9億であり、そのうち90%が予約販売に割り当てられることになることから、これは投資家が大量のトークンを取得することを意味しています。

このプロジェクトに早期に参加するにはBitcoin Dogsのウェブサイトにぜひアクセスしてみてください。

BitBot (BITBOT) – 最高の仮想通貨取引ボット

bitbot crypto trading bot website homepage

BitbotはTelegramでの簡単なテキスト指示を使用することでオンチェーンでの仮想通貨取引を可能にする仮想通貨取引ボットであり、このような即時執行速度を備えたボットの登場は多くの機関投資トレーダーに追いつくための人々の増加傾向を顕著に表しています。

通常このようなボットはメッセージプラットフォームのTelegramと統合されており、そこでユーザーは簡単なコマンドを使用することで取引活動をコントロールすることができます。トレーダーはこのようなボットが持つ容易さ、高い効率性、素早いスピードによって主要な取引所にてトークンが発売される前にそれらを見つけて購入することができます。

どうしてBitbotへの投資を行うべきか?

Bitbotはその他の多くの取引ボットよりも優れた機能を提供しており、ここで触れておきたい点は強調された分散化です。多くのTelegramを介するボットはユーザーの秘密鍵を保持していることから攻撃ベクトルが発生しやすくなります。

2023年10月にハッキングされたUnibotのような人気のボットでこのような事例の発生が確認されました。同プラットフォームにはユーザーの秘密鍵が保存されていたために大きな資金の流出が懸念されました。

Bitbotには完全に分散化された構造が採用されていることから、ユーザーは自分のトークンの管理を行えるようになります。

Bitbotへの投資が抱えるリスク

Bitbotには確かな実用性がありますが、同トークンの成功はユーザーを引きつけて維持する企業の能力にかかっています。通常であれば、弱気市場よりも強気市場の方が達成しやすいです。

2024年はBitcoinの半減期のおかげで強気市場になると予想されているが、それ以降の市場の流れがどうなっていくかはまだ誰にも分かっていません。

Bitbotの総供給量は10億トークンであり、そのうち30%は今後のプレセールイベントにて販売されます。さらにこのプレセールイベントの参加者には最大$100,000の賞金が与えられるコンテストも含まれています。このプレセールの最新情報を入手するにはBitbotの公式ウェブサイトをご覧ください。

Chancer (CHANCER) – 予測市場に最適なユーティリティトークン

Chancerも仮想通貨分野への破壊的な新規参入者であり、初の分散型ソーシャル予測市場プラットフォームを構築しています。このプラットフォームは仮想通貨ユーザーに興味、専門知識、社会的機会に基づいて選択したスポーツ、ゲーム、選挙、エンターテイメント、式典などの予測市場の作成および参加を促し、そこから利益を得るユニークな機会を提供します。

このプラットフォームは急速に進化するWeb3の世界でのソーシャルベッティングに特化して設計されており、ユーザーが同じ興味に情熱を持っている他のユーザーとつながることができます。賭けのスリルで繁栄するエコシステムを構築するChancerはすぐに最も人気のあるプレセールプロジェクトの1つとなり、そのユーティリティトークンであるCHANCERは多くの投資家を魅了しました。

CHANCERに投資すべき理由は?

Chancerは最大の分野の1つである予測的マーケットメイクに着手することで、結果の予測方法に革命をもたらす可能性のある新しいモデルを提案しています。これによって、ユーザーが獲得できる潜在的な収益と特典に加えてCHANCERは潜在的に優れた投資となります。

CHANCERが抱える投資のリスク

投資家はChancer が新しいユーティリティ仮想通貨であることから重大なリスクを伴うことを認識する必要があります。また、予測マーケットメイク業界は非常に投機的であるため参加リスクがさらに高まります。

Chancerを購入する

Shiba Memu (SHMU) – 最高のマーケティングプラットフォーム

Shiba Memuは人工知能の機能とブロックチェーン技術の分散化および不変性を組み合わせてた自給自足のマーケティングプラットフォームを構築するトークンです。

Shiba Memuに投資すべき理由は?

Shiba Memuはこれまで仮想通貨市場で実現できなかったAIを利用した計算を活用して独自のコピーの生成、配布、分析データに基づいて戦略を立てることができる永続的なマーケティングソフトウェアの作成を目標にしています。

自給自足のマーケティングプラットフォームとミームコインを組み合わせることでSHMUトークンを活用したソーシャルコミュニティが形成され、仮想通貨を扱う投資家がマーケティングプラットフォームのユーティリティにアクセスできるようになります。

そうして、投資家はプラットフォームのマーケティング活動を監視したAIと対話したりAIダッシュボードにアクセスして提案を提供したりできます。

Shiba Memuが抱える投資のリスク

Shiba Memuは仮想通貨の世界において他に類を見ない規模でAIを活用したマーケティングを試みる最初のプロジェクトであることから、その他の分野での新たな挑戦と同じように何かを始める時には様々な技術面での障害が現れることでしょう。

SHMUの最大時価総額は10億トークンで、そのうち8億5,000万トークンがプレセール段階で売りに出されます。5億トークンがEthereumブロックチェーンネットワークで販売され、残りの3億5,000万個がBSCネットワークで販売される予定です。

参加するには、 Shiba Memuのウェブサイトにアクセスしてください。

Alt Signals (ASI) – AIを活用したトレーディングシグナルプラットフォーム

人工知能 (AI) はアルゴリズムにより分析と取引の高速化と効率化が可能となるため、仮想通貨取引において顕著な期待を示しています。最も人気のある仮想通貨取引ボットグループの1つである AltSignalsは、この急速に成長する技術進歩を活用するためにこのプロジェクトを立ち上げました。AltSignalsプロトコルは投資家が AI を活用した取引シグナルを通じて市場での優位性を見つけることを支援する革新的な暗号プラットフォームとして機能します。

AltSignalsチームは“ActualizeAI”と呼ばれるAIを活用した新しい取引シグナルを作成しました。このツールは年中無休で稼働し市場の実世界のデータを分析することで、トレーダーにリアルタイムの洞察と取引の機会を提供します。 AltSignalsの仮想通貨ユーティリティ トークンであるASIトークンの主な目的はメンバーシップの資格情報として機能することです。

ASIに投資すべき理由は?

ASIトークンを保持することで、ユーザーはAltSignalエコシステムにアクセスできるようになりAltSignalエコシステムがエコシステムの基本的な部分になります。AI支援取引が大きな分野になると予想される中、アナリストらはASIが優良仮想通貨プロジェクトに発展する可能性があると予測しています。

ASIが抱える投資のリスク

ASIへの投資に伴う主なリスクとしては、Altsignalが非常に競争の激しい仮想通貨市場に参入する新しいプロジェクトであることです。

ASIを購入する

Metacade (MCADE) – 革新的なP2Eプラットフォーム

Metacadeは世界最大のPlay-to-Earn (P2E) アーケードを建設するという野心的な計画によってブロックチェーンゲームエコシステム内で多くの注目を集めている新しい仮想通貨です。Metacadeは最も広範なゲームライブラリを備えたエコシステムに進化することを望んでおり、様々なゲームジャンルを歓迎しています。

Metacadeは全ての仮想通貨において最も包括的なゲーム エコシステムの1つを構築しており、Metacadeエコシステムはゲーマーがプレイしながら収入を得られるようにするだけでなく、ゲーム業界でのキャリアの構築や向上を夢見るゲーマー向けの求人も含まれています。

Metacadeエコシステムのユーティリティ トークンであるMCADEは、保有者にステーキングを通じてMetacadeの将来に投資しながら追加の受動的収入を得る機会を与えます。ステーキングメカニズムはMetacadeネットワークを保護する重要な部分としても機能し、利用可能なユーティリティトークンの中で最も人気のあるものの1つです。

MCADEに投資すべき理由は?

あらゆる価値交換を促進して最大のP2Eアーケードエコシステム内の報酬システムを強化するユーティリティトークンとして、MCADEはユーティリティ暗号の中で上位にランクされています。市場の専門家はMetacadeエコシステムの範囲によってMCADEの価格が高騰すると予測しています。

MCADEが抱える投資のリスク

比較的新しいユーティリティ仮想通貨であるMCADEは規制との闘いの中で暗号通貨市場の不安定さにさらされており、さらにMetacadeチームはMCADEが発売前の期待に応えるためにやるべきことがたくさんあります。

Metacadeを購入する

Ethereum (ETH) – DeFiとdAppsのハブ

Ethereumは2015年にスマートコントラクトを開始した分散型アプリケーション(dApps)、Web 3、非代替トークン (NFT)、より広範な分散型金融 ( DeFi ) エコシステムの開発にブロックチェーン技術空間を導入しました。スマートコントラクトを介して同プロジェクトはERC-20標準に基づいてEthereumネットワーク上で最高のユーティリティトークンの一部を発行することもできます。

Ethereumのスマートコントラクトの開発によって、Ethereumは現在最大かつ最も活発なブロックチェーンテクノロジー ネットワークになりました。そのユーティリティコインであるETHはネットワーク料金の支払い、トークンの発行、製品やサービスへのアクセス、dAppとの対話などEthereumエコシステム内で様々な機能を実行します。ネットワークの外ではETHは金融取引に使用されて価値の保存手段として保持できます。

ETHに投資すべき理由は?

先駆的なスマートコントラクトプラットフォームのユーティリティトークンであるETHは、投資するのに最も安全なデジタル資産および購入に最適なユーティリティトークンの1つです。また、ETHは全てのユーティリティトークンの中で最も多くの使用例があって良い購入オプションとなっています。Ethereumネットワークのスケーラビリティを向上させるための最近のアップグレードにより、暗号通貨市場アナリストはETHに対して強気でETHが仮想通貨の次の主要な価値の保存場所になる可能性があると予測しています。

ETHが抱える投資のリスク

仮想通貨市場のボラティリティこそがETHへの投資に伴う主要なリスクとなりますが、ただしEthereumブロックチェーンがDeFi分野で直面している競争の激化も長期的にはETHユーティリティコインの価格に影響を与える可能性があります。

Ethereumの購入はeToroのような仮想通貨取引所で行えます。

BNB (BNB) – 差し迫った優良トークン


以前はBinance Coinとして知られていたBNBはBinanceの仮想通貨取引所が動作するブロックチェーンであるBNB Chainエコシステムを強化するユーティリティトークンコインです。このユーティリティトークンはその他の仮想通貨ユーティリティトークンの発行やBNBチェーンでのプロジェクトの立ち上げのためにBinance Launchpadの主要通貨として使用されます。

BNBはユーティリティトークンコインの所有者にBNBチェーンとエコシステム内の製品およびdAppサービスへのアクセスを許可します。独自のユーティリティトークンであるBNBを保有することで、Binanceユーザーは取引所での取引割引に加えて取引手数料の削減や限定機能へのアクセスという目に見える価値を得ることができます。

BNBに投資すべき理由は?

BNBの歴史的なパフォーマンスとBinance取引所の成功により、BNBは投資に最適なユーティリティトークンの1つとなっています。Binanceは定期的にBNB コインをバーン(流通から除外する)していることから、資産としてのネイティブ トークンをデフレ状態にしています。BNBユーティリティトークンの総供給量が減少することで生じる希少性もユーティリティコインの価格を上昇させる可能性があります。

BNBが抱える投資のリスク

BNBユーティリティトークンの価格は親取引所であるBinanceのパフォーマンスに影響されることがよくあります。Binanceを取り巻く最近の規制上の不確実性により、BNBのようなユーティリティトークンに投資して購入することは重大なリスクを伴います。

BNBは仮想通貨取引所のBinanceで購入できます。

Immutable (IMX) – ゲーマー向けのレイヤー2ソリューション

ImmutableはEthereumブロックチェーン上でゲーマー向けに設計された最初のレイヤー2スケーリングソリューションとして販売されています。Ethereumの比類のないセキュリティ アーキテクチャを維持しながら、ImmutableはStarkExゼロ知識ロールアップ (ZK ロールアップ) を実装していることから、レイヤー1イーサリアム ブロックチェーンの30 TPSと比較しても1秒あたり最大9,000トランザクション (TPS) の処理が可能になります。また、Immutableは開発者がネットワーク上で構築を容易にするツールも提供します。

ImmutableのエコシステムのユーティリティトークンであるIMXはゲーム内アセットの購入、ネットワーク上のゲーム機能へのアクセス、ネットワーク上に構築する開発者、トレーダー、ネットワークをサポートするマーケットプレイスに報酬を与えるために使用されます。IMXは取引手数料の支払いや報酬を獲得するためのステーキングにも使用されるため、使用するのに最適なユーティリティトークンです。

IMXに投資すべき理由は?

IMXはゲーマーや開発者向けの急成長するネットワークを強化するユーティリティトークンです。Immutableはゲーマー、開発者、Non-Fungible Token ( NFT ) の作成者にガスフリーのトランザクションを提供することで主要なゲーム ネットワークの1つとしての地位を確立しました。IMXユーティリティトークンは、特に不変ネットワークが成長し続けるにつれて高い成長の可能性を示しています。

IMXが抱える投資のリスク

仮想通貨市場のボラティリティこそがIMXへの投資に伴う主要なリスクであり、機能的なエコシステムのユーティリティトークンとしてIMXは一般に低リスクの投資資産とみなされます。

IMXはeToroのような仮想通貨取引所で購入できます。

Immutableのコミュニティに参加してください

Near Protocol (NEAR) – 最速のブロックチェーンの1つを支えるユーティリティトークン

Near Protocolはトランザクション速度の低さ、スループットの低さ、相互運用性の低さなど従来のブロックチェーン技術ネットワークの制限の一部を解決する新興のレイヤー1ブロックチェーンです。Near Protocolは最大100,000 TPSを処理できる最速のブロックチェーンの1つとして人気があります。

Near Protocolの高いスループットと相互運用性により、主流のdAppsおよびDeFiプロトコルの導入に最適です。このプロジェクトの目標はオープンな分散型 Web のオペレーティングシステム (OS) になることであり、そのユーティリティトークンであるNEARはステーキング、取引手数料の支払い、担保としてエコシステム内の製品にアクセスしてネットワーク上のノードにインセンティブを与えるために使用されます。

NEARに投資すべき理由は?

NEARは最近大きな注目を集めている高性能ブロックチェーンを強化することから、その結果として仮想通貨プロジェクトプロトコルはAlibabaとの最新のパートナーシップを含むいくつかの使用例を発見しました。Near Protocolでより多くの製品やサービスが発売されるにつれて、ネイティブユーティリティトークンであるNEARの有用性と価値が増加すると予想されます。

NEARが抱える投資のリスク

NEARは大きな価格変動を経験する非常に不安定なユーティリティコイン資産ですが、ブロックチェーンの相互運用性はまだ発展途上の分野であるためにNEARブロックチェーンはサイバー犯罪者によって頻繁に攻撃されています。

Coinbase のような仮想通貨取引所でNEARを購入できます。

Polygon (MATIC) – スケーリング用のEthereumベースのプラットフォーム

Polygonは初めて適切に構造化されたEthereumのスケーリングおよびインフラストラクチャとして人気があります。Polygonブロックチェーンの速度は65,000 TPSでブロック確認は2秒未満であるために、すぐに最も広く使用されるネットワークの1つになりました。さらにPolygonの取引手数料とガス代が安いことも早期導入に大きく貢献しました。

このネットワークは現在マルチチェーンの相互運用性の問題を解決するためにdAppを構築するためのネットワークに進化しており、MATICはネットワークの基盤となるユーティリティ トークンであることからPolygon上のプロトコルへのアクセス、dAppの構築、ネットワークのセキュリティ保護に参加するためのステーキングに使用されてます。これらのユーティリティトークンはその他のチェーンをPolygonに橋渡しする役割を果たします。

MATICに投資すべき理由は?

MATICは仮想通貨分野で最も急速に成長しているコミュニティと開発者ベースの1つを強化しており、このプラットフォームの有用性はその採用と使用を促進するのに役立つことからMATICの価値をさらに高める可能性があります。MATICの幅広いユースケースにより、MATIC は大きな上昇の可能性を秘めた仮想通貨投資となっています。

MATICが抱える投資のリスク

仮想通貨市場のボラティリティはほとんどのユーティリティトークンと同様、トークンの販売とMATICへの投資に関連する主なリスクとなります。Polygonは競争の激しい市場でも事業を展開しています。

Polygonの購入はeToroなどの仮想通貨取引所で行うことができます。

Stacks (STX) – スマートコントラクト用のBitcoinレイヤー

DeFiエコシステムはEthereumに由来しており長い間ブロックチェーンと互換性がありませんでしたが、StacksはBitcoinのスマートコントラクトプログラミングレイヤーとして2017年に開始されました。Bitcoinブロックチェーン上に構築されたStacksにより、開発者はスマート コントラクトを構築して展開してBitcoinブロックチェーンにdAppとNFTを導入できるようになりました。

StacksネットワークはBitcoinのハッシュ パワー全体によって保護されており、Bitcoinのファイナリティを実現しますがトランザクションのスループットと速度を向上させるためにマイクロブロック インフラストラクチャを実装しています。そのユーティリティ トークンであるSTXはBitcoinネットワーク上でスマートコントラクトを推進するための燃料として機能します。STXはネットワークを保護した仮想通貨マイナーに報酬を与えるためにも使用されます。

STXに投資すべき理由は?

Bitcoin DeFiエコシステムは成長の一途をたどっており、スタックスはBitcoin取引内の潜在的な5,000億ドルのセクターを解放する上で有利な立場にあり、購入すべきユーティリティトークンの1つです。STXはBitcoinでのスマートコントラクトの実装を強化するため、スタックの採用が増えるにつれてこれらのユーティリティトークンも増加すると予測されています。

STXが抱える投資のリスク

STXは一般に優れた投資オプションであり、仮想通貨ユーティリティトークンの1つであると考えられていますがボラティリティの高い資産として重大なリスクをもたらします。

Coinbaseのような仮想通貨取引所でStacksを購入できます。

Injective (INJ) – DeFiアプリケーション用のレイヤー1ブロックチェーン

Injective Protocolは分散型金融サービスを提供するために特別に構築されたブロックチェーンネットワークであり、Injective Protocolは相互運用可能でスケーラビリティの高いブロックチェーン ネットワークを通じて分散型スポット取引所、デリバティブ取引所、融資プロトコル、予測市場などのdAppを提供します。

Injective Procolはクロスチェーンマージン取引、デリバティブ、外国為替(FX)、合成取引、先物取引を特徴とするためその他のほとんどのDeFiプラットフォームより際立っています。ネットワークとそのdAppはワームホールを介してCosmos 、 Ethereum 、 Polygon 、 Solana 、 Aptos 、 Avalancheなどと互換性があります。

INJに投資すべき理由は?

このネイティブ ユーティリティトークンであるINJはガバナンス、担保、ネットワーク間の価値交換、プロトコル セキュリティ、インセンティブ、マーケットメイキングなどエコシステム内で重要な役割を果たしています。2023年上半期にINJの価値は500%以上増加しましたが、依然として成長の上限が非常に大きいため将来に向けて購入すべきユーティリティトークンであることが保証されています。

INJが抱える投資のリスク

INJは非常に不安定な資産であるため、いかに最高のユーティリティトークンであっても同じリスクを抱えています。さらにINJは競争の激しいWeb 3セクターにも属しているため、同チームは多くのユーティリティトークンの中で関連性を維持するために特別な努力を払う必要があることを意味します。

InjectiveはBinanceなどの仮想通貨取引所で購入できます。

Decentraland (MANA) – 主要なメタバースプラットフォーム

Decentraland ( MANA ) は最も古いメタバース仮想通貨プラットフォームの1つであり、2,400万ドルのICOを経て2017年に開始されました。これはユーザーがコンテンツを作成、テスト、収益化できる最も開発された仮想世界の1つであることから、Decentralandは仮想世界のプラットフォームに進化してエンターテインメント業界の多くの大手企業がそのプラットフォーム上で仮想イベントを主催しています。

Decentralandはコミュニティメンバーによって管理されており、MANAがプラットフォームの所有権と具体的な価値の単位として機能します。さらに、MANAはメタバースでの土地の購入やDecentralandの仮想世界内のゲーム内アイテムやサービスの支払いに使用されます。

MANAに投資すべき理由は?

メタバースは年が経つにつれて採用が増えてさらに大きくなることが予想される概念です。MANAが重要なメタバースであるためこのトークンの採用と価値は上昇すると予測されており、このためMANAは長期投資の選択肢として最適なユーティリティトークンになります。

MANAが抱える投資のリスク

あらゆる新たなコンセプトと同様、メタバースの開発競争は激しく最終製品は今日のものとは異なる可能性があります。これは、MANAトークンを長期間保有しようとしている投資家にとってリスクとなります。

DecentralandはeToroのような仮想通貨取引所で購入できます。

Conflux (CFX) – dAppsおよびWeb3インフラストラクチャ用のスケーラブルなレイヤー1ブロックチェーン

Confluxは開発者、コミュニティ、市場が国境やプロトコルを越えてグローバルに接続できるマルチチェーンエコシステムを構築する新しいブロックチェーン プロジェクトです。Confluxは中国で運営されている最初の規制されたブロックチェーンプロジェクトであることから“中国のEthereum”と呼ばれています。

Ethereumと同様に、Confluxブロックチェーンは分散型アプリケーション (dApps)、電子商取引、Web 3.0インフラストラクチャを強化しつつより安全で1秒あたり最大6,000トランザクションの優れたスケーラビリティを提供します。CFXはネットワークのユーティリテ コインであり、ネットワークマイナーにインセンティブを与えて取引手数料を支払うために使用されます。

CFXに投資すべき理由は?

アジア市場を西側諸国に戻すという見通しにより、Conflux (CFX) は最も人気のある投資の 1 つとなって仮想通貨全体で最高のユーティリティコインとなりました。2023年上半期にCFXの価格は900%以上上昇し、Confluxが唯一の規制された中国のブロックチェーンとしてその触手を広げるにつれてさらに上昇する可能性があります。

CFXが抱える投資のリスク

暗号通貨市場のボラティリティはCFXに投資する際に考慮すべきリスクの1つであり、もう1つのリスクとしては中国の規制スタンスが現時点で不確実であることです。逆を言えばこれはメリットになる可能性がありますが、厳しい規制姿勢によりCFX価格の下落を余儀なくされる可能性があります。

ConfluxはBinanceのような仮想通貨取引所で購入できます。

Fantom (FTM) – DeFi向けの高速スマートコントラクトプラットフォーム

Fantomは分散化、セキュリティ、スケーラビリティというブロックチェーンのトリレンマに対する革新的なソリューションを提案する急成長中のプロジェクトであり、Fantomは独自のパーミッションレスプロトコルと非同期Byzantine Fault Tolerance (aBFT) を使用することでユーザーが分散型で安全な方法でトランザクションを処理できるようにプロセス全体を高速化します。

Fantomブロックチェーンは1 ~ 2秒のブロック時間で最大10,000 TPSの速度を誇っており、FantomはEthereumと互換性があってDeFiプロトコルとアプリケーションの開発をサポートしています。現在そのブロックチェーン上で200以上のプロジェクトが実行されていますが、そのユーティリティトークンであるFTMはFantomでのステーキング、投票、支払い、取引手数料の支払いへの排他的アクセスに使用されます。

FTMに投資すべき理由は?

FantomはEthereumとの互換性と拡張性の高いネットワークのおかげでDeFi 分野で人気が高まっており、Fantomの採用が増え続けるにつれてFTMの価格も上昇すると予測されています。

FTMが抱える投資のリスク

FTMのようなユーティリティトークンの購入には、その他の仮想通貨と同様そのボラティリティと比較的新しい概念であるため固有のリスクが伴います。

FantomはeToroのような仮想通貨取引所で購入できます。

Render Token (RNDR) – スケーラブルで効率的なブロックチェーンの中心となるユーティリティトークンのRender

Render Tokenは効率的で強力かつ広範囲に拡張可能なレンダリングネットワークの作成を目指すブロックチェーンプラットフォームであるRender Networkのユーティリティトークンです。Render Networkにはレンダリングを処理するためにアイドル状態のGPUを持っている個人と、休止中のGPUパワーでレンダリングジョブを実行したいと考えている他のユーザーを結び付ける独自の価値提案があります。

アイドル状態のGPUの所有者は「ノードオペレーター」、レンダリングが必要なユーザーは「クリエイター」と呼ばれます。Render Networkは3Dプロジェクトのクラウドソーシングやデジタル資産取引も容易にします。ノードオペレーターはクリエイターからレンダリングジョブを受け入れると、レンダリングトークン ( RNDR ) を獲得します。RNDRはネットワーク上でのアニメーション、モーショングラフィックス、VFXレンダリングの作成の支払いにも使用されます。

RNDRに投資すべき理由は?

Render Networkは3Dレンダリング業界に革命を起こすという使命を担っており、そのトップ ユーティリティトークンであるレンダー トークン (RNDR) が重要な役割を果たしています。Render Networkの効率性はクリエイターの間で成功を収めたことからRNDRの価格上昇を引き起こしました。ユーティリティトークンが増加してネットワークがさらに成長するにつれて、RNDRの価格も上昇すると多くの人が予想しています。

RNDRが抱える投資のリスク

RNDRに投資する際には考慮すべきリスク要因がいくつかあります。資産の変動性とGPUベースのレンダリングの必要性が人工知能 (AI) に取って代わられるのではないかという懸念の高まりはRNDR投資家にとって重大なリスクとなっています。

RenderはCoinbaseのような仮想通貨取引所で購入できます。

Magic (MAGIC) – Web3とゲーム コミュニティの橋渡しとなるクロスメタバース仮想通貨

Web 3はインターネットの分散型未来としてよく言われていますが、ブロックチェーンと同様多くのWeb 3プロジェクトは独立して構築されます。Treasure のエコシステムはこの問題を解決するために作成されてゲーム、プレイヤー、メタバース プラットフォーム、コミュニティを全てWeb 3内で接続する橋渡し役として機能します。

そのユーティリティ トークンであるMAGICは別々のウェブをリンクするクロスメタバース通貨として機能します。MAGICはNFTを購入してサポートされている全てのメタバースとネットワークにわたるサービスにアクセスするために使用され、MAGICはMagicが開発したTreasureのメタバースの準備通貨としても機能します。

MAGICに投資すべき理由は?

MAGICはメタバース間の通貨として機能することでほぼ無制限の使用例が与えられることから、最高のユーティリティトークンとしての価格にプラスの影響を与える可能性があります。メタバースの開発が強化されてMagicがより多くのネットワークをそのプラットフォームに統合するにつれて、MAGICの価値は増加すると予測されています。

MAGICが抱える投資のリスク

Treasureは提供するインフラストラクチャが全く同じ結果を達成するため、SandboxやDecentralandなどの主要なメタバースプロジェクトの最高のユーティリティトークンと直接競合しています。

この記事の執筆時点でTreasureは合計プレイヤーベースが100,000人を超える10のゲームを運営しており、このプラットフォームはNFT市場でも主要な仮想通貨コインとして使用されるMAGICトークンを特徴としています。

MAGICはOKXなどの取引所で購入できます。

ユーティリティトークンとは何ですか?

“ユーザートークン”としても知られるユーティリティトークンは、多くの場合でEthereumのERC-20標準に基づいて特定のプロジェクトのブロックチェーン内で特定のアクションを実行するために作成されたデジタル資産またはトークンを指しています。ユーティリティトークンの大きな特徴は、採掘可能ではなくプレマイニング (一度に作成) されて作成者の決定に従って配布されることです。

BitcoinやEthereumなどの従来の仮想通貨とは異なり、ユーティリティ仮想通貨は多くの場合で割引、特典、専用の支払い方法、議決権、ブロックチェーン ネットワーク内の製品、サービス、機能へのアクセスを保有者に提供するために作成されます。最上位のユーティリティトークンは所有者にプロジェクトの所有権を与えないため有価証券として分類できません。

ユーティリティ仮想通貨はどのように使用されますか?

多くの場合、ユーティリティ トークンの使用はそのトークンが作成されたブロックチェーンに限定されます。これはユーティリティ仮想通貨の使用法がそれが作成されたブロックチェーンプラットフォームに依存することを意味しています。以下は、ユーティリティ仮想通貨を使用できる主な方法の一部です。

サービスへのアクセス

多くのユーティリティトークンが使用される主な方法の1つは所有者にブロックチェーン プロジェクトの機能へのアクセスを許可することです。例えば、ユーティリティトークンの所有者には分散型クラウドストレージブロックチェーンプラットフォームにデータを保存または取得するためのアクセスが許可されますが、ユーティリティトークンがなければこれらのサービスは利用できません。

相互運用性

相互運用可能なブロックチェーンの場合、そのネットワークのユーティリティ暗号はその他のネットワーク間の交換、価値転送、相互作用の手段として機能します。例えば、Chainlinkブロックチェーンユーザーはサポートされている他のネットワークと対話する前にLINKを保持する必要があります。

割引や特典

ユーティリティ仮想通貨でのこのような使用は集中型および分散型の交換プラットフォームで一般的です。仮想通貨取引所は多くの場合は所有者にプラットフォーム内での限定割引、取引手数料の引き下げ、追加特典へのアクセスを許可するユーティリティトークンを発行しており、これらの特権はトークン所有者以外は利用できません。

ガバナンスと投票

暗号通貨プラットフォームのメンバーとして、そのユーティリティ仮想通貨を使用して投票を通じてプラットフォームの意思決定プロセスに参加できます。ユーティリティ仮想通貨の保有者には、プラットフォーム内でガバナンス提案に投票できるプロトコルに変更を加える権利が与えられます。

ユーティリティ仮想通貨は良い投資ですか?

ユーティリティ仮想通貨は一般に長期にわたる利益を求める投資家にとって良い投資オプションと考えられています。ただし、あらゆる投資と同様にユーティリティトークンへの投資がどれほど優れているかはいくつかの要因によって決まります。

ユーティリティトークンへの投資がどの程度優れているかを決定する要因は次のとおりです。

  • 暗号通貨の実用性と需要はそのパフォーマンスに影響を与える重要な要素であり、主要な問題の解決を目的として需要が高いユーティリティかそうはほとんど使用例のない仮想通貨よりも優れた投資であると考えられます。
  • プラットフォームの開発と導入は長期にわたるユーティリティトークンの価値を決定する重要な要素です。有能なチームがいるよく開発されたプラットフォーム用のユーティリティトークンは、多くの場合苦戦しているプラットフォームよりも優れた投資を提供します。
  • 仮想通貨はまだ初期段階にあるため、プラットフォームの将来性によってそのユーティリティ トークンへの投資がどのように分類されるかが決まります。一部のプロジェクトは現在採用が拡大すると予測されていることから、そのユーティリティ仮想通貨は良い投資になるでしょう。

ユーティリティ仮想通貨を購入する前に考慮すべきこと

投資家は情報に基づいた投資決定を行うために、常に独自の調査を行いいくつかの要素を考慮することをお勧めします。以下は、ユーティリティ仮想通貨を購入する際に考慮すべき重要な要素です。

プロジェクト

投資家はユーティリティ仮想通貨を購入する前にプロジェクト、テクノロジー、解決しようとしている問題、開発チーム、ロードマップなどを理解するために徹底的な調査を行う必要があります。これによって、投資家はユーティリティ暗号の全体的な存続可能性についてのアイデアを得ることができます。

セキュリティと監査

投資家は時間をかけてプラットフォームの監査や資金を安全に保つために導入されたセキュリティ対策にアクセスする必要があります。投資家は潜在的なリスクを回避するために、スマートコントラクトのセキュリティ監査と仮想通貨プロジェクトのセキュリティを評価するプラットフォームを探すことができます。

流動性

ここでの流動性とは主にユーティリティ仮想通貨の売却の容易さを指しており、投資家は最高の仮想通貨ユーティリティトークンとそのプロジェクトの流動性を評価することで、十分な流動性があってユーティリティトークンを販売できる信頼できる取引所に上場されていることを確認する必要があります。

トークノミクス

ユーティリティ仮想通貨の需要と供給の特性 (トークノミクス) はその成功に重要な役割を果たします。投資家は成功の可能性を知るためにも分配、発行、インフレ、デフレの側面を考慮する必要があります。

危機管理

投資家が考慮すべきもう1つの重要な要素はリスク許容度と投資戦略です。投資する前にまずはプロジェクトにどれだけの金額とどれくらいの期間投資するかを決定することが重要です。

ユーティリティコイン Vs. ユーティリティトークン

ユーティリティコインとユーティリティトークンは同じ意味で使用されることが多いですが、それぞれ仮想通貨の異なる種類の資産を指しています。ユーティリティコインとユーティリティトークンの主な違いは以下のとおりです。

ユーティリティコイン

ユーティリティトークン

ユーティリティコインは独自のブロックチェーン上で動作する独立したデジタル資産です。 ユーティリティトークンは既存のブロックチェーン上で動作するデジタル資産であり、最も人気のあるものはEthereumです。
法定通貨の代替品として単独で存在することも可能です。 これらは、プラットフォームまたは分散型アプリケーション (dApp) で動作するように作成されています。
ネットワーク内で価値を転送する手段としてよく使用されます。 その基本的な機能は特定の製品やサービスへのアクセスを提供することです。
例としてはEthereumやBinance Coinが挙げられます。 例としてはBasic Attention Token、Maker、Chainlinkなどがあります。

ユーティリティ仮想通貨の価格に影響を与える要因

ユーティリティ仮想通貨の価格に影響を与える要因には次のものがあります。

  1. ユーティリティのレベルとプラットフォームの採用はそのユーティリティ暗号の価格に影響を与えます。実用性と採用率が高いほど価格は高くなる傾向があります。
  2. 需要: ユーティリティ仮想通貨の需要が高まるほど、価格も高くなる傾向があります。
  3. 投資家心理と市場動向はユーティリティ仮想通貨の価格に影響を与える重要な要素であり、投資家が弱気になると多くの場合ユーティリティ仮想通貨の価格が下落します。
  4. 競合するプラットフォームやライバルの存在もユーティリティ仮想通貨の価格に影響を与えることがよくあります。ただし、独自のユースケースを持つプラットフォームは平均的なプラットフォームよりも優れたパフォーマンスを発揮することがよくあります。
  5. より広範な仮想通貨市場のセンチメントもユーティリティ仮想通貨の価格に影響を与えます。

最高のユーティリティ仮想通貨の購入方法

これで最高のユーティリティ仮想通貨が分かりましたが、それでは一体どうやって最初にETHの購入を行うのでしょうか?

ステップ 1: 適切な仮想通貨取引所を見つける

Ethereum (ETH) は現在最も人気のある暗号通貨の1つであり、集中型と分散型の両方のほとんどの仮想通貨取引所で利用できます。ただし、ETHを安全に確実かつ安価に購入できる方法を提供する信頼できる取引所を見つける必要があります。また、その取引所があなたの国でサポートされていることを確認してください。このレビューではeToroを使ってETHの購入例を挙げます。

ステップ 2: アカウントを開設する

アカウントを開くにはeToroの公式ウェブサイトにアクセスしてサインアップ オプションをクリックします。メール、ユーザー名、パスワードを入力 (大文字、小文字、数字、記号を含むパスワードの使用が推奨)あるいはFacebookまたはGoogleアカウントを使用してサインアップすることもできます。その後に[アカウントの作成]をクリックします。

ステップ 3: アカウントを確認する

eToroはアカウントをアクティブ化するために6桁の確認コードをメールにて送信します。アカウントをアクティブ化した後に、eToroはセキュリティを強化するためにアカウントの確認を要求しますが、アカウントを確認するには有効な身分証明書 (パスポートや運転免許証) と住所証明書 (銀行/クレジットカーの明細書、インターネット請求書) をアップロードする必要があります。これは設定オプションにあります。

ステップ 4: 入金を行う

アカウントが認証されると、eToroで提供される様々なオプションのいずれかを使用して入金を続けることができます。eToroでEthereum (ETH) を購入するにはアカウントに法定通貨が必要であることからクレジット/デビットカード、銀行振込、PayPal、Neteller、Skrill、Rapid Transfer、iDEALを使用してサポートされている法定通貨を新しいeToroウォレットに入金できます。

ステップ 5: 仮想通貨を購入する

お住まいの地域で利用可能な支払い方法に応じてすぐに資金を受け取ることも可能ですが、支払い方法によっては数日後になる場合もあります。eToroアカウントで資金が利用可能になると初めてのETH購入を簡単に行うことができます。まずはEthereumのページに移動して[投資を始める]をクリックして、購入するETHの量を選択して最初の購入を行います。

新しいコインの購入場所

新興の仮想通貨は確立された仮想通貨とは異なり、通常取引所ではなく各公式ウェブサイト経由で購入されます。早い段階で大きな利益を得るためにも、新しいコインは取引所に上場される前に購入されます。

一方でトップ取引所に上場されている新規および確立された仮想通貨を購入することもできるため、ウォレットに接続してプロジェクトのウェブサイトから購入するのが最善の策かもしれません。次の段落では新しいコインを購入する方法について説明します。

ステップ 1: ウォレットをダウンロードする

MetaMaskは仮想通貨分野で最も人気のあるソフトウェアウォレットの1つであり、新しいコインを購入するための最初のステップはMetaMaskをダウンロードしてウォレットを作成することです。作成された仮想通貨ウォレットは必要な流動性をそこに保存できるため、Chancerのプレセールに参加することができます。

ステップ 2: 仮想通貨を購入する

仮想通貨ウォレットをダウンロードして作成した後は、CHANCERトークンの購入を容易にするためにいくつかの仮想通貨の購入に進むことができます。 Chancerのプレセールに参加するために購入する必要がある仮想通貨にはBNB、BUSD、ETH、USDTが含まれます。

ステップ 3: ウォレットを接続する

新しく作成して資金を提供したウォレットに接続するには、まずChancerホームページに移動します。次にトランザクションを容易にするために使用する暗号通貨 (BNB、BUSD、ETH、USDT) を選択して金額を指定します。最後に[ウォレットを接続]をクリックしてMetaMaskウォレットをウェブサイトに繋げます。

ステップ 4: 反映されるまで待つ

購入した$CHANCERトークンはプレセール終了後にのみ請求できるようになります。トークンの請求に関する詳細はプレセールが終了に近づくと提供され、請求が可能になったら公式ウェブサイトに移動して請求を行う必要があります。

購入に最適なユーティリティ仮想通貨に関するまとめ

ユーティリティトークンは長期的に確実な利益が得られる可能性があるため、優れた投資機会と考えられています。購入するのに最適なユーティリティ仮想通貨は広く採用されている機能的なエコシステムの一部であり、投資家に長期的な確実な利益の可能性を提供するものです。ただし購入するのに「最適な」ユーティリティ仮想通貨の選択は、多くの場合においてその価値提案ではなく個人の投資目標に依存します。

方法論 - 最良のユーティリティ仮想通貨を私たちがどのように選んだか

最適なユーティリティ仮想通貨を選択するには慎重な検討と調査が必要でした。このガイドでは仮想通貨が運営されているプロジェクト、仮想通貨のユーティリティとユースケース、市場の可能性、開発チーム、プラットフォームのセキュリティ、法規制順守、採用率、トークノミクス、トークンの供給などを考慮しています。これらは最適なユーティリティ暗号を選択する上で重要な要素となります。選択プロセスの詳細については「なぜ当社を信頼するのか」「私たちのテスト方法」のページから最適なユーティリティ仮想通貨をどのように選択したかをご覧ください。

追加の仮想通貨コインレビュー

よくある質問

ユーティリティ仮想通貨の価値提案とは何ですか?
ユーティリティ仮想通貨の価値提案はそのユースケースまたはブロックチェーンベースのネットワーク内で特定の製品、サービス、特典へのアクセスを保有者に許可する機能にあります。
なぜユーティリティコインに投資する必要があるのですか?
ユーティリティコインに投資する理由はいくつかあって、例えばユーティリティコインの使用例、ネットワーク製品へのアクセス、長期的な利益の可能性による恩恵などがあります。
ユーティリティトークンの例にはどのようなものがありますか?
ユーティリティトークンの例としてはBasic Attendant Token (BAT)、Chainlink (LINK)、Near Protocol (NEAR)、Quant (QNT)、Decentraland (MANA)、Maker (MKR)、Uniswap (UNI)、Render Token (RNDR) などがあります。
最高のユーティリティトークンとは何ですか?
最適なユーティリティトークンは個人の好みによって異なりますが、優れた使用例と価値提案があるという共通の特徴があります。そうは言っても、最も人気のあるユーティリティトークンにはChainlink (LINK)、USD Coin (USDC)、Bear Protocol (NEAR)、Filecoin (FIL) などが挙げられます。