即座にeToroを登録

2024年に購入すべき安価の仮想通貨トップ19

By Onose Asotie-Enaholo - 更新済み 15 2月 2024
fact-checked

仮想通貨を購入する際には「安い」かどうかは観点の問題であり、実際には15,000ドルのBitcoinは安く2,000ドルのEthereumは高価になります。その秘訣はそれぞれの仮想通貨をしっかりと評価し、それを同じクラスのその他と比較することです。今すぐの購入に最適な安価な仮想通貨を探す場合にはドルの価値はそれほど重要な要素ではありません。

もしあなたが仮想通貨プロジェクトの評価プロセスに詳しくなくても心配しないでください。私たちがあなたのために各プロジェクトの本質的価値やこれからの成長の可能性に基づいた調査を行い、今購入するのに最も安い仮想通貨をまとめたリストを作りました。

このガイドを読み終える頃には、あなたはこの広い仮想通貨業界の中で最も安価なオプションに関する知識が身についているはずです。

2024年に今すぐ購入できる最高の格安仮想通貨

  1. Bitcoin Dogs ($oDOG) – 最高のBRC-20トークン
  2. BitBot ($BitBot)最高の仮想通貨取引ボット
  3. Memeinator (MMTR) – 最優秀新ミームコインコミュニティ
  4. Shiba Memu (SHMU) – 最高のマーケティングプラットフォーム
  5. Chancer (CHANCER) – 最高の予測市場
  6. Alt Signals (ASI) – 最も安価な暗号化サービス
  7. Metacade (MCADE) – 最高のWeb3ゲームコミュニティ
  8. Sui Network (SUI) – 最も安価なレイヤー1ブロックチェーン
  9. Arbitrum (ARB) – 最も安価な暗号化レイヤー2ネットワーク
  10. ArbDoge AI (AIDOGE) – 将来有望な安価なミームコイン
  11. Mute (MUTE) – 成長するエコシステムにおける安価なDex
  12. Gains Network (GNS) – 安価な永久取引プラットフォーム
  13. Ripple (XRP) – 現実世界でも採用されている安価な仮想通貨
  14. Blue Move (MOVE) – 成長するNFT市場
  15. Osmosis (OSMO) – 安価かつ相互運用可能なDex
  16. Rmrk (RMRK) – 安価なNFTインフラストラクチャ
  17. Render (RNDR) – 分散レンダリングサービス
  18. Bitcoin (BTC) – 安価な優良仮想通貨
  19. Ethereum (ETH) – 高い可能性を秘めたブロックチェーン

今すぐの購入に最適な格安仮想通貨の比較表

仮想通貨

カテゴリー

時価総額

ブロックチェーンネットワーク

購入場所

Bitcoin Dogs ($oDogs) ゲーム

なし

Bitcoin

$oDOGを購入する

BitBot (BITBOT)

ユーティリティ

なし

Ethereum

BITBOTを購入する

Memeinator (MMTR)

コミュニティ

なし

Ethereum

MMTRを購入する

Shiba Memu(SHMU)

サービス

なし

Ethereum、BSC

SHMUを購入する

Chancer (CHANCER)

予測

なし

BSC

CHANCERを購入する

Alt Signals (ASI)

サービス

なし

Ethereum

ASIを購入する

Metacade (MCADE)

コミュニティ

1,900万ドル

Ethereum

MCADEを購入する

Sui Network(SUI)

レイヤー1 

4億3,900万ドル

Sui

SUIを購入する

Arbitrum (ARB)

レイヤー2

14億ドル

Arbitrum

ARBを購入する

ArbDoge AI (AIDOGE)

ミームコイン

2,700万ドル

Arbitrum

AIDOGEを購入する

Mute (MUTE)

Dex

2,200万ドル

ZkSync

MUTEを購入する

Gains Network (GNS)

永久取引

1億2,100万ドル

3+

GNSを購入する

Ripple(XRP)

支払い

265億ドル

Ripple

XRPを購入する

Blue Move (MOVE)

NFTマーケットプレイス

190万ドル

Aptos、Sui

MOVEを購入する

Osmosis (OSMO)

相互運用可能な Dex

2億5,200万ドル

Cosmos

OSMOを購入する

RMRK (RMRK)

NFT規格

1,800万ドル

Polkadot

RMRKを購入する

Render (RNDR)

インフラストラクチャー

8億ドル

Ethereum

RNDRを購入する

Bitcoin (BTC)

レイヤー1

5,800億ドル

Bitcoin

BTCを購入する

Ethereum (ETH)

レイヤー1

2,260億ドル

Ethereum

ETHを購入する

最高な格安仮想通貨トップ19のレビュー

Bitcoin Dogs ($oDog) – 最高のBRC-20トークン

Bitcoin Dogsのネイティブトークンである$0DOGはのBitcoinブロックチェーン上における初のICOとして、最先端のBitcoinオーディナルテクノロジーを使用することで現在Bitcoinネットワーク上に構築されているもの全ての境界を押し広げています。

このプロジェクトはミームコイン、NFT、オーディナルなどを組み合わせることで新たな革新を目指している全てのと共に、これまで誰も行ったことのない場所に皆様を連れて行くという目標を掲げています。同業界においてこのような動きは非常に喜ばれることから、このプロジェクトはBitcoinコミュニティ内外における多くの人々の関心を集めることでしょう。

どうしてBitcoin Dogsに投資するのか?

Bitcoin DogsはBRC-20やBitcoinの半減期などの強力な暗号通貨の物語において、投資家からの大きな注目を集めてさらなる革新や大きな上昇を可能にする可能性があります。なぜなら、これまでに立ち上げられたいくつかのBRC-20プロジェクトが投資家やBitcoin愛好家からの注目を集めていたからです。

Bitcoin Dogsはその他の多くのプロジェクトとは異なりトークン、計画されているNFTコレクション、未来のゲームを使用した初のBitcoinのネイティブゲームエコシステムを構築しています。

Dune AnalyticsのBitcoinオンチェーンのメトリクスデータによれば、Ordinalsが開始された2023年1月末近くからブロックチェーン上のトランザクション数が大幅に増加し始めたことを示しています。

2024年4月に訪れるBitcoinの半減期と組み合わせた取引量の増加は、Bitcoin Dogsのような有望なプロジェクトの大幅な成長を促進する可能性があります。

Bitcoin Dogsへの投資のおけるリスク

Bitcoin Dogsはこれまでに行われたことのない偉業を試みる新しいプロジェクトであるため、将来的に見れば必ず何かしらの障害が見られることでしょう。これまでの多くのトークンの立ち上げの歴史を見れば、計画の時点ではそのような問題が見られることはほぼありません。

Bitcoin Dogのエコシステムのネイティブトークンの$0DOGの最大供給量は9億であり、そのうち90%が予約販売に割り当てられることになることから、これは投資家が大量のトークンを取得することを意味しています。

このプロジェクトに早期に参加するにはBitcoin Dogsのウェブサイトにぜひアクセスしてみてください。

Bitbot (BITBOT)最高の仮想通貨取引ボット

bitbot crypto trading bot website homepage

BitbotはTelegramでの簡単なテキスト指示を使用することでオンチェーンでの仮想通貨取引を可能にする仮想通貨取引ボットであり、このような即時執行速度を備えたボットの登場は多くの機関投資トレーダーに追いつくための人々の増加傾向を顕著に表しています。

通常このようなボットはメッセージプラットフォームのTelegramと統合されており、そこでユーザーは簡単なコマンドを使用することで取引活動をコントロールすることができます。トレーダーはこのようなボットが持つ容易さ、高い効率性、素早いスピードによって主要な取引所にてトークンが発売される前にそれらを見つけて購入することができます。

どうしてBitbotへの投資を行うべきか?

Bitbotはその他の多くの取引ボットよりも優れた機能を提供しており、ここで触れておきたい点は強調された分散化です。多くのTelegramを介するボットはユーザーの秘密鍵を保持していることから攻撃ベクトルが発生しやすくなります。

2023年10月にハッキングされたUnibotのような人気のボットでこのような事例の発生が確認されました。同プラットフォームにはユーザーの秘密鍵が保存されていたために大きな資金の流出が懸念されました。

Bitbotには完全に分散化された構造が採用されていることから、ユーザーは自分のトークンの管理を行えるようになります。

Bitbotへの投資が抱えるリスク

Bitbotには確かな実用性がありますが、同トークンの成功はユーザーを引きつけて維持する企業の能力にかかっています。通常であれば、弱気市場よりも強気市場の方が達成しやすいです。

2024年はBitcoinの半減期のおかげで強気市場になると予想されているが、それ以降の市場の流れがどうなっていくかはまだ誰にも分かっていません。

Bitbotの総供給量は10億トークンであり、そのうち30%は今後のプレセールイベントにて販売されます。さらにこのプレセールイベントの参加者には最大$100,000の賞金が与えられるコンテストも含まれています。このプレセールの最新情報を入手するにはBitbotの公式ウェブサイトをご覧ください。

Memeinator (MMTR) – 最優秀新しい Memecoin コミュニティ

Memeinator は、ひねりを加えたミームコインです。他のミームコインは犬やカエルといった動物のテーマを採用していますが、メメイネーターは大人気のターミネーターシリーズのテーマを採用することを選択しました。ミーム市場を独占するためにタイムスリップしたターミネーター犬が登場します。

Memeinator に投資する理由

ミームコインの分野では、バイラル性が成功と失敗の分かれ目となります。 Memeinator は、成長するコミュニティの関心を維持するために、革新的なマーケティング戦略、魅力的なストーリー、今後の一連の製品を採用してきました。ミームコイン空間の不確実性にもかかわらず、メメイネーターは革新的な報酬を提供することで忠実なサポーターのコミュニティを生み出す可能性を示しました。そのうちの 1 つは、ヴァージン ギャラクティック号での宇宙旅行で、その価値はなんと 25 万ドルです。将来的には、MMTRトークンは、独占的なNFTやアクションゲームを含むエコシステムのロックを解除する鍵となります。

Memeinator への投資のリスク

大きな計画や誇大宣伝は、ミームコインが人々を参加させるために採用する一般的なツールであり、メメイネーターは進歩しているものの、まだテストされていません。ほとんどのミームコインは失敗し、メメイネーターも同様に失敗する可能性があります。 MMTRの最大供給量は10億トークンで、その62.5%が現在進行中のプレセールで提供されている。これは、供給の大部分が一般の人々の手に渡り、改ざんされにくくなるため、適切です。プレセールに参加するには、 Memeinator サイトにアクセスしてください。

Shiba Memu (SHMU) – 最高のマーケティングプラットフォーム

仮想通貨サイト「Shiba Memu」のロゴが入った「Shiba Memu」ホームページ

Shiba Memuは人工知能の機能とブロックチェーン技術の分散化および不変性を組み合わせてた自給自足のマーケティングプラットフォームを構築するトークンです。

Shiba Memuに投資すべき理由は?

Shiba Memuはこれまで仮想通貨市場で実現できなかったAIを利用した計算を活用して独自のコピーの生成、配布、分析データに基づいて戦略を立てることができる永続的なマーケティングソフトウェアの作成を目標にしています。

自給自足のマーケティングプラットフォームとミームコインを組み合わせることでSHMUトークンを活用したソーシャルコミュニティが形成され、仮想通貨を扱う投資家がマーケティングプラットフォームのユーティリティにアクセスできるようになります。そうして、投資家はプラットフォームのマーケティング活動を監視したりAIと対話したり AI ダッシュボードにアクセスして提案を提供したりできます。

Shiba Memuが抱える投資のリスク

Shiba Memuは仮想通貨の世界において他に類を見ない規模でAIを活用したマーケティングを試みる最初のプロジェクトであることから、その他の分野での新たな挑戦と同じように何かを始める時には様々な技術面での障害が現れることでしょう。

SHMUの最大時価総額は10億トークンで、そのうち8億5,000万トークンがプレセール段階で売りに出されます。5億トークンがEthereumブロックチェーンネットワークで販売され、残りの3億5,000万個がBSCネットワークで販売される予定です。

参加するには、 Shiba Memuのウェブサイトにアクセスしてください。

Chancer (CHANCER) – 最高の予測市場

仮想通貨のプレセールを発表するタイマーを備えた Chancer ウェブサイトのホームページ Chancerは人々が出来事の結果に賭けることができる予測市場を作成するためのプラットフォームであり、これは本質的にユーザーが賭けを作成して勝者が確実に支払いを受けることを可能にする分散型賭博業界のプラットフォームです。

Chancerに投資すべき理由は?

現在では様々なベッティングサイトがありますが、Chacerのようなブロックチェーンの仕組みを統合しているサイトはほとんどありません。このプロトコルを使用すると誰もが単一の追跡可能な結果をもたらすあらゆるイベントを追跡するマーケットを作成できることから、マーケットクリエーターはマーケットメーカーと呼ばれています。

マーケットが作成されるとマーケットメーカーはカスタムのルール、構造、報酬層をなどを設定することができます。プロトコルが基礎となるスマートコントラクトの作業を処理している間には望む人を招待したり賭けをするために一般に公開したりすることができることから、報酬層が尊重されて資金が安全に保たれることで勝者への報酬を保証します。

私たちがChancerを気に入っている理由はそのライブストリーミングとソーシャルベッティング機能です。それらを使ってユーザーが地元エリアであらゆるイベントをライブストリーミングしたり、イベントのリアルタイム展開に合わせて他のユーザーが賭けをするマーケットを作成することができます。

これらの機能を使用すると、世界中のユーザーが近隣で開催されるイベントに賭けることができます。

Chancerが抱える投資のリスク

Chancerは比較的新しいプロジェクトですが、ユーザーベースがChancerの主な視聴者である大手のBitcoinギャンブルサイトほど人気はないことから、分散型賭博プラットフォームのマーケティングチームは自分たちの仕事を任されることになります。

さらにブロックチェーンコードのオープンソースの性質により、Chancerの競合他社はそのコードベースをコピーしてそれを簡単に自社のサイトへ実装することができます。

このプロトコル全体はBSCネットワーク上で起動されるネイティブトークンのCHANCERによって強化されます。現在は6月13日に始まったプレセール段階にあり、最高の仮想通貨プレセールを探している初期投資家にとってはは非常に良い時期と言えるでしょう。

これに参加するには、公式ウェブサイトにアクセスしてChancerの購入を行ってください。

Alt Signals (ASI) – 最高の格安取引サービス

altsignals のウェブサイトのホームページには、altsignals に関するビデオと、暗号通貨について詳しく学ぶためのオプションが含まれています Alt Signalsは暗号資産および外国為替トレーダー向けに取引サービスを提供する会社であり、彼らが提供するサービスにはForex SignalsやBinance Signalsと共に一番人気のAltAlgoなどが含まれます。

Alt Signalsにはそのアルゴリズムが機能するという実証済みの実績があり、現在彼らは改良された製品に関するコミュニティを構築することでその範囲を拡大したいと考えていることから同チームはActualizeAIと呼ばれるAltAlgoのより強力なバージョンを開発しました。

彼らはActualizeAIをベースとして使用しており、現在利用可能なものよりも優れた新しい豪華なサービスを構築しました。過去の製品のようにサブスクリプションプランを採用する代わりに、同社はブロックチェーンテクノロジーを統合して仮想通貨市場のための分散型コミュニティを構築します。

このコミュニティはASIと呼ばれるエコシステムのネイティブトークンによって強化されます。メンバーがツールにアクセスしてコミュニティに参加するにはウォレットにASIを保持する必要があります。

Alt Signalsに投資すべき理由は?

ASIには2つのメリットがあります。1つ目は既存の仮想通貨市場コミュニティに価値を提供する持続可能な製品に基づいて構築されているためにすでに利用可能である点です。

2つ目はまだ同トークンは販売前の段階にあるためにその高い価値と成長の可能性を考慮しても、このリストの中で最も安価なものの1つになっています。

Alt Signalsへの投資のリスク

Alt Signalsはその使用方法を知っている人々向けに独自のサービスを提供しますが、仮想通貨小売市場全体に広くアピールできるという保証はないことから、同社は獲得した市場の一部からできるだけ多くの価値を生み出す方法を見つける必要がある。

このプレセールに参加するには、公式ウェブサイトにアクセスしてAlt Signalsの購入を行ってください。

Metacade (MCADE) – 最高のWeb3ゲームコミュニティ

メタケード暗号ウェブサイトのホームページ。ロゴと、最終プレセール段階と暗号コインの価格の発表が記載されています。 Metacadeはビルダー、プレイヤー、ブロガー、インフルエンサーなどのクリプトゲームを愛する全ての人のために構築されたWeb3ゲームコミュニティをサポートするプロトコルです。

このプロジェクトは様々なゲームやメタバースにわたって育成できる仮想通貨コミュニティに焦点を当てている他に類を見ないものです。

Metacadeに投資すべき理由は?

Metacadeは様々なゲームのプレイヤーやメンバーで構成されるコミュニティを作成してソーシャルゲーム、トーナメント、交流のハブとなることを目標としています。

このコミュニティメンバーはプラットフォームのメンバーエリアからいくつかのゲームにアクセスでき、またトップトレンドのゲームや最高のプレイヤーなどの指標を追跡するリーダーボードにもアクセスすることができます。

同ユーザーはクリプトゲームでの収益を最大化するのに役立つ最高のGameFi仮想通貨の戦略にアクセスしたり、自分の経験について書くことができるレビューセクションにもアクセスしたりすることができます。

Metacadeはこの規模でゲームコミュニティを構築する最初のプロジェクトであるためにコのリストに名を連ねてました。Metacadeの競合相手としてはMerit CircleのようなMetacade が意図しているレベルでの社会的経験を統合していないギルドや奨学金プログラムが挙げられます。

Metacadeが抱える投資のリスク

仮想通貨市場でこれほどの規模でこのプロジェクトを開発するのはMetacadeが初めてであるため、プロジェクトがどの程度うまく機能する可能性があるかを示す戦略や市場統計はまだないことから、このようなプロジェクトが成功するかどうかを確認するにはしばしば時間がかかる場合があります。

このプロジェクトはかなり新しく同社はその目標に向かって現在も構築中であることから、市場がその潜在的な価値をまだ織り込んでいないためにMCADEの価格はまだ安い状態です。

ここからMetacadeを購入することができます。

Sui Network (SUI) – 最安のレイヤー1ブロックチェーン

Suiは水平方向に拡張可能かつおそらく構築が容易な新しいブロックチェーンネットワークであり、Ethereumと同様にあらゆる種類の分散型アプリケーションや暗号資産に対応する汎用ネットワークです。

しかしEthereumとは異なってSolidityでは構築されておらず、その代わりに動的で使いやすいとされるMoveと呼ばれるプログラミング言語を使用しています。

SUIに投資すべき理由は?

ここでは購入可能で比較的安価な仮想通貨をリストアップしていますが、SUIの価格は現在1.12ドルで時価総額は 5 億 9,600 万ドルです。このブロックチェーンの親会社は20億ドルの評価額で3億3,600万ドルを調達しましたが、暗号資産コインの価格は現在エコシステムの価値を反映していません。

このプロジェクトが弱気市場の真っ只中にトークンを発売すると、SUIでも見られるように外部市場の力によってトークンの価格とその価値の間に不一致が生じる可能性があります。Suiのその他のブロックチェーンの時価総額は全て10億ドルを超えており、これはつまりSUIにはまだ成長の余地があって今すぐの購入に非常に適した仮想通貨であることを意味しています。

Suiが抱える投資のリスク

Suiは暗号資産の競争の激しいサブセクターである非EVMブロックチェーンセクターに属していることから、深刻な技術的進歩を備えた現在および今後のブロックチェーンネットワークに対抗しています。Saiは優れた技術スタックと大きな銀行口座を持っていますが、大きな銀行口座と優れたテクノロジーを備えた他のネットワークと比較するとまだ知名度が低いようです。

SUIコインの総供給量は100億枚でそのうち5億2,800万枚が現在流通していることから、将来的にはある程度の売り圧力が予想されます。SUIの現在の価格は安価な仮想通貨を購入する魅力的な選択肢となっています。

SUIはBinanceなどの仮想通貨取引所で購入できます。

Arbitrum (ARB) – 最も安価な暗号化レイヤー2ネットワーク

イーサリアムの安全なスケーリング ArbitrumはArbitrum上に構築されたレイヤー2ネットワークであり、Rollupsと呼ばれるテクノロジーのおかげで親ネットワークよりもはるかに高速かつ安価に仮想通貨市場での取引を処理します。

レイヤー2ネットワーク (L2と呼ばれる) は、通常Ethereumにネイティブでありスケーラビリティに役立つことでEthereumの高額な料金を回避します。

Arbitrumは最大のL2ネットワークであり執筆時点で時価総額は13億ドル、ロックされた総額は23億8,000万ドルで時価総額をはるかに上回っています。

Arbitrumに投資すべき理由は?

Suiと同様に、Arbitrumも最近弱気の市場環境でARBと呼ばれる独自通貨を発売しましたが、そのトークンはそのエコシステムが提供する価値のレベルを反映してはいません。4番目に大きなEVMネットワークであるArbitrumはDeFiアプリケーションを通じて多大な価値を提供しています。

Arbitrumが抱える投資のリスク

Arbitrumはzkロールアップと呼ばれる技術よりも技術的に劣ると考えられているオプティミスティックロールアップと呼ばれる技術を使用して構築されており、新しいレイヤー2ソリューションは後者を使用して構築されていますが、この開発によって長期的にはArbitrumが最大のレイヤー2に代わる可能性があります。

ARBの総供給量は100億トークンでそのうち12億トークンが現在流通しており、執筆時点では1.09ドルで取引されています。

ARBはBinanceなどの仮想通貨取引所で購入できます。

ArbDoge AI (AIDOGE) – 将来有望な最も安価なミームコイン

ArbDoge AIは2023年4月にArbitrumネットワーク上で販売されたミームコインです。これは短期間で大幅に成長しましたが、依然としてドルの価値と比較の両方においては仮想通貨の分野で安価な仮想通貨の1つになっています。このコインが持つ高い将来性は暗号通貨愛好家たちが望むようなものです。

このミームコインはPepeと呼ばれる今人気のあるトップミームコインによって引き起こされた高騰後に価格を上昇しました。ArbDoge AIの時価総額は6,900万ドルで、流通供給量は194,000兆トークンです。

ArbDoge AIに投資すべき理由は?

ArbDoge AIは弱気市場で素晴らしいパフォーマンスを示しており、時価総額は最高約1億ドルに達しました。執筆時点では約6,900万ドルまで後退していますが、これは仮想通貨投資家にとって仮想通貨取引所での購入の機会を提供すると考えています。

いくつかのミームコインとは異なり、ArbDogeはトランザクションごとに15%ものトークンバーンを実装していることから、これまでに総供給量の7.5%に相当する15.9千兆ものトークンがバーンされています。そしてこのプロジェクトではバーンを促進させる様々な製品の開発も行っています。

ここでの良い例は、独自のトークンが付属する提案されたNFTマーケットプレイスとDeFiアプリケーションです。これらのトークンを入手する唯一の方法はAIDOGEミームコインをバーンすることです。

ArbDoge AIが抱える投資のリスク

ArbDoge AIはトークンの実用性を生み出すための様々なプログラムとインセンティブを実装することを約束する数多くのミームコインプロジェクトの1つであり、その取り組みが成功するかどうかは保証できないしほどんどのプロジェクトはいつの間にか消滅してしまいます。

AIDOGEはOKXなどの仮想通貨取引所で購入できます。

Mute (MUTE) – 成長するエコシステムにおける安価なDex

Muteは最も急速に成長しているゼロナレッジL2ソリューションであるZkSync Eraネットワークの柱となることを目指している分散型取引所です。

Muteは様々なDefiサービスを1つのプロトコルに組み合わせる通常の分散型取引所とは異なり、Dexには自動化されたマーケットメーカー、流動性プール、イールドファーム、ネイティブトークンなどを市場価格よりも割引して購入できる債券プラットフォームが含まれています。

Muteに投資すべき理由は?

全てのブロックチェーンエコシステムにはそのネットワーク上の大量のトランザクションを処理する主要なDexがあり、Muteはロックされた総額940万ドルのZkSync Eraエコシステムの候補の1つになっています。

新しいAmplifierプラットフォームを使用することで、様々なトークンを交換したり利回りと引き換えに流動性を提供したり収益を高めることができます。また、結合機能を利用してLPトークンを交換することでMUTEトークンを割引価格で購入することも可能です。

Muteが抱える投資のリスク

MuteはzkSync Eraネットワーク上の新たな分散型取引所の1つでその成功に直接関係しています。このネットワークが成長することでMuteは多くの分散ネットワークアクティビティにリンクされるためにMuteも一緒に成長していきますが、もしネットワークが成長しない場合はMuteも同じ様に成長しない可能性があります。

現在のMUTEはトークン当たり0.63ドルで時価総額2500万ドルで取引されているが、その他のトークンの1つであるJoeの1億1800万ドルと比べればその数字は微々たるものです。

Coinbaseのような集中型取引所でMUTEを購入できます。

Gains Network (GNS) – 安価な永久取引プラットフォーム

Gains Networkはパーペチュアルと呼ばれる仮想通貨デリバティブの取引プラットフォームであり、これらのデリバティブは有効期限のない先物のように機能することで無限の保持を意味しています。

このプラットフォームは主に投機家やトレーダーを対象としており、最大150倍のレバレッジ機能を備えていますが通常のスワップにも使用することができます。

Gains Networkに投資すべき理由は?

FTXの崩壊以来は分散型取引の人気が高まっていますが、GMXのようなプラットフォームはすでにかなり成熟していることからトークンの価格は高くなっています。しかし、利益は依然として成長しておりこれからの計り知れない可能性を秘めています。

GMXは50ドルを超えて取引されているが、プラットフォームのネイティブ通貨であるGNSは2023年2月に最近の最高値である10.63ドルに達した後に今は4.96ドルで取引されています。

Gains Networkが抱える投資のリスク

Gains Networkにはこれからの成長の可能性があります。しかしその他のパーペチュアルプラットフォームに比べた大きなメリットはトークン化された株式、外国為替ペア、金属などであり、残念ながら現時点ではブロックチェーン空間で株を取引することに対する個人の関心をあまり持っていません。

GNSは合計3,000万トークンを供給しており、現在はその全てが時価総額1億5,000万ドルで流通しています。そして1,600万ドル相当の資産がスマートコントラクトにロックされていますが、時価総額3億3,100万ドルのdYdXや同クラスの他の取引所と比較すると仮想通貨投資家にとってGainsは割安だと感じるはずです。

GNSはBinanceなどの取引所で購入できます。

Ripple (XRP) – 現実世界でも採用されている安価な仮想通貨

Rippleは制度的導入を達成しつつ現実世界の重要な問題に対する持続可能な解決策を提供する仮想通貨プロジェクトであることから、同市場のデジタル資産の中でも隠れた宝石として知られています。

通常は数日かかる国際取引を即時に決済することで世界的な取引を容易にする世界的決済システムであるRippleは、即時決済を提供するために様々な市場に資本を縛り付けたりSWIFTなどのネットワークで支払いが処理されるまで数営業日待つ代わりにRippleを使用するだけで済みます。

Rippleに投資すべき理由は?

RippleネットワークはXRPと呼ばれるトークンによって動かされており、米国の最高の規制当局である為替委員会であるSECとの訴訟によって価格はここ1年間1ドル未満に留まっていますが、最近の報道では近々訴訟が終結して同社の勝利で終わる高い可能性を示唆しています。

この訴訟が最終段階に入っている可能性があるというニュース後の2023年3月にはXRPの価格は50%も急騰しました。米国の主要取引所から上場廃止になったにもかかわらず、仮想通貨業界ではこのコインの需要が依然として存在していることは明らかだ。

Rippleが抱える投資のリスク

現在のRippleは米国のSECと係争中であり、その結果によってRipple社とそのトークンの未来が決まる可能性があります。

XRPの総供給量は1000億トークンで、そのうち510億トークンがすでに流通しています。執筆時点では0.42ドルで取引されており、52週間の高値と安値は2023年3月の5.4ドルと2022年6月の0.30ドルで購入するにはあまり悪くない仮想通貨の選択肢となっています。

詳細についてはRippleレビューをご覧ください。XRPの購入はeToroなどの取引所で行うことができます。

Rippleを購入する/inv-visit]

Blue Move (MOVE) – 成長するNFT市場

Blue MoveはAptosブロックチェーンネットワークであり、最近ではSui Network上のNFTマーケットプレイスでもあります。これは成長するネットワーク上の主要なNFT市場であることから、他のブロックチェーンプロジェクトチェーンにも拡大する計画があります。

このマーケットプレイスにはアートコレクション、収集品、ドメイン名、ゲーム内アイテム、スポーツNFT、仮想世界、Aptosネットワーク上の写真などがリストされています。AptosのNFTスペースは非常に新しいため、EthereumやSolanaのスペースほど成熟していません。

Blue Moveに投資すべき理由は?

NFTは弱気相場では後回しになる可能性がありますが、通常強気サイクルでは活発になります。さらに仮想通貨アナリストは一般に2024年に登場するという点で同意しており、Blue Moveはこれからの大きな成長が期待されています。

MOVEと呼ばれるプラットフォームのネイティブトークンもシステムに深く統合されており、ネイティブコインをトップステーキングコインとして使用する投資家はMOVEはプラットフォーム上で発売される新しいNFTコレクションへのホワイトリストアクセスを獲得します。また、彼らは取引手数料から得られる収益の一部も受け取ります。

MOVEの総供給量は3億トークンでそのうち2,800万トークンが流通しています。これは通常トークンのロック解除中の売り圧力を示唆する可能性がありますが、プロジェクトのトークノミクスは保有者にトークンをステーキングする動機を与えます。

Blue Moveが抱える投資のリスク

BlueMoveはERC-751 NFTをサポートしていないために他のマーケップレイスほどの人気はありません。その成功はAptosやSuiなどのブロックチェーンプラットフォームで使用されるMoveプログラミング言語の成功と結びついています。

MOVEの株価は執筆時点で0.06ドルで時価総額は4,200万ドルとなっています。時価総額1,600万ドルのRaribleのようなマーケットプレイスと比較すると、MOVEは比較的安い仮想通貨の選択肢になります。

MOVEはUniswapなどの取引所で購入できます。

MOVEを購入する

Osmosis (OSMO) – 安価で相互運用可能なDex

OsmosisはCosmosのインターチェーン全体の流動性を管理するためのプロトコルであり、インターチェーンは相互接続されたブロックチェーンプロジェクトのネットワークです。それらは全て独立していますが、ブロックチェーン間通信プロトコル (IBC) と呼ばれる通信プロトコルのおかげで相互に通信して資産を送信できます。

Osmosis DexはOsmosisプロトコルに基づいて構築されたプレミアのインターチェーン分散型取引所です。Cosmosエコシステム内のいくつかのブロックチェーンの流動性プールを実行することでブロックチェーン間のスワップを容易にします。

Osmosisに投資すべき理由は?

Osmosisは相互運用可能な流動性管理の主要リーダーの1つであり、Cosmosエコシステム内の全ブロックチェーンはOsmosisの流動性プールにトークンを持っています。したがって、ほとんどの取引はそこで行われることから同プラットフォームは手数料の恩恵を受けます。

また、そのAMMは流動性プールが相互接続されたブロックチェーンのエコシステム全体にサービスを提供するため、投資家が流動性を提供して魅力的な収益を得ることで利益を得る機会も提供します。

Osmosisが抱える投資のリスク

インターチェーンの流動性レイヤーであるにもかかわらず、Osmosisのロックされた合計価値は一部のレイヤー2ネットワークのDexと比較すると少し見劣りします。これは仮想通貨小売ユーザーの大部分がEthereumやSolanaなどのチェーンに存在していることを示しています。

これまでのところ、Osmosisの1日平均取引高は800万ドルで総数量1億5,300万ドル相当の流動性を持っています。ネイティブトークンであるOSMOの総供給量は10億ユニットであり、そのうち5億7,700万ユニットがすでに流通していてその時価総額は3億5,700万ドルになります。

執筆時点でOSMOは0.65ドルで取引されており、2022年5月には52週間の高値である2.60ドルを記録しています。この安価な仮想通貨は現在52週間の安値で取引されています。

OSMOはBinanceなどの取引所で購入できます。

Rmrk (RMRK ) – 安価なNFTインフラストラクチャ

RMRK (リマーク) はPolkadotエコシステム上で永久に流動性のある前方互換性のあるNFTを構築するためのNFT標準であり、RMRKは私たちのリストにある多くの安価な仮想通貨のように1ドルを下回っていませんが、これが持つ大きな可能性と比較すると安い方だと私たちは考えています。

このNFTフレームワークはプログラム可能なNFTの構成要素として機能するために他のフレームワークより際立っています。開発者は特別な属性を使用してNFTをプログラムしたりNFTを相互にネストしたり、NFTの所有権を他のNFTに譲渡したりできます(例を挙げれば、住宅NFTの所有権をそれが建てられている土地に譲渡するなど)。

開発者はNFTの作成後でもNFTを変更することができます。例えば、特定の基準が満たされた後に変更されるアップグレード可能なNFTの剣の作成、カードゲームバージョン、2Dシューティングバージョン、3DグラフィックバージョンのオールインワンNFTなどが含まれます。

RMRKに投資すべき理由は?

これは現存する最も先進的なNFT標準であることに加えて、NFTがこれからすぐになくなるとは考えられないことから、これからRMRKがNFTの作成と管理において非常に頼りになる可能性があります。

RMRKのトークノミクスも理想的であり、現存するトークンはわずか1,000万個でそのうち950万個がすでに流通しています。残りの500,000トークンからの売り圧力は期待できません。

Rmrkが抱える投資のリスク

Rmrkの優れたNFT標準にもかかわらず多くの仮想通貨投資家にはあまり人気がありません。このトークンにはEVMバージョンがありますが、そのユースケースは依然としてPolkadotやKusamaなどのStatemineチェーンにある程度限定されています。

執筆時点でRMRKは1.89ドルで取引されており、52週間の高値と安値は2022年5月の6.56ドルと2022年12月の1.69ドルです。

RMRKはCoinbaseなどの取引所で購入できます。

RMRKを購入する

Render (RNDR) – 分散型レンダリングサービス

Renderはクリエイター、ビルダー、デザイナー、グラフィックス処理能力を必要とするほぼ全ての人にGPUパワーを提供する分散型グラフィックスレンダリングサービスです。

Renderを使用することでクリエイターが社内でレンダリングするために高価なGPUを購入する必要がないため、ビデオ ゲームやメタバースなどの重いレンダリングの価格が削減されます。現在ではクラウドサービスの拡大に伴いユースケースが増加しており、Renderはまさに分散型アプリケーションレンダリング分野のリーダーです。

Renderに投資すべき理由は?

Renderは現実世界ですぐに役立つブロックチェーンプラットフォームベースのプロジェクトです。Rippleと同様にこれはすでに世界中のクリエイターによってコンセプトを実現するために使用されていることから、そのトークンはシステムに深く統合されていてエコシステム全体で価値を移転するために全ての利害関係者によって使用されます。

Renderが抱える投資のリスク

主要なGPUチップメーカーがRenderと同様のクラウドGPUコンピューティングネットワークを運営しているため、Renderは必然的に集中型であるNvidiaと対決することになります。

RNDRの総供給量は5億2,100万トークンで、そのうち3億6,300万が現在流通しています。つまりある程度の売り圧力は予想されますが、RNDRのトークノミクスの仕組みによって売り圧力が発生する可能性は低くなります。

執筆時点でのRNDRの市場価値は1.74ドルで取引されており、52週間の高値と安値は2023年5月の2.41ドルと2022年6月の0.32ドルです。

RNDRはBinanceなどの取引所で購入できます。

Bitcoin (BTC) – 格安の優良仮想通貨

Bitcoinがここにいるのは仮想通貨のゴールドスタンダードとしてこれからも成長の可能性があるからです。ドル換算では決して安い仮想通貨の1つではありませんが、ネットワークがどれだけ成長できるかや分割して購入できるという事実と比較すると依然として実行可能な選択肢となるでしょう。

また、新しいテクノロジーによってデータをブロックに書き込むことでBitcoinブロックチェーン上にNFTやミームコインさえも作成できるようになりました。オーディナルと呼ばれるNFTはすでにブロックチェーン上に存在しますが、このテクノロジーの普及はNFT市場の繁栄につながる可能性があります。

Bitcoinに投資すべき理由は?

Bitcoinはネットワークの特性を根本的に変える方法でオフにしたりハードフォークしたりすることができないことが証明されている唯一の分散型ブロックチェーン ネットワークであり、このコインの供給量は固定されていて変更することはできません。

さらにBitcoinの排出にはBitcoinの半減期と呼ばれるデフレメカニズムが導入されていることから、トランザクションブロックの処理に対する報酬は4年ごとに半分に減ります。この半減期は通常強気相場の前兆となります。

Bitcoinが抱える投資のリスク

Bitcoinはおそらく投資オプションとして考慮される最も堅実な仮想通貨となるでしょう。ただし仮想通貨はハイテク株のように動作する傾向があるため、金利政策やインフレ報告など株式に影響を与えるのと同じマクロ経済的要因の影響を大きく受けます。

BTCは執筆時点で27,590ドルで取引されており、2023年4月の最近の高値である30,400ドルからは下がっています。しかしこのコインは年初から約50%上昇しており、今後存在するコインは2,100万枚だけでそのうち1,930万枚はすでに流通しています。

半減期のおかげで、全てのBTCは推定2140年までにマイニングされなくなります。

Bitcoinレビューを読んでさらに詳しく学ぶか、eToroなどの取引所でBTCの購入を行うことができます。

Ethereum (ETH) – 高い可能性を秘めたブロックチェーン

Ethereumは業界最大のスマートコントラクトネットワークであり、何万もの分散型金融アプリケーション、レイヤー2ネットワーク、分散型ストレージソリューション、メタバース、NFTコレクション、その他の様々なサービスを駆動するインフラストラクチャを提供するためにWeb3スペース全体を支える柱となっています。

Ethereumの価格は一般的には安くないように思えるかもしれませんが、これからの大きなネットワークの成長の可能性と比較するとそう安くはないでしょう。

Ethereumに投資すべき理由は?

Ethereumには流動性のあるステーキングプールのETHを割り引いても277億ドル相当の海外資産が保管されており、そのオペレーティングシステムであるイーサリアム仮想マシンはスマートコントラクト開発の効率性によって様々な異なるブロックチェーンで使用されています。

さらに、Ethereumネットワークは最近アップグレードされてネットワークの理論上の速度が1秒あたり約100,000トランザクションまで増加しました。かつて高かったイーサリアムのガス代が大幅に引き下げられたため、このアップグレードは小売参加と企業ソリューションの新時代の到来を告げるものと期待されています。

新しいアップグレードでは取引の支払いに使用されるETHコインのバーンも実装されており、取引手数料が排出量を上回ればETHはデフレ状態が続くはずです。Ethereumネットワークが過去7日間で1億6,800万ドルの手数料を稼いだことをみると取引は健全なレベルにあると考えられます。

Ethereumが抱える投資のリスク

Ethereumにとって最も適切なリスクはステークが引き出し可能になった現在にステーカーが資金を売却することですが、今のところはステーキングを解除して売却する可能性がある人よりもステークを離れる人の方が多いことが示されています。ただし、この状況はいつでも変わる可能性があります。

ETHは執筆時点で1,846ドルで取引されており、52週間の高値と安値は2022年5月の2,344ドルで2022年6月の995.25ドルです。

詳細についてはEthereumレビューを読むか、eToroなどの取引所でETHの購入を行うことができます。

安価な仮想通貨とは一体何ですか?

安価な仮想通貨とは現在の価格とその認識された価値との相対的な関数であり、仮想通貨はその価値に対して価格がどれだけ上昇するかによって今週は安くなったり来週では高くなる可能性があります。

わかりやすく言うと、現在の価格が現在価値または将来の価値を下回っている場合の仮想通貨は割安であると言えます。

仮想通貨の価格はどう動くのでしょうか?

仮想通貨の価格は通常、暗号通貨が推進するエコシステム、製品、サービスの認識された価値を反映しています。価格が変動するのは人々が様々な要素を考慮した際に同じ仮想通貨に対して異なる評価に到達するためです。

場合によっては仮想通貨が過大評価されているか過小評価されているかについて市場が大方一致すると、その兆候が売りか上昇かのどちらかであるとみなされることがあります。

また時には、市場が誇大宣伝に巻き込まれることで一見何の価値もない仮想通貨が急騰することもありますが、これらの仮想通貨は通常その後に大幅な下落傾向にあります。

安価な仮想通貨に投資するメリット

もちろんその手頃な価格とは別に、安価な仮想通貨は潜在的に価値のあるプロジェクトに対してより低いエントリー価格ポイントを提供します。将来のリターンが現在の価格の関数であることを考慮すると、プロジェクトのパフォーマンスが良好であれば購入額が低いほどリターンは大きくなります。

仮想通貨を安く購入するには時間のメリットもあります。これは常に当てはまるわけではありませんが、仮想通貨を安く購入するということは早期に購入することを意味する事を示しており、一部のコミュニティでは他の仮想通貨を安い価格で購入する機会につながります。

ペニー仮想通貨とは何ですか?

ペニー株と同様にペニー仮想通貨は数セントで取引される仮想通貨であり、通常それらは非常に安くほとんどが1ドル以下です。

ペニー仮想通貨は仮想通貨に投資するための大きな流動性を持たないが、それでもかなりの量を購入したい投資家にとって最も魅力的です。例えば、$100の場合では執筆時点では0.003BTC、または0.05 ETHしか得られずそれほど大きな価値はありませんが、同じ金額でも57 RNDR、237 XRP、3,160億のAIDOGEが得られことになります。

最高のペニー仮想通貨でもその寿命になるとまた別の話題ですが、投資家がペニー仮想通貨から多額の利益を得る例もあります。

最適なペニー仮想通貨の選び方

最高の安価な暗号通貨を見つけるには、次のことを行ってください:

  • 時価総額の低いプロジェクトを探す: DogecoinやThe Graphのようなプロジェクトを除けば安価な仮想通貨は通常時価総額が低いですが、それらのプロジェクトでさえローキャップの仮想通貨として始まりました。
  • 仮想通貨のプリセールに参加する: プリセールでは仮想通貨を表示価格よりも割引して購入する機会が得られることから、これらには固有のリスク(仮想通貨のパフォーマンスが良くないなど)が伴いますがパフォーマンスが良いものは目覚ましい利益を生み出す可能性があります。
  • コミュニティの関与を評価する: 本当に利益を上げるためには早期にペニー株に参入する必要があるため、プロジェクトの可能性を迅速に評価できる必要があります。強力なコミュニティが強力なプロジェクトを生み出すためにも、コミュニティとの関わりはそのための良い方法になります。

安価な仮想通貨への投資リスク

スマートコントラクトリスク

スマートコントラクトが抱えるリスクには、ハッカーが悪用する可能性を含めた暗号化プロジェクトを構成するスマートコントラクトの脆弱性が含まれます。

全ての仮想通貨にはスマートコントラクトのリスクに対してある程度の脆弱性がありますが、プロジェクト開発者にはスマートコントラクトを組織的な攻撃から適切に保護する資金や人材がない可能性があるために安価な仮想通貨はより脆弱になる可能性があります。

市場リスク

市場リスクには経済全体の影響が伴うことがよくあります。例えば、弱気市場中に発売された安価な仮想通貨は下降トレンドによって悪影響を受ける可能性がありますが、私たちの経験では小型株の仮想通貨は弱気市場では時価総額の大部分を失います。

倫理的リスク

注意すべき重要なリスクは一般的にラグプルとして知られる倫理的リスクであり、これはプロジェクト開発者が自分のプロジェクトから流動性を枯渇させることで投資家に価値のないトークンを残すことを示します。ラグプルはより頻繁に発生して投資家に逃げ道を与えないことが多いため、おそらく私たちのリストの中で最も致命的なリスクになるでしょう。

安価な仮想通貨にはいくら投資すべきですか?

投資における包括的なルールは損失を許容できる以上の投資をしないことですが、このアドバイスは確立された投資に適用されます。安価な仮想通貨は投資というよりはギャンブルであるため、通常の投資ほど多くの資金を必要とすべきではありません。

明確な金額は明記しませんが、安価な仮想通貨への投資は失う覚悟のある資金で行う必要があります。目的は利益を上げることですが、安価な仮想通貨に投資したお金はすでになくなっているという考え方を採用することをお勧めします。

利益が出れば万々歳であり、たとえそうでなくてもあまり大きなダメージを負うことはありません

安価な仮想通貨コインの購入方法

eToroなどの仮想通貨取引所でこのような仮想通貨を購入できます。以下ではその方法を説明していきます。

1. アカウントを開設する

eToroのウェブサイトに移動して[投資を始める] をクリックしてアカウントを開きます。または、Play Store/App Storeからアプリをダウンロードして[サインアップ]をクリックすることもできます。そしてあなたのフルネーム、メールアドレス、パスワードを記入します。

2. アカウントを確認する

プロフィールを完成させた後はKYC書類を提出してアカウントを確認します。ここでは有効な政府身分証明書と公共料金請求書などの居住証明書類が必要です。

3. 資金の入金を行う

アカウントが認証されたら、利用可能な支払いオプションのいずれかを使用して資金を入金します。ここでは利用可能な支払い方法を選択して入金額を設定します。

4. 仮想通貨を購入する

アカウントに資金が入金されたら[検索]タブに記載されている仮想通貨のいずれかを検索します。以下のようなインターフェイスが読み込まれた後にパラメータを設定して購入します。

 

安価な仮想通貨の購入場所

Chancerのようなまだ取引所に上場されていない安価な仮想通貨を手に入れるには、 仮想通貨ウォレットを使用してウェブサイトで直接購入する必要があります。次のガイドを見れば簡単にそれを行うことができます。

ステップ 1: ウォレットをダウンロードする

このガイドではTrust Walletを例として使用します。まずはTrust Walletのアプリを携帯電話にダウンロードするか、ラップトップにてブラウザ拡張機能を介したウェブプラットフォームを使用します。新しいウォレットを作成した後は、シードフレーズを安全かつオフラインに保ちます。

ステップ 2: 仮想通貨を購入する

新たにChacerトークンを購入するにはBNBが必要となります。eToroなどの取引所で購入してウォレットに送金するか、ウォレットアプリで法定通貨のオンランプを使用します。その後は、ウォレットアプリから直接Binance p2pマーケットの販売者へと繋がることができます。

ステップ 3: ウォレットに接続する

Chancerのウェブサイトに移動してウォレットと繋がった後はプレセールに参加することができます。BNBを使用してCHANCERトークンを購入できますが、ガス料金を支払うのに十分なお金があることを確認してください。

ステップ 4: 反映されるまで待つ

トークンを受け取るにはプレセールが終了するまで待つ必要があります。

安価な仮想通貨の最新ニュース

  • Sui ネットワークの水平スケーリング能力のおかげでゲームに適していると開発者は強気の姿勢を保つ
  • Arbitrum DAOは取引手数料から3,350ETH以上の収益を受け取る予定
  • BlackrockがスポットBitcoin ETFを申請したことでBitcoinの価格が急騰

今購入するのに最適な安価な仮想通貨に関する最終的な考え

私たちはこれまでに様々な安価な仮想通貨を検討した結果、SUI Networkを最良の選択肢としてピックアップしました。これは今年最も話題になったプロジェクトの1つであり、基盤となる企業には十分な資金がありつつネイティブコインであるSUIを発売したばかりだからです。

それにもかかわらず、このリストにある全ての仮想通貨は安価な仮想通貨を探している投資家にとって良い選択肢となります。安価な仮想通貨の購入にはスマートコントラクトリスク、市場リスク、倫理的リスクなどのリスクがあることも十分に覚えておいてください。

最後になりますが、失っても構わない範囲で仮想通貨を購入してください。1ドル未満の時価総額の低い仮想通貨に対してチャンスの積み重ねが必要です。

eToroなどの暗号通貨取引所で安価な仮想通貨を購入することができます。

方法論 - 今すぐ購入するのに最適な安価な仮想通貨を私たちがどのように選んだか

このガイドで取り上げられている全ての仮想通貨は私たちの厳密な調査を通じて選択されており、私たちは主にその評判、価格、時価総額、これからの成長への可能性などに注目しました。

ここにリストされているトークンは各カテゴリで見つかった最高のものであり、例えばGains Networkは最大150倍のレバレッジで複数のペアを取引できるために最高の永久取引プラットフォームとしてここに挙げました。

当社のテストプロセスの詳細については「なぜ当社を信頼するのか」「私たちのテスト方法」のページをご覧ください。

追加の仮想通貨コインレビュー

  • 今購入するのに最適な仮想通貨
  • 最高のICO
  • 最高の仮想通貨プリセール
  • 最高の新しい仮想通貨
  • 最高のメタバース仮想通貨
  • 最高のERC-20仮想通貨
  • 最高のゲーム仮想通貨
  • 最高のステーキング仮想通貨
  • 最高のGameFi仮想通貨
  • 最高の長期仮想通貨
  • 最高のWeb3仮想通貨
  • 最高のペニー仮想通貨
  • 最高のユーティリティ仮想通貨
  • 最高のアルトコイン
  • 最高のミームコイン
  • 最高のDeFi仮想通貨
  • 今購入すべき最もホットな仮想通貨
  • 次に来るホットな仮想通貨
  • 最高のAI仮想通貨
  • 最も急速に成長している仮想通貨

よくある質問

一部の仮想通貨が安いのはなぜですか?
仮想通貨の価格は総供給量やプロジェクトがライフサイクルのどの位置にあるかなどの要因によって決まります。例えばDogecoinは成熟したプロジェクトですが、その時価総額を流通供給量で割ると価格は1ドル未満に保たれています。
安く購入するのに最適な仮想通貨は何ですか?
私たちのリストで購入するのに最適な安価な仮想通貨はこれから大きな成長の可能性のある新しいレイヤー1ネットワークであるSui Networkです。
何が暗号通貨を安くするのですか?
多くの要因が暗号通貨の価格に影響を与える可能性があります。それには市場のボラティリティ、誇大広告、需要、トークンの供給などが含まれます。