即座にeToroを登録

2024年の購入に最適なアルトコイントップ14

By Onose Asotie-Enaholo - 更新済み 15 2月 2024
fact-checked

その文字が示す通り、Bitcoin以外のその他の仮想通貨は全てアルトコインと呼ばれます。アルトコインはこの世に数多く存在していることから様々な特性、テクノロジー、可能性を備えているために購入に最適なアルトコインを見つけるのは時に難しい選択になるでしょう。

そして仮想通貨業界には間違ったプロジェクトに投資してお金を失った人々の話で溢れていることから、私たちのこの購入に最適なアルトコインガイドを読んであなたがその1人にならないことを願っています。

私たちのこのガイドリストには14以上のアルトコインを紹介しており、それぞれが各分野の最前線にあるその他のプロジェクトよりも優れたプロジェクトとなっています。それらが何でなぜ良い選択となるのかをこのガイドから読み解いて、これから成功するであろうプロジェクトを自分で探してみてください。

2024年に購入すべきアルトコイン

  1. Bitcoin Dogs ($oDOG) – 最高のBRC-20トークン
  2. Memeinator (MMTR) – 最優秀新ミームコインコミュニティ
  3. BitBot (BITBOT)最高の仮想通貨取引ボット
  4. Shiba Memu (SHMU) – 最高のマーケティングプラットフォーム
  5. Chancer (CHANCER) – 最高のベッティングプロトコル
  6. Alt Signals (ASI) – 最高の仮想通貨取引サービス
  7. Metacade (MCADE)  最高のWeb3ゲームコミュニティ
  8. Ethereum (ETH) – 最高のスマートコントラクトブロックチェーン
  9. Arbitrum (ARB) – 最高のレイヤー2ネットワーク
  10. Optimism (OP) – 最速のレイヤー2ネットワーク
  11. Render (RNDR) – 最高の分散型グラフィックス ネットワーク
  12. Polygon (MATIC) – 最高のEthereumサイドチェーン
  13. Chainlink (LINK) – 最高のブロックチェーンオラクル
  14. Apecoin (APE) – 最高のメタバースコイン

購入すべきアルトコインの比較表

仮想通貨

カテゴリー

上場取引所

ブロックチェーンネットワーク

購入場所

Bitcoin Dogs ($oDogs) ゲーム

なし

Bitcoin

$oDOGを購入する

Memeinator (MMTR)

コミュニティ

なし

Ethereum

MMTRを購入する

BitBot (BITBOT)

ユーティリティ

なし

Ethereum

BITBOTを購入する

Shiba Memu(SHMU)

サービス

なし

Ethereum、BSC

SHMUを購入する

Chancer (CHANCER)

予測市場

なし

BSC

CHANCERを購入する

Alt Signals (ASI)

サービス

なし

Ethereum

ASIを購入する

Metacade (MCADE)

コミュニティ

MEXC

Ethereum

MCADEを購入する

Ethereum (ETH)

レイヤー1

17+

Ethereum

ETHを購入する

Arbitrum (ARB)

レイヤー2

15+

Ethereum

ARBを購入する

Optimism (OP)

レイヤー2

13+

Ethereum

OPを購入する

Render (RNDR)

サービス

14+

Ethereum

RNDRを購入する

Polygon (MATIC)

レイヤー2

16+

Ethereum

MATICを購入する

Chainlink (LINK)

オラクル

11+

15+

LINKを購入する

Apecoin(APE)

メタバース

16+

Ethereum

APEを購入する

購入すべきトップ14のアルトコインをレビュー

Bitcoin Dogs ($oDog) – 最高のBRC-20トークン

Bitcoin Dogsのネイティブトークンである$0DOGはのBitcoinブロックチェーン上における初のICOとして、最先端のBitcoinオーディナルテクノロジーを使用することで現在Bitcoinネットワーク上に構築されているもの全ての境界を押し広げています。

このプロジェクトはミームコイン、NFT、オーディナルなどを組み合わせることで新たな革新を目指している全てのと共に、これまで誰も行ったことのない場所に皆様を連れて行くという目標を掲げています。同業界においてこのような動きは非常に喜ばれることから、このプロジェクトはBitcoinコミュニティ内外における多くの人々の関心を集めることでしょう。

どうしてBitcoin Dogsに投資するのか?

Bitcoin DogsはBRC-20やBitcoinの半減期などの強力な暗号通貨の物語において、投資家からの大きな注目を集めてさらなる革新や大きな上昇を可能にする可能性があります。なぜなら、これまでに立ち上げられたいくつかのBRC-20プロジェクトが投資家やBitcoin愛好家からの注目を集めていたからです。

Bitcoin Dogsはその他の多くのプロジェクトとは異なりトークン、計画されているNFTコレクション、未来のゲームを使用した初のBitcoinのネイティブゲームエコシステムを構築しています。

Dune AnalyticsのBitcoinオンチェーンのメトリクスデータによれば、Ordinalsが開始された2023年1月末近くからブロックチェーン上のトランザクション数が大幅に増加し始めたことを示しています。

2024年4月に訪れるBitcoinの半減期と組み合わせた取引量の増加は、Bitcoin Dogsのような有望なプロジェクトの大幅な成長を促進する可能性があります。

Bitcoin Dogsへの投資のおけるリスク

Bitcoin Dogsはこれまでに行われたことのない偉業を試みる新しいプロジェクトであるため、将来的に見れば必ず何かしらの障害が見られることでしょう。これまでの多くのトークンの立ち上げの歴史を見れば、計画の時点ではそのような問題が見られることはほぼありません。

Bitcoin Dogのエコシステムのネイティブトークンの$0DOGの最大供給量は9億であり、そのうち90%が予約販売に割り当てられることになることから、これは投資家が大量のトークンを取得することを意味しています。

このプロジェクトに早期に参加するにはBitcoin Dogsのウェブサイトにぜひアクセスしてみてください。

Memeinator (MMTR) – 最優秀新しい Memecoin コミュニティ

Memeinator は、ひねりを加えたミームコインです。他のミームコインは犬やカエルといった動物のテーマを採用していますが、メメイネーターは大人気のターミネーターシリーズのテーマを採用することを選択しました。ミーム市場を独占するためにタイムスリップしたターミネーター犬が登場します。

Memeinator に投資する理由

ミームコインの分野では、バイラル性が成功と失敗の分かれ目となります。 Memeinator は、成長するコミュニティの関心を維持するために、革新的なマーケティング戦略、魅力的なストーリー、今後の一連の製品を採用してきました。ミームコイン空間の不確実性にもかかわらず、メメイネーターは革新的な報酬を提供することで忠実なサポーターのコミュニティを生み出す可能性を示しました。そのうちの 1 つは、ヴァージン ギャラクティック号での宇宙旅行で、その価値はなんと 25 万ドルです。将来的には、MMTRトークンは、独占的なNFTやアクションゲームを含むエコシステムのロックを解除する鍵となります。

Memeinator への投資のリスク

大きな計画や誇大宣伝は、ミームコインが人々を参加させるために採用する一般的なツールであり、メメイネーターは進歩しているものの、まだテストされていません。ほとんどのミームコインは失敗し、メメイネーターも同様に失敗する可能性があります。 MMTRの最大供給量は10億トークンで、その62.5%が現在進行中のプレセールで提供されている。これは、供給の大部分が一般の人々の手に渡り、改ざんされにくくなるため、適切です。プレセールに参加するには、 Memeinator サイトにアクセスしてください。

BitBot (BITBOT) – 最高の仮想通貨取引ボット

bitbot crypto trading bot website homepage

BitbotはTelegramでの簡単なテキスト指示を使用することでオンチェーンでの仮想通貨取引を可能にする仮想通貨取引ボットであり、このような即時執行速度を備えたボットの登場は多くの機関投資トレーダーに追いつくための人々の増加傾向を顕著に表しています。

通常このようなボットはメッセージプラットフォームのTelegramと統合されており、そこでユーザーは簡単なコマンドを使用することで取引活動をコントロールすることができます。トレーダーはこのようなボットが持つ容易さ、高い効率性、素早いスピードによって主要な取引所にてトークンが発売される前にそれらを見つけて購入することができます。

どうしてBitbotへの投資を行うべきか?

Bitbotはその他の多くの取引ボットよりも優れた機能を提供しており、ここで触れておきたい点は強調された分散化です。多くのTelegramを介するボットはユーザーの秘密鍵を保持していることから攻撃ベクトルが発生しやすくなります。

2023年10月にハッキングされたUnibotのような人気のボットでこのような事例の発生が確認されました。同プラットフォームにはユーザーの秘密鍵が保存されていたために大きな資金の流出が懸念されました。

Bitbotには完全に分散化された構造が採用されていることから、ユーザーは自分のトークンの管理を行えるようになります。

Bitbotへの投資が抱えるリスク

Bitbotには確かな実用性がありますが、同トークンの成功はユーザーを引きつけて維持する企業の能力にかかっています。通常であれば、弱気市場よりも強気市場の方が達成しやすいです。

2024年はBitcoinの半減期のおかげで強気市場になると予想されているが、それ以降の市場の流れがどうなっていくかはまだ誰にも分かっていません。

Bitbotの総供給量は10億トークンであり、そのうち30%は今後のプレセールイベントにて販売されます。さらにこのプレセールイベントの参加者には最大$100,000の賞金が与えられるコンテストも含まれています。このプレセールの最新情報を入手するにはBitbotの公式ウェブサイトをご覧ください。

Shiba Memu (SHMU) – 最高のマーケティングプラットフォーム

Shiba Memuは人工知能の機能とブロックチェーンプラットフォーム テクノロジーの分散化および不変性を組み合わせた自給自足のマーケティングプラットフォームを構築する暗号通貨分野の新しいプロジェクトです。

Shiba Memuに投資すべき理由は?

Shiba Memuは仮想通貨業界でこれまでに行われたことのない事として、AI を利用した計算を活用することで独自のコピーの生成、配布、分析結果のデータに基づいて戦略を立てることができる永続的なマーケティング ソフトウェアを作成することを目指しています。

自給自足のマーケティングプラットフォームとミームコインを組み合わせることで、SHMUトークンを活用した暗号通貨の世界にソーシャルコミュニティが形成されて投資家がマーケティング プラットフォームのユーティリティにアクセスできるようになります。

トークン所有者はプラットフォームのマーケティング活動を監視でき、AIと対話しながら提案を提供する為にAIダッシュボードにもアクセスできます。

Shiba Memuが抱える投資のリスク

Shiba Memuは仮想通貨分野においてこれほどのAIの規模を活用したマーケティングを試みる最初のプロジェクトである事から、その他の全ての分野における新たな挑戦と同じくまだまだ技術的な障害が多く残っています。

SHMUの最大供給量は10億トークンであり、その内の8億5,000万ものトークンがプレセール段階で売りに出される予定です。5億トークンがEthereumネットワークで販売されて残りの3億5,000万トークンはBSC ネットワークで販売される予定です。

参加するにはここからShiba Memuを購入してください

Chancer (CHANCER) – 最高のベッティングプロトコル

Chancerはユーザーが分散型の方法で賭けを作成および実行できる賭けプラットフォームです。この操作は非常にシンプルに見えますが、賭博会社に大きく依存しているオンラインのBitcoinギャンブル業界に大きな衝撃をもたらしてくれることでしょう。

Chancerに投資すべき理由は?

Chancerは賭博サイト、ギャンブルサイト、分散型コミュニティの機能を同時に備えており、仮想通貨でのベットや入金などのブロックチェーンの仕組みを統合したBitcoinギャンブルサイトやオンラインカジノはいくつかありますが、それらはChancerのようなレベルのカスタマイズや制御を許可していません。

マーケットメーカーがChancerを使用することでオッズ、報酬層、参加を許可されるユーザーなどのベット条件をカスタムすることができます。ここでの代替案は市場やオッズをコントロールできないベッティングサイトになります。

このエコシステムは高速ブロックチェーンネットワークであるBinance Smart Chain上で開始されたCHANCERトークンによって強化されることから、このトークンの所有者は市場を作成してそこにベットしたりトークンを賭けてプラットフォームの収益から報酬を得ることができます。

Chancerが抱える投資のリスク

Chancerだけがブロックチェーンベースの賭博プラットフォームではないことから、より確立されたプラットフォームとしてChancerは既存のユーザーベースを新しいプラットフォームへとより集中させる可能性があります。

CHANCERは現在2023年6月18日に開始されたプレセールにおいて公開市場に出されています。

参加するには、Chancerを購入してください。

Alt Signals (ASI) – 最高の取引サービス

Alt SignalsはAltAlgoと呼ばれる仮想通貨取引シグナルボットという優れた製品を提供する会社であり、ユーザーベースと有効性の点においてはすでに大きな成功を収めています。

現在ではASIと呼ばれるネイティブトークンを活用することでブロックチェーンの仕組みを統合し、分散化とコミュニティへの関与を実現する一連の取引製品を構築する予定です。

Alt Signalsに投資すべき理由は?

ASIへの投資はすでに既存の顧客ベースを持って事業を展開した仮想通貨取引分野の市場リーダーであり、市場が有用と考える製品やサービスを提供してきた歴史を持つ会社であるAlt Signalsへの投資となります。

さらに同社は受賞製品であるAltAlgoのより高度なバージョンであるActualizeAIを開発しました。これは人工知能、機械学習、自然言語処理を活用してより幅広い市場条件にわたってより正確な信号を実現します。

ActualizeAIはこれからの新製品のベースとなっていきますが、その鍵はASIが握っています。

また、ASIはコミュニティメンバーの会員バッジとして機能します。同社のツールやサービスにアクセスして取引チャレンジに参加したりプロモーションの恩恵を受けるには、指定された量のトークンを保有する必要があります。

Alt Signalsが抱える投資のリスク

Alt Signalsは主にトレーダーに向けて使用されるため、そのコミュニティに積極的に参加する人々の範囲は限られてきます。

そしてASIは現時点では仮想通貨取引所で取引されておらず、まだ販売前の段階にあります。Alt Signalのウェブサイトに直接アクセスしてそれに参加できます。

ASIを購入する

Metacade (MCADE) – 最高のコミュニティアルトコイン

MetacadeはWeb3ゲームコミュニティ向けのブロックチェーンベースのプラットフォームでプレイヤー、ビルダー、ゲーム愛好家や批評家に至る仮想通貨ゲームに関わる全ての人のハブとして機能します。

Metacadeは比較的新しいサービスですが、現在では仮想通貨ゲームのトップとしてゲームを統合し、コミュニティのための総合的なエクスペリエンスの作成に向けた大きな進歩を遂げています。

Metacadeに投資すべき理由は?

Metacadeの優先事項は様々なゲームとメタバースにまたがるコミュニティを構築することであり、現在のゲーム業界に存在するのはAxie Infinityのようなゲームのための奨学金プログラムやMerit Circleのようなギルドですがこれらは盛んな社会的側面を持っていません。

ここで、Metacadeが有望なアルトコインの1つとして輝きます。このプラットフォームといくつかのゲームの統合によって複数のゲーム間でプレイヤーを接続することができます。また、最もプレイされているゲームやトッププレイヤーのリーダーボードを管理しているので、コミュニティのメンバーのアクションや誰が波紋を起こしているかなどを知ることもできます。

そしてプレイヤーは、プレイしたゲームについて長所と短所を強調したレビューを残すこともできます。これはアクティブなプレイヤーのコミュニティからの直接の証言にアクセスできるため、ゲーム作成者にとってもこれからの貴重な資料となる可能性があります。

Metacadeが抱える投資のリスク

Metacadeは大きな夢を持つ未検証のプロジェクトですが、技術面においてはまだまだ克服すべきハードルが山ほどあります。チェーン全体で複数のゲームを統合するために必要な相互運用性要件の実現にはもう少しかかるかもしれません。

同コミュニティプラットフォームは合計20億トークンの供給を持つMCADEトークンによって運営されています。

MCADEを購入する

Ethereum (ETH) – 最高のスマートコントラクトブロックチェーン

Ethereumは執筆時点で時価総額が2,270億ドルの主要なアルトコインです。ブロックチェーンネットワークはスマートコントラクト機能の先駆けであり、Solidityと呼ばれるそのプログラミング言語はブロックチェーン開発者の間で最も使用されています。

Ethereumは270億ドルの非ネイティブETH資産、ゲーム、 DeFiアプリ、メタバースを含む1,000以上の分散型アプリケーションとこの分野で最大の開発者コミュニティを擁する最大のスマートコントラクトプラットフォームでもあります。

Ethereumに投資すべき理由は?

Ethereumがこれまでに長く続いてきた歴史がスマートコントラクトブロックチェーンの広い受け入れを表しており、そのオペレーティングシステムであるEthereumバーチャルマシンは総称してEVMチェーンと呼ばれる他のいくつかのチェーンの基礎を形成しています。

このネットワークはかつては高額な料金と混雑に悩まされていましたが、最近のアップグレードにより速度と拡張性が向上しました。しかし更なるアップグレードが現在も進行中であるためにまだ危機を完全に脱したわけではありません。

ただし、かつて小売ユーザーがネットワークを使用することを妨げていた高額な取引手数料は大幅に削減されました。現在のネットワークのスループットは理論上の速度100,000 tpsまで向上していることから、一部のエンタープライズレベルのアプリケーションにも対応できるようになるはずです。

より多くのアップデートが行われてEthereumの速度が向上するにつれて、より多くの主流の参加者がネットワーク上に構築してそのエコシステムに価値をもたらすことで、ネットワークのネイティブトークンであるETHの価格にもそれらが反映されていくはずです。

Ethereumが抱える投資のリスク

Ethereumは十分に分散化されいていて安全で現在はスケーラビリティを目指しているため、Ethereumへの投資においては大きなマイナス面はありません。ここでの唯一のリスクは規制であり、新しい仮想通貨法がEthereumに直接適用されるわけではないかもしれませんが間違いなくETHにも大きな影響を与えることでしょう。

ETH には無制限の最大供給量がありますが、バランスを維持するために機能する排出スケジュールと燃焼メカニズムがあります。燃焼されるトークンの量が年間排出量を超えると、ETH はデフレ状態となって時間の経過とともに価値が増加します。

執筆時点で1億2,000万ETHが流通しており、ETH報酬は少なくとも900万ETH(少なくとも6億7,800万ドル)に対して年間4%から8%の間で毎分約3.5ETHがバーンされています(年間約30億ドル)。

詳細については、Ethereumレビューをご覧ください。また、eToroなどの取引所でETHを購入できます。

Arbitrum (ARB) – 最高のレイヤー2ネットワーク

イーサリアムの安全なスケーリング ArbitrumはEthereum上に構築されたレイヤー2ネットワークであり、Ethereum上のトランザクションを処理する2番目の計算層であるために“レイヤー2”と呼ばれています。

ArbitrumのようなネットワークはEthereumがスケーラビリティと戦った際に一気に人気が高まり、そこからは誰もが使用できるほど高速かつ安価なアプリケーションを構築したい開発者向けのソリューションとして浸透していきました。

Arbitrumに投資すべき理由は?

アップグレードされたネットワークではトランザクション負荷が依然として非常に大きいため、Ethereumのアップグレードによってスケーリングソリューションの必要性がなくなるわけではありません。そして、ブロックチェーンのユースケースが拡大するにつれてArbitrumのようなネットワークの重要性がさらに高まるでしょう。

スケーリングソリューションはEthereumの利用に伴って成長すると予測されており、Arbitrumはネットワーク上のさまざまなスマートコントラクトに保存されている資産23億4000万ドルですでに同業界をリードしています。これによってEthereumのスケーラビリティを維持しながら少なくとも280の分散アプリケーションのインフラストラクチャの提供を可能にします。

Arbitrumが抱える投資のリスク

Arbitrumネットワークはトークンに反映されていない可能性のある値を取得する可能性があり、MATICが取引手数料を支払う必要があるPolygonのようなネットワークとは異なります。Arbitrumは取引手数料をETHに依存していることから、ARB トークンの唯一の主要なユースケースとしてガバナンスが残されます。

ARBの総供給量は100億で、そのうち12億が時価総額15億ドルで現在流通している。

ARBを購入するにはBinanceなどの仮想通貨取引所にアクセスしてください。

Optimism (OP) – 最速のレイヤー2ネットワーク

Optimismはスケーラビリティを向上させるために作られたEthereumチェーン上のレイヤー2ネットワークでもあります。2021年1月にメインネットを立ち上げてから2022年5月にトークンであるOPを立ち上げました。

OptimismとArbitrumのようなネットワークの本質はほぼ同じですが、大きく異なるのはその方法です。Optimismはオンチェーン資産の合計 (9 億 500 万ドル) という点ではネットワークが小さいかもしれませんが、欠けているものを速度で補っています。

Optimismに投資すべき理由は?

Ethereumには十分なトランザクションが存在しており、メインネットワークには高いトランザクション速度を確保するために機能するいくつかのスケーリングソリューションが必要になります。OptimismはTVLのネットワークとしては 3 番目に大きく、オプティミスティックロールアップテクノロジーのおかげで最速を誇っています。

ネットワーク上のトランザクションは1ラウンドの確認のみを経て行われますが、これはネットワークがトランザクションの処理に楽観的なアプローチを採用しているためです。Arbitrumのようなネットワークほど多くのラウンドの検証を実行しないために“Optimism(楽観的)”ロールアップという用語が付けられています。

ただし不正なトランザクションは処理された後でも異議を申し立てられることから、取り消しの可能性があるためにその検証方法によってセキュリティが減じられるわけではありません。

Optimismが抱える投資のリスク

Optimismは健全なテクノロジーに基づいて構築されており、BinanceやCoinbaseなどの他の企業が自社の技術スタックを活用して独自のレイヤー2を構築するほど健全です。その反面でOptimismはArbitrum、Polygon、zkSyncほどの話題を集めてはいません。

OPの主な使用例はガバナンスであるため、一部の投資家はそれを保持する十分な理由を持っていない可能性があります。

OPトークンの総トークン供給量は42億ユニットで、そのうち3億3,500万ユニットが現在流通しています。

Coinbaseなどの取引所でOPを購入できます。

Render  (RNDR) – 最高の分散型グラフィックスネットワーク

Renderはグラフィックス処理能力の販売をサポートする分散型ネットワークであり、このプロジェクトはRender Octane Cloudと呼ばれる独自のテクノロジーを使用して強力なコンピューターとグラフィックスカードを持っている人々がその処理能力を必要とする人々に販売できる市場を作成します。

Renderに投資すべき理由は?

Renderは急速に不可欠になりつつある安価なグラフィックスレンダリングサービスをクリエーター、ビルダー、アーキテクト、ゲーム開発者などに高価なグラフィック機器を購入したり維持したりすることなくサービスを提供しています。

世界がメタバースとAR/VRに向けてゆっくりと動いていることを考慮すると (Apple Vision Proの発売はこの動きをさらに加速させるでしょう)、レンダリングがGoogleスプレッドシートのようなテキストベースのソフトウェアを使用するのと同じくらい一般的になることはそれほど遠い未来の話ではなくなるでしょう。

Renderネットワークは主要な支払い形式として機能するRNDRトークンを使用している事から、クリエイターはGPUパワーに対してトークンを支払ってそれがサービス プロバイダーへの報酬となります。

Renderの特定のトークンの仕組みは安定していて持続可能ですが、その価値は主にレンダリングサービスに対する持続的な需要に依存します。

Renderが抱える投資のリスク

RenderはGPUテクノロジー市場をリードする主要ユーザーを引き付ける十分な影響力を持つNvidiaのような確立されたレガシー企業と競争関係にあることから、RNDRの価値は同プラットフォームの使用率に直接関係してきます。十分な市場シェアを獲得できない場合のトークンの価格は長期的に見れば大幅な上昇は見込めない可能性があります。

RNDRのトークン供給量は約5億3,100万で、そのうち3億6,600万が時価総額8億6,600万ドルで流通しています。

RNDRはCoinbaseなどの取引所で購入できます。

Polygon (MATIC) – 最高のEthereumサイドチェーン

Polygonは開発者が基礎となるインフラストラクチャを抽象化しながらスタンドアローンのブロックチェーンネットワークを簡単に構築できるようにするプロトコルであり、Ethereumネットワークサイドチェーンとしても機能します。

小売の仮想通貨ユーザーに対しては、Ethereumと並行して実行されてトランザクション処理の負担を軽減するのに役立つPolygon PoSサイドチェーンの方がよく知られているためにこのレビューではそれに固執します。

Polygonに投資すべき理由は?

Polygonはネットワーク上で実行される複数のDeFiアプリを通じて9億8,600万ドル相当の海外資産を保有する 5 番目に大きいスマートコントラクトプラットフォームとして最大かつ最も使用されているEthereumスケーリングソリューションの1つになっています。

通常このネットワークは仮想通貨への参入を検討している様々な現実世界のブランドやより高速なネットワークへの移行を検討している既存の仮想通貨プロトコルにとって最優先の選択肢となります。Sandboxのような大規模なプロトコルはすでに運用の一部をPolygonネットワークに移行しています。

さらに近年のPolygonはスケーラビリティとともにプライバシーを重視する開発者にとって魅力的なPolygon zkEVMと呼ばれるzkEVMチェーンも開始したことから、PoS チェーンのネイティブ トークンであるMATICトークンはzkEVMチェーンのネイティブ通貨としても機能します。

Polygonが抱える投資のリスク

PolygonはSECがBinance.USとCoinbaseに対して進行中の訴訟の有価証券としてリストアップされたことから、米国の顧客に向けたRobinhoodやeToroなどの人気プラットフォームからは上場廃止となりました。

ネイティブトークンが十分に分散化されていることをPolygonが証明できればこれを回避できる可能性がまだ十分にありますが、どの程度の分散化が十分であるかに関してはまだ曖昧であることが現実です。

MATICの総供給量は100億トークンで、このうち92億トークンが執筆時点で時価総額 77 億ドルで流通しています。これはこのネットワークが同クラスのネットワークの中で主要プレイヤーとなるのに十分な規模を持っており、これからの成長の余地がまだ見られることを示しています。

Polygonレビューを読んで同ネットワークについて詳しく知るか、eToro などの取引所でMATICを購入することができます。

Chainlinkはブロックチェーン ネットワークの外部のソースからデータを取得してそれを分散型かつ不変の方法でオンチェーンに配信するブロックチェーンサービスであり、この特定の種類のサービスのプロバイダーはオラクルと呼ばれていますがその中でもChainlink がその代表的なプロバイダーとなります。

Chainlinkのユースケースは主にブロックチェーンネットワークが技術的な支援がなければ「現実世界」と相互作用できない孤立したシステムであるという事実から生まれました。

Chainlinkに投資すべき理由は?

Chainlinkは分散型オラクルネットワーク サービスを提供するリーダーであり、グループの中で最も資本力がありおそらく最も正確であると言えます。

ブロックチェーンの採用が進むにつれて、資産のトークン化などのDeFiアクティビティがより主流になると正確な資産情報をリアルタイムでインポートするには分散型オラクルネットワークが重要になってきます。

現在でもオラクルは仮想通貨、株式、外国為替ペア、指数の価格を追跡するためにGains NetworkなどのDex、Perpetuals、Syntheticsプラットフォームで使用されています。

Chainlinkが抱える投資のリスク

Chainlinkへの投資における主なリスクは激しい競争でありAPI3、Band Protocol、Pyth Networkなどの他のオラクルも認知度を高めていることから、多くの人が新しいプロジェクトやブートストラップされたプロジェクトにアクセスしやすくなっています。

Chainlinkネットワークは価値転送の主な形式としてLINKと呼ばれるネイティブトークンを備えていますが、LINKの総供給量と時価総額は10億トークンでそのうち5億1,700万トークンが現在流通しています。

詳細については、 Chainlinkレビューをご覧ください。LINKの購入はeToroなどの取引所で行えます。

Apecoin (APE) – 最高のメタバースコイン

ApecoinはプレミアムNFTコレクションのエコシステムおよび Yuga Labs によって作成および管理されるメタバースのYugaverseの公式トークンです。

Yuga LabsはBored Ape Yacht Club、Mutant Apes、Bored Ape Kennel Clubなどの人気のNFTコレクションの背後にあるスタジオであり、同社は2021年にLaravelスタジオを買収した後にCryptopunksやMeebitsコレクションの権利も所有しています。

Apecoinに投資すべき理由は?

Yugaverseはコミュニティメンバーに多大な価値を提供するエコシステムを形成しつつあり、そのコレクションはNFTマーケットプレイス分野で最も成功して高額で取引されているコレクションの一部であるだけでなく、Othersideと呼ばれる今後のメタバースは最も期待されているメタバースプロジェクトの1つに名を連ねます。

OthersideはYuga Labsによって開発されたメタバースであり、同社のラインナップにある様々なNFTコレクションをプレイアブルキャラクターとしてフィーチャーします。この記事の執筆時点ではまだ開始されていませんが、このプロジェクトはすでにグッチなどの現実世界のブランドとパートナーシップを締結して現実の製品のWeb3バージョンを開発しています。

Apecoinの有用性はエコシステムと来るべきメタバースを管理するDAOにも及びます。APEの保有者はYugaverseの将来に関する提案への投票に参加することができます。

Apecoinが抱える投資のリスク

OthersideのメタバースはAPEのユーティリティの大部分に貢献しており、同プロジェクトは今のところ順調に進んでいるように見えますが、大きな逸脱があれば多くの投資家がプロジェクトの実現に対する信頼を失う可能性があります。

APEの総供給量は10億トークンで、そのうち3億6,800万トークンが現在流通しています。

APEの購入はeToroなどの取引所で行うことができます。

仮想通貨におけるアルトコインとは何ですか?

アルトコインとはBitcoin以外の仮想通貨を指す単語であり、この用語はBitcoin以外の仮想通貨がBitcoinを真似しようとした際に造られた用語です。現在のこの分類にはBitcoinの代替品に近い仮想通貨も含まれていますが、この呼び名はそのまま残っています。

最近では時価総額が10億ドルを超えるEthereumのようなメジャーアルトと呼ばれるアルトコインと、時価総額が10億ドル未満のGMXのようなマイナーアルトのように区別されています。

アルトコインの種類には何がありますか?

アルトコインの種類は様々な方法で分類でき、そのうちの1つは所属するプロジェクトの性質によって分類する方法です。ものです。例えば、Ethereumはそのエコシステムがレイヤー1ブロックチェーンネットワークであるためレイヤー1アルトコインと分類できます。

レイヤー1などのプラットフォームとArbitrumやOptimism などのスケーリングソリューションのトークンはプラットフォームトークンと呼ばれることが多いです。

同様に、Apecoinはメタバースを特徴とするエコシステム内の主要なトークンであるためメタバースアルトコインに分類されます。Bitcoinを除いた全ての仮想通貨は“アルト”と呼ばれるため、APEは単にメタバース仮想通貨またはトークンと呼ばれています。

Dogecoinはミームコインですが、分散型金融アプリケーションに関連するトークンは DeFiコインと呼ばれています。

アルトコインはそれぞれのエコシステム内での機能に基づいて次の4種類のトークンに分類することもできます。

セキュリティトークン: このトークンはプラットフォームまたは企業への投資や一部の所有権を表しており、これらは株式に相当した法的な仮想通貨の枠組みがある国においては従来の証券と同じ法律に基づいて規制されることがよく見られます。。

ユーティリティトークン: このトークンはエコシステム内で特定の機能または目的を実行します。例えば、Alt SignalのASIトークンは取引ツールにアクセスするために必要であることからユーティリティトークンとして機能します。

ガバナンストークン: このトークンはその所有者に提案とプラットフォームの将来について投票する権利を与えます。普通株が保有者に投票権を与えるという意味では株式に似ていますが、 ガバナンストークンには投資インセンティブがありません。

トランザクショントークン: このトークンは暗号空間において誰に尋ねるかによって意味が異なってきますが、主にアカウントの単位やトランザクションを実行するために使用されるトークンです。良い例としてはUSDTやDAIなどのステーブルコインが挙げられます。

アルトコインに投資すべき理由

これからの成長の可能性

人々がアルトコインに投資する最も一般的な理由はこれからの成長を大きく秘めている点です。Bitcoinは長期的に収益性が高いことが証明されていますが、莫大な利益を求める人はプレミアな仮想通貨に向けて出航しました。現時点においてBitcoinで10倍のリターンを達成するのは至難の業だが、アルトコインにとってはそうではありません。

小規模なアルトコインであれば短期間で簡単にその価値を5倍から10倍に増やすことができます。例えば、ミームコインのPepeは発売から21日以内にその価値を10,000倍以上まで上げました。ただし、これは仮想通貨投資においては非常に稀であることを覚えておいてください。

多様化

アルトコインは投資家がBitcoin以外の暗号資産に投資することでポートフォリオを多様化する機会を提供します。Bitcoin価格の暴落は市場全体に重くのしかかりますが、アルトコインはBitcoinよりもはるかに早く回復する傾向があります。

さらに、アルトコインの時価総額が大きければ大きいほど投資家はファンダメンタルズ価値のある時価総額の大きいアルトコインを保有する意欲が高まるために価格の下降トレンドの影響は小さくなります。

市場の状況によってはBitcoinの価格が2%下落するとEthereumの価格が5%下落する可能性があります。

ただし、時価総額がはるかに小さいPEPEの価格では同じ下落でも20%まで下落する可能性があります。

どのようにして購入に最適なアルトコインを選べばいいですか?

実用性を重視する

将来の利益のための投資が目標である場合には、まずこれを優先してください。実用性を評価するには、トークン自体に目を向けずプラットフォームやdAppなどに焦点を当てる必要があります。説明書やガイドを詳しく読んで、プラットフォームがどのような問題をどのような方法で解決するかを理解してください。

強力なユースケースを持つプロジェクトはそうでないプロジェクトよりも長く続く傾向があることから、プロジェクトのソリューションが持続可能であることを確認してください。例えば、DeFiプラットフォームであるOhmは2021年に持続不可能なモデルを実行しましたが最終的には消滅してしまいました。

主要な話題を決定する

特に暗号資産では話題性が市場を動かします。2023年の初めに起きたChatGPTの成功によってAIに大きな話題が集まってAIの仮想通貨の人気が上昇しました。支配的な話題性とそれが市場に及ぼす影響を判断できればその範囲内にあるトークンを早期に獲得することができます。

ここでの話題には短期的なものもあれば長期的なものもあることに注意してください。長期的とは数ヵ月にわたるもの(AI仮想通貨)もあれば数年にわたるもの(スケーラビリティ)もあり、長期的な話題を使用して行われた短期投資は必ずしも意図したとおりに機能するとは限りません。そのため、まずはあなたが選択した話題性の強さと時間枠を評価できるようにしてください。

ゲージ開発者コミュニティ/採用

仮想通貨業界はここ数年で大幅に成長しましたが、ほとんどのプロジェクトはまだ非常に技術面に偏りがありWeb2の対応する規模で展開する準備ができていません。これは仮想通貨の世界において開発者コミュニティが依然として支配的であることを意味します。

したがって、活発な開発者コミュニティのあるプロジェクトはそうでないプロジェクトよりもパフォーマンスが良く長続きする傾向があります。活発な開発者コミュニティの存在はプロジェクトの性質に依存することに注意してください。

たとえば、分散型音楽ストリーミングプラットフォームであるAudiusのようなプロジェクトには開発者よりも多くのアーティストが必要になります。

機関/政府による使用

機関に採用されたプロジェクトは長期間存続してさらなる成長を遂げる可能性が高いことを示しており、全ての条件が平等であれば各機関はその運営を支援するサービスに対して料金を支払い続けることになるからです。

たとえば、最近JP Morganが銀行間ドル取引のリアルタイム決済のための組み込みブロックチェーンシステムのテストを開始しましたが、パブリックブロックチェーンプロジェクトがこの種のサービスを機関に提供する場合のそのソリューションは機関の運営にとって最重要であるためおそらく長い間存続することになるでしょう。

どのようにアルトコインに投資したらいいですか?

ここでは取引ではなく投資に重点を置いているため、まずは取引所でコインを購入することをお勧めします。

KYCを必要とせず地域固有ではないUniswapやGMXなどの分散型取引所を使用できます。通常これらの分散型金融取引所では集中型金融取引所よりも取引手数料が安くなります。

そして、Dexに接続してアルトコインを保存するにはMetaMaskのような分散型仮想通貨ウォレットが必要です。

もしあなたが初心者でより技術的なブロックチェーンの概念にまだ慣れていない場合にはeToro のような集中型取引所を使用することもできます。

アルトコインの購入に伴うリスクには何が挙げられますか?

代用

代替の脅威とはある仮想通貨のプロジェクトが同様の(またはより優れた)ソリューションを提供する別のプロジェクトに取って代わられるリスクを指しており、この場合には元のプロジェクトのアルトコインの所有者はユーザーが新しいソリューションに移行するにつれてその価値が失われる可能性があります。

アルトコインが関与する代替品には事欠きません。複数のプロジェクトが同じ一連の問題に対する解決策を提供しますが、多くの場合で同じ種類の解決策が提供されることから投資しているプロジェクトから市場が移り変わろうとしていないかを定期的に確認する必要があります。

規則

特に米国、中国、ヨーロッパなどの大きな市場において規則は巨大な仮想通貨分散型金融取引所でさえも成否を分ける可能性があります。なぜなら厳しい規制によって特定の地域でのプロジェクトの成長が妨げられたり、その地域内の開発者やトークン所有者にプロジェクトが到達できなくなったりする可能性があるからです。

あなたの管轄区域と親会社を法人化したプロジェクトが所在する地域の両方の仮想通貨規制に気を付けてください。例えばMetaMaskは分散型ウォレットですがその親会社であるConsenSysは分散型ウォレットではないことから、米国では召喚状が発行されて(極端な場合には)分散型ウォレットの一部の機能の変更を強制される可能性もあります。

アルトコインに投資する前に自問すべき重要な質問がいくつかあります

アルトコインを購入する前には必ず次を自問自答してください。

私は今市場サイクルのどの位置にいるか?優良なアルトコインであっても弱気相場では価値が下がるためこの質問は最も重要になります。アルトコイン(一般的に仮想通貨)を購入するのに最適な時期は弱気市場の終盤で通常は次のBitcoinの半減期の数ヵ月前です。

このアルトコインはトレンドによってサポートされていますか?アルトコインはトレンドに支えられていなくても価値が上昇する可能性がありますが、トレンドにあった方がより速く上昇します。仮想通貨市場で流行しているトレンドはあなたの味方となるのです。

最高のアルトコインを購入する方法

次は最高のアルトコインを購入する為に必要なeToroなどの仮想通貨取引所の始め方を紹介します。

1. アカウントを開設する

eToroのウェブサイトに移動して[投資を始める] をクリックしてアカウントを開きます。または、Play Store/App Storeからアプリをダウンロードして[サインアップ]をクリックすることもできます。そしてあなたのフルネーム、メールアドレス、パスワードを記入します。

2. アカウントを確認する

プロフィールを完成させた後はKYC書類を提出してアカウントを確認します。ここでは有効な政府身分証明書と公共料金請求書などの居住証明書類が必要です。

3. 資金の入金を行う

アカウントが認証されたら、利用可能な支払いオプションのいずれかを使用して資金を入金します。ここでは利用可能な支払い方法を選択して入金額を設定します。

4. 仮想通貨を購入する

アカウントに資金が入金されたら[検索]タブに記載されている仮想通貨のいずれかを検索します。以下のようなインターフェイスが読み込まれた後にパラメータを設定して購入します。

新しいコインの購入場所

まだ取引所に上場されていないChancerのような新しいアルトコインを購入するには、MetaMaskのような仮想通貨ウォレットを使用してウェブサイトで直接購入する必要があります。ここではそのプロセスについて詳しく説明していきます。

ステップ 1: ウォレットをダウンロードする

MetaMaskのウォレットアプリを携帯電話またはブラウザ拡張機能としてパソコンにダウンロードして新しいウォレットを作成します。シードフレーズを書き留めてオフラインで安全に保管してください。

ステップ 2: 仮想通貨を購入する

新しいコインを購入するにはETH、USDT、BNBが必要になります。Chancerの場合はBNBが必要ですが、eToroなどの取引所で入手してウォレットに送金したりBanxaなどの法定通貨のオンランプを使用することもできます。

ステップ 3: ウォレットに接続する

Chancerのウェブサイトに移動してウォレットに接続します。そこからBNBを使用してCHANCERトークンを購入してプレセールに参加します。

ステップ 4: 反映されるまで待つ

トークンを受け取るにはプレセールが終了するまで待つ必要があります。

最高のアルトコインに関する最新ニュース

  • ジャック・ドーシー氏はSEC、Binance.US、Coinbaseの間で進行中の訴訟のさなか、ETHは有価証券であると主張した論争を法廷で提起した
  • MetacadeのCEOはMetaStudioのパートナーシップを展開する中で、コミュニティ構築を改善するパートナーシップの構築に注力しています
  • 投資家が同社の次期プラットフォームに関心を示す中、AltSignals ASIの仮想通貨のプレセールが58万5,000ドルを達成
  • Chancerのプラットフォームは完全に分散化されたベッティング体験を提供することでベッティング業界に新たな旋風を巻き起こすことを目標としている

購入に最適なアルトコインのまとめ

私たちの調査結果としてはトップゲームやソーシャル機能との統合による様々なゲーム、メタバース、ブロックチェーンにわたってゲーマーを団結させる可能性があるMetacadeが最良の選択肢として選ばれました。

上記の結果にもかかわらず、最先端の取引ツールへのアクセスを許可するAlt SignalsのASIや次世代のベッティングプラットフォームであるChancer なども良い選択肢の1つになるでしょう。

あなたがどのアルトコインを選択してもまずはその実用性や話題の有無、そして開発者やコミュニティの活動を調査することを忘れないでください。また、将来の代替品や規制の脅威にも注意してください。

暗号通貨に投資するには、まず当社の推奨取引所であるeToroにサインアップしてください。

方法論 - 最高のアルトコインを私たちがどのように選んだのか

このガイドで取り上げられている全ての仮想通貨は私たちの厳密な調査を通じて選択されており、私たちは主にその評判、価格、時価総額、これからの成長への可能性などに注目しました。

ここにリストされているトークンは各カテゴリでの最高のものであり、例えばChancerを最良のベッティングプロトコルとして挙げたのは、Chancerを使用することで誰もがカスタムルールや構造を使用した予測市場を作成できるからです。

当社のテストプロセスの詳細については「なぜ当社を信頼するのか」「私たちのテスト方法」のページをご覧ください。

追加の仮想通貨レビュー仮想通貨

  • 今購入するのに最適な仮想通貨
  • 最高のICO
  • 最高の仮想通貨プリセール
  • 最高の新しい仮想通貨
  • 最高のメタバース仮想通貨コイン
  • 最高のERC-20仮想通貨
  • 最高のゲーム仮想通貨
  • 最高のステーキング仮想通貨
  • 最高のGameFi仮想通貨トークン
  • 最高の長期仮想通貨
  • 最高の格安仮想通貨
  • 最高のWeb3仮想通貨
  • 最高のペニー仮想通貨
  • 最高のユーティリティ仮想通貨
  • 最高のミームコイン
  • 最高のDeFiプロジェクト
  • 今購入すべき最もホットな仮想通貨
  • 次に来るホットな仮想通貨
  • 最高の AI仮想通貨
  • 最も急速に成長している仮想通貨

よくある質問

アルトコインとは何ですか?
アルトコインはBitcoinではない仮想通貨であり、技術的にはBitcoin以外の仮想通貨はすべてアルトコインになります。
アルトコインは何に使用されますか?
アルトコインは各エコシステムとユーザーとのやり取りに基づいて様々な機能を備えており、特定のプラットフォームを使用するために必要なプラットフォームコインもあればエコシステム内の特定の機能へのアクセスを許可するユーティリティトークンなどもあります。詳細については「アルトコインの種類」をご覧ください。
アルトコインは何枚ほど存在していますか?
アルトコインは何万枚も存在しており、さらに多くのアルトコインが継続的に発行されています。
今投資するのに最適なアルトコインは何ですか?
私たちのリストにあるものは全て今すぐの投資に最適なアルトコインですが、その中でもトップ3はMetacacde、Alt Signals、Chancerとなります。
人気のアルトコインとは何ですか?
人気のアルトコインはエコシステムの規模 (Ethereumなど)、暗号空間における重要性 (チェーンリンクなど)、成長の可能性 (メタケードなど) のいずれかでよく知られている仮想通貨です。