ホームCryptocurrencies暗号通貨を購入する
Cryptocurrencies logo
Cryptocurrencies および eToro

3つの簡単な手順で暗号通貨を購入する方法

Cryptocurrencies logo
Cryptocurrencies (CRYPTO)
...
24変化
...
7日間変化
...
時価総額
...

暗号通貨のスペースは何年も前から大きく、2017年に爆発して以来は何千ものデジタルコインが作成されて、考えられる全ての業界で改善に努めています。世界的なパンデミックの真っ只中となった2020年にはその価格は爆発的な伸びを見せました。Bitcoin、Ethereum、Cardano、Binance Coinなどのコインの価格は急騰し、そのほとんどが史上最高値を更新しました。

最初で最大の暗号通貨であるBitcoin自体は、2021年初頭に61,000ドルに達して2017年の記録の3倍の価格になりました。そのことを念頭に置き、あなたが投資または取引のために暗号通貨を購入することに興味がある場合は、それらに関する全てを事前に知る必要があります。

購入:3つのステップで簡単にCryptocurrencies

無料アカウントを作成

正確にあなたの個人データを使用して、要求されたすべての情報を入力します。確認メールのために、あなたの受信トレイを確認し、選択したメールアドレスとパスワードでログインします。

ファンドアカウント

お好みの支払い方法をを選択し、あなたの最初沈殿物を作るための手順に従ってください。最低預金額は、お住まいの地域に応じて変更される場合があります。

購入Cryptocurrencies!

利用可能cryptocurrenciesのリストに:Cryptocurrenciesを検索します。 、購入する:CRYPTO他の取引の詳細を設定し、注文を確認の量を選択し、"買い注文"を使用してください。
PayPal logo
Mastercard logo
Visa logo
Bank Transfer logo
Skrill logo
Neteller logo
今日 Cryptocurrency を購入

暗号通貨を購入したい場合に考慮すべき5つのこと

あなたが急いで好みのコインを購入する前に、考慮すべきいくつかの考慮事項があります。それは大きなことでも複雑なことでもなく、あなたがこれからの投資を適切に行うために準備として行うべきいくつかの要件を思い出させてくれます。

1.あなたが希望する安全な支払い方法を慎重に選択してください

取引プラットフォームで暗号通貨を購入するには最初にいくらかのお金を預ける必要があり、それを行うには様々な支払い方法から選択できます。ほとんどのプラットフォームではクレジットカードやデビットカード、電信送金などを受け入れます。またPayPal、Skrill、その他の希望する支払い方法を受け入れるものもあります。

もちろん、入金時には取引速度や手数料などの考慮すべき点もあります。例えば、電信送金は最も遅く数日かかる場合がありますが、最も安価でもあります。クレジットカードは非常に迅速にお金を届けますが、それらを使用するには費用がかかる場合があります。最終的には、あなたが利用可能なオプションを確認してから自身で優先順位を決定する必要があります。トランザクションを実行するコストよりも速度の方が重要ですか、それともその逆かどうかです。

2.独自のウォレットを設定する必要がありますか?

次に考慮すべきことは、独自の暗号通貨ウォレットを設定することです。ご覧のとおり、集中型取引プラットフォームは保管されています。つまり、プラットフォーム上で取引したい暗号や購入したコインを預ける必要がある独自のウォレットがあります。プラットフォームの統合ウォレットに資金をすでに入れて初めて、秘密鍵を保持しているのはあなただけである自分のプライベートウォレットに資金を引き出すことができます。

一部の人々にとって取引所のウォレットにコインを残しておくのは問題ありませんが、安全性が低いと感じる人もいます。まず第一に、取引所が秘密鍵を保持している限りそれは銀行と何ら変わりはなく、繰り返しになりますがあなたは自身のお金の唯一の所有者ではありません。言うまでもなく、過去にはプラットフォームからユーザーのお金が盗まれる原因となったハッキングがたくさんあり、あなたが自身の暗号通貨への投資を長期間保持するつもりならそれらの資金をあなた自身のウォレットに移すことをお勧めします。

3.コストの比較

もちろん、コストは暗号業界の大きな要因です。実際暗号業界が銀行よりも人気が高まっている理由の1つは、取引と取引のコストが低いことです。ただし暗号業界内でも、高価と見なされるプラットフォームやネットワークさえあります。例えば、Ethereumには非常に高価なネットワークがありますが取引手数料は50ドルに達する可能性があります。

4.安全とセキュリティ

当然のことながら、暗号通貨を取引する際にはセキュリティが最優先事項である必要があります。ハッキング攻撃は非常に一般的ですが、プラットフォームによってその成功率は異なる場合があります。次に詐欺や偽のプロジェクトなども存在していることから、2FAなどの強力で複雑なパスワードの設定や取引所やウォレットが提供する全てのセキュリティ対策を常に使用する必要があります。覚えておいてください。暗号業界での資金の安全の全てはあなた自身に責任があります。

5.プラットフォームを理解してナビゲートできますか?

最後に、使用することを決定したプラットフォームの複雑さも確認する必要があります。数多くのプラットフォームがあって、それらはすべて機能の面で独特の感触を持っています。一部は専門家向けに設計されており、そのようなプラットフォームは高度で複雑なツールで満たされているために、初心者は簡単さよりもそれらの機能に混乱して威圧的に感じる可能性がはるかに高くなります。一方で、シンプルに設計されたプラットフォームは、暗号の世界への最初の一歩を踏み出すのに役立つことでしょう。

暗号通貨の購入にはどのような料金がかかりますか?

暗号通貨は全てが支払われることを望んでいる多数の仲介者を経由しないため、従来のお金よりも処理と使用がはるかに安価です。そうは言っても、あなたが支払う必要のある特定の料金がまだありますが、それらは通常かなり低価格です。そしてあなたはそれらの存在を知っておかなければなりません。

入金手数料

一部のプラットフォームでは預金の料金が請求されますが、これは通常ブローカーの場合です。料金は各コインやプラットフォーム間で異なる場合があります。

出金手数料

引き出し手数料は預金手数料と同様に、一部のプラットフォームにありますが必ずあるわけではありません。それらは通常それほど高くはありませんが、あなたは自身のお金を得るためにそれらを支払わなければなりません。

取引手数料

最後に、取引手数料は忙しい時期には高額になる可能性がありますが通常は非常に少額です。つまりトランザクションを最初に処理する場合は、平均トランザクション料金が高くなる可能性があります。

暗号通貨を安全に保管する

暗号通貨を安全に保管することで、ハッカー、詐欺師、その他の悪意のあるエージェントから保護する必要があることを説明しました。また、デジタル通貨はプライベートウォレットに保存されていることにも言及しましたが、まだ言及していないのは様々な種類のウォレットとその長所と短所です。

ウェブウォレット

ウェブウォレットは、オンラインで永続的に保持される一種のウォレットであホットウォレットとも呼ばれます。それらの最大の利点は常にインターネット上にあることで、これによってコンピューターまたはモバイルデバイスのブラウザーを介して簡単にアクセスできるようになります。そのため、新しい投資機会が発生したときはいつでも、外出先や自宅にいるときにすぐにお金を引き出すために使用できます。

モバイルウォレット

次に、ホットまたはコールドストレージソリューションとして使用できるモバイルウォレットがあります。モバイルウォレットの特徴は、コインを保管してインターネットから切断するだけでよいということです。そのため、誰かがあなたの電話を直接盗まない限り、それらは完全にハッキングフリーです。しかし同時に、ウォレットを保護するロックやエントリ用のパスワードなどを持たなければなりません。そして投資の新しい機会を見つけたら、インターネットに接続するだけですぐに取引を開始できます。そのため、モバイルウォレットは安全であると同時に便利でもあります。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、インターネットに接続または切断するだけでホットまたはコールドストレージに変えることができるという点ではモバイルウォレットに似ていますが、ハッカーがコンピュータに侵入して侵入するのを防ぐことができる多くのウイルス対策およびマルウェア対策アプリがあるためモバイルウォレットよりもさらに安全です。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットはコールドストレージとして知られており、最も安全な形式の暗号ウォレットと見なされています。通常は小型のUSBスティックのようなデバイスの形で、コンピューターに接続されている間はインターネット上でのみ利用できます。これによって露出期間は非常にまれで短時間になり、暗号通貨の資金の大部分を保持するのに最適なタイプのウォレットです。

ウォレットの組み合わせ

様々な種類のウォレットを相互にリンクすることで、セキュリティの強化や単に利便性の向上から利益を得る可能性もあります。

私が購入できる暗号通貨の最小量と最大量はどれくらいですか?

購入したい暗号通貨によっては、購入可能な金額が非常に少なくなる可能性があり、それはわずか1セントです。ただし、実際に購入できる金額(下限か上限か)は、あなたが使用するプラットフォームのルールによって異なります。ほとんどのプラットフォームでは登録および検証されている限り上限はありませんが、一部のプラットフォームでは未登録で一定の金額(例えば2,000ドル)まで取引できますがそれを超えることはできません。

IDなしで匿名で暗号通貨を購入できますか?また、暗号通貨を購入することは安全で合法ですか?

暗号通貨の購入は世界中のほぼ全ての国で合法です。中国のように、両当事者が合意していなくても、払い手段として暗号を使用することが合法ではない可能性がある国はほんの一握りです。ただし、中国でも合法的にデジタルコインを購入して所有することができます。匿名で購入することに関しては、前述のようにP2P交換や2,000ドルなどの少量を購入できるプラットフォームなどがあります。

暗号通貨を購入することでお金を稼ぐことができますか?

お金を稼ぐことを目的として暗号を購入することは、ほとんどの人がその世界に入る動機でしょう。しかし、一部の人にとっては、それがうまく機能せずに失望することになるでしょう。これが起こる理由として、お金の約束によって暗号業界に引き寄せられた多くのトレーダーは、実際には暗号通貨、または暗号取引について多くを学ぶことを気にしないからです。彼らは基本的な概念として安く買って高く売ることは理解しており、それが全てであると思っています。もちろんこれは間違いであり、暗号通貨は非常に不安定でそれらの将来の関連性、価格、価格パフォーマンスの分析、様々なイベントやニュース、それらが価格にどのように影響したか、過去の価格行動、その他の多くの要因を理解したい場合にはいくつかの学びが必要になります。

要するに、あなたが暗号を購入することでお金を稼ぐことは可能ですが、それはあなたが投資する予定のプロジェクトについて学ぶ気がある場合にのみに限ります。

暗号通貨をどのように使うのですか?

あなたが自身の暗号通貨を購入したら、正確にはそれで何ができますか?あなたはそれらの保持や使用を選べますが、ほんの数年前までは暗号通貨を受け入れる商人はあまり多くはなく、これは口で言うほど簡単ではなかったでしょう。しかし最近では、VisaおよびMaster Cardと提携して暗号デビットカードを発行している企業が多くあります。これによってカードにコインをロードして、VisaやMaster Cardが受け入れられます。

あなたの暗号通貨を売る方法は?

コインをHODLするか使う以外にも3番目のオプションもあります。それは単にそれらを売ることであり、P2Pプラットフォーム、集中型取引所、分散型取引所、証券会社などで売ることができます。あなたのコインをプラットホームに預けて、あなたが売りたい金額を申し出るだけでこれは行えます。

よくあるご質問

  1. それは完全にあなたの選択です。あなたは暗号市場を調査してそこにあるコイン、人気のあるコイン、それらの背後にあるプロジェクトが何を達成しようとしているのかを確認する必要があります。あなた自身でそれらを研究をした後に、あなたがそれらがどんな未来を持っていると信じるかどうかによって変わってきます。

  2. それはあなた自身で下す必要のある決定でもあります。通常コインを購入する人は、価格が上がると利益を上げるためにそれを行います。それを念頭に置いて予測を行い、価格がどれだけ高くなるかやそれがいつ起こるかを予測することができます。それが上昇してあなたがその増加に満足したら、あなたはそれを売るかコインを保持し続けてより良い機会を待つことができます。

  3. 暗号通貨は世界のほとんどの地域で規制されてはいませんが、課税の対象となります。あなたが支払わなければならない金額とその形式はあなたが住む国によって異なるので、政府の公式ウェブサイトから税法について学びましょう。

  4. 通常は法定通貨に固定されているステーブルコインと呼ばれるコインのグループを除いて、それらに価値を与える実際の資産に結び付けられていません。他のほとんどのコインは人々が価値があると信じているだけの価値があるため、市場のセンチメントに応じて価格が大きく変動する傾向があります。

  5. Bitcoinは、中本聡としてのみ知られている未知の個人またはグループによって作成されました。他のコインに関してはほとんどで作成者の名知られており、それらは個々の開発者、コインを一緒に共同作成する少数の開発者の小グループ、チーム全体のいずれかです。また一部のコインは、中国のデジタル元など、企業や政府によって作成されています。

  6. これは問題のコイン、電気代、マイニングの難しさなどの多くの要因によって異なります。例えば、通常のCPUを使用してビットコインを自分でマイニングすることはできません。これは10年前には可能でしたが、技術の進歩と競争の激化によって現在ではもはや可能ではありません。最近ではBTCをマイニングする人は誰でもASICマイナーで行っていますが、これには数千ドルの費用がかかる可能性があります。

  7. 暗号通貨は仮名の即時支払いやキャッシュレスでの支払いを提供しており、COVID-19がまだ広がっている最近では非常に高く評価されています。それらは扱いやすく世界中の誰にでも即座に送信でき、トランザクションは銀行間ではなくあるユーザーから別のユーザーに直接移動します。

  8. はい。プライバシーコインと呼ばれる少数のコインを除いて、または暗号ミキサーを使用して自分のコインを他の人のコインと混ぜ合わせて取引の痕跡を隠す場合を除いて、ほとんどの暗号支払いを追跡できます。人々は通常これらのサービスを使用して、どのウォレットが自分のものであるか誰にもわからないようにします。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。