ホームニュースADA価格が1ドルに向けて下落を続ける中、341万件のCardanoアドレスが赤信号になったと報道

ADA価格が1ドルに向けて下落を続ける中、341万件のCardanoアドレスが赤信号になったと報道

ADAは先週11%以上下落しました。

Cardanoのネイティブ通貨ADAの価格が心理的水準である1ドルに向けて反落し、含み損を抱えている投資家が増えていると、IntoTheBlock money indicatorのレポートが述べています。

Coin Market Capによると、この暗号通貨は現在1.03ドルで取引されており、過去24時間で3.28%の上昇を記録しています。

オープンソースで分散型のパブリックブロックチェーンプラットフォームであるCardanoは、月曜日から価格が11%を下回り、弱気な週を迎えました。これにより、ADAは現在、2021年9月の史上最高値3.09ドルより64%以上低い価格で取引されており、保有者は赤字に追い込まれています。

ADAホルダーの67%以上が現在水面下にいる一方で、Cardano投資家の25%が利益を得ており、9%が損益分岐点にあると説明されています。 ADAが1ドルを下回る脅威は、特に暗号通貨のパフォーマンスの現在の傾向が続く場合、その保有者に迫り続けています。

Into The Blockの指標は、トークンを購入した際の平均コストを用い、現在の価格と比較し、その結果を報告しています。 この分析によると、まだ緑色の125万アドレスに対して、341万ADAアドレスが損失に直面しています。

この指標は、トークンが保持されている時間を指標として使用し、ADA保有者の75%以上が1か月から12か月の間トークンを保持していることを示しています。投資家の11%は、1年以上通貨を保有しているため、依然として利益を記録しています。

2022年3月に見られたようにADAが年間最低の0.80ドルに達することへの懸念は、さらに多くの投資家に売りを促し、通貨を急落させました。

しかし、ファンダメンタルズの面では、Cardanoは引き続き堅調なようです。ブロックチェーンのdAppsは6月のVasilハードフォークの開始を待っており、ネットワーク需要はSundaeSwap分散型取引所(DEX)の開始後、成長を続けています。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。