ホームニュースApeXプロトコル、BybitのLaunchpad 2.0の最初のプロジェクトに決定

ApeXプロトコル、BybitのLaunchpad 2.0の最初のプロジェクトに決定


Davion LabsのApeXプロトコルは、分散型、非保護、パーミッションレス、検閲に強い永久デリバティブプロジェクトで、人気の暗号取引所Bybitが新たにリリースしたLaunchpad 2.0の最初のプロジェクトになると発表しました。

最近刷新されたこのプラットフォームでは、ユーザーはローンチパッドを通じて最もパフォーマンスの高いトークンを直接購入することができ、新しいプロジェクトのユーザーがUSDTでトークンの割り当てを獲得できる抽選モデルを備えています。 Bybitは、革新的なオンラインスポットおよびデリバティブ取引サービス、マイニングおよびステーキング製品、NFTマーケットプレイス、さらにAPIサポートを、個人および機関投資家向けに提供しています。

F1レーシングチームのオラクル・レッドブル・レーシング、esportsチームのNAVI、Astralis、Alliance、Virtus.pro、Oracle Red Bull Racing Esports、サッカーチームのBorussia Dortmund、Avispa Fukuokaとパートナー契約を締結しています。

ApeXプロトコルは、秘密鍵を損なうことなく、また仲介者を介することなく、Ethereum 2ブロックチェーン上で任意のトークンペアの市場スワップや暗号デリバティブの転送を可能にする機能で知られています。

ネイティブトークン$APEXを搭載したThe ApeXプロトコルは、ガバナンス、プロトコルインセンティブ、ステーキングなど様々な利点を提供します。そのシード資金調達ラウンドは、Dragonfly Capital Partnersが主導し、Jump Trading、Tiger Global、Mirana Ventures、Kronos、M77 Ventures、CyberXなど他の著名投資家やベンチャーキャピタルによってサポートされました。

ApeXがBybitのLaunchpad 2.0に登場したことで、ユーザーは最大供給量1,000,000,000のトークンである$APEXをBITまたはUSDTで申し込むことができるようになったのです。BITは、世界最大の分散型自治組織であるBitDAOのネイティブトークンです。

ローンチパッドでの抽選に参加するには、50BITまたは100USDTの最低コミットメント額が必要です。この最低額でユーザー1枚の宝くじを購入することができます。各参加者には、トークンの割り当てを勝ち取るための平等かつランダムなチャンスが与えられます。

ApeXのトークンは、今年初めに行われたApeXのオリジナルNFTコレクションのパブリックセールで市場に導入されました。このプロジェクトのNFT保有者には、生涯取引手数料の8%割引や$APEXの割り当てなどの追加特典が与えられました。ApeX NFTは現在、造幣局価格0.45ETHから0.87ETHで取引されており、40%以上の急騰を記録しています。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。